<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 循環器小児・成人先天性心疾患科
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   先崎 秀明
   中西 敏雄
准教授:
   杉山 央
講師:
   石井 徹子
   稲井 慶
助教:
   富松 宏文
   朝貝 省史
   石戸 美妃子
   工藤 恵道
   佐藤 正規
   篠原 徳子
   島田 衣里子
   竹内 大二
   豊原 啓子
   中嶌 八隅

   西村 智美
   原田 元
   水上 愛弓
   森 浩輝
■ 概要
特徴
小児から成人に達した先天性心疾患および循環器系疾患の診断と治療のみならず、発生や遺伝子に関わる研究まで幅広い活動をしている。
優れた医療技術
先天性心疾患に関わる診断カテーテルからカテーテル治療(PDAコイル、ASDデバイス閉鎖、側副血行路のコイル、血管および弁膜症に対するバルーン拡大術、ステント治療など)、不整脈に対するカテーテルアブレーションやペーシングデバイス治療、重症心不全に対する薬物治療および非薬物治療など日本屈指の症例数の治療に携わっています。
また、心血管系の発生に関わる基礎研究や遺伝子研究など基礎研究も充実しており、特に遺伝子分野は遺伝外来なども設置し診療に役立てています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  杉山 央 第29回 JPIC学会学術集会 小児循環器疾患における Codman SPECTRATM ORBIT GALAXY Ⓡの実力 座長
2.  杉山 央 第82回日本循環器学会学術集会 先天性心疾患 座長
3.  豊原 啓子 第121回日本小児科学会学術集会 一般演題ポスター「不整脈1(循環器)」 座長
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 1 0 0  22 14  5 1  8 11
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
1. Sato Masaki, Inai Kei, Shimizu Mikiko, Sugiyama Hisashi, Nakanishi Toshio:  Bioelectrical impedance analysis in the management of heart failure in adult patients with congenital heart disease.  Congenital heart disease  : , 2018.10
2. Kanoh Miki, Inai Kei, Shinohara Tokuko, Shimada Eriko, Shimizu Mikiko, Tomimatsu Hirofumi, Ogawa Masaki, Nakanishi Toshio:  Influence of pregnancy on cardiac function and hemodynamics in women with Ebstein's anomaly.  Acta obstetricia et gynecologica Scandinavica  : , 2018.5
3. Kanoh Miki, Inai Kei, Shinohara Tokuko, Shimada Eriko, Shimizu Mikiko, Tomimatsu Hirofumi, Ogawa Masaki, Nakanishi Toshio:  Pregnancy and delivery outcomes from patients with repaired anomalous origin of the left coronary artery from the pulmonary artery.  The journal of obstetrics and gynaecology research  44 (5) :899-906 , 2018.5
ページの先頭へ
■ 著書
1. 日本小児循環器学会 編集:    小児・成育循環器学  605-609.  診断と治療社,  東京, 2018.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎SUGIYAMA Hisashi: Thrombosis and antiplatelet/anticoagulation in coronary fistulas.  The 8th Vietnam Congress of Congenital Heart Disease,  Danang, VIETNAM,  2019/01
2. ◎NAKANISHI Toshio: Pulmonary artery tear: how to manage?.  The 8th Vietnam Congress of Congenital Heart Disease,  Danang, VIETNAM,  2019/01
3. ◎TOYOHARA Keiko: Usefulness of a Novel Ultra-High Resolution 3-D Arrhythmia Mapping for Catheter Ablation for Patients After Surgery of Complex Congenital Heart Disease.  11th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session (APHRS 2018),  Taipei, TAIWAN,  2018/10
4. ◎TOYOHARA Keiko: Non-pharmacological anti-arrhythmic combined treatment for patients after total cavo-pulmonary connection.  APPCS 2018 (The 7th Congress of Asia Pacific Pediatric Cardiac Society),  Bali, INDONESIA,  2018/09
5. ◎NAKANISHI Toshio: Pulmonary and Systemic Circulation Long After Fontan in Univentricular Heart.  APPCS 2018 (The 7th Congress of Asia Pacific Pediatric Cardiac Society),  Bali, INDONESIA,  2018/08
6. ◎SATO Masaki, INAI Kei, MORI Hiroki, HARADA Gen, ASAGAI Seiji, SHIMADA Eriko, SHIMIZU Mikiko, TAKEUCHI Daiji, TOYOHARA Keiko, SHINOHARA Tokuko, TOMIMATSU Hirofumi, SUGIYAMA Hisashi, NAKANISHI Toshio: Bioelectrical impedance parameters are determinants for exercise capacity in the patients with adult congenital heart disease.  ESC Congress 2018,  Munich, GERMANY,  2018/08
7. ◎髙田卓磨, 朝貝省史, 佐藤正規, 原田元, 島田衣里子, 石戸美妃子, 篠原徳子, 富松宏文, 稲井慶, 萩原誠久, 杉山央: Predictors of Neo Aortic Valve Regurgitation after Arterial Switch Operation in Long-term.  第83回日本循環器学会学術集会,  横浜市,  2019/03
8. ◎竹内大二, 工藤恵道, 豊原啓子, 矢崎恭一郎, 樋口諭, 柳下大悟, 江島浩一郎, 庄田守男: 複雑性先天性心疾患術後に対してリード抜去術を施行した4例.  第11回植込みデバイス関連冬季大会,  東京都港区,  2019/02
9. ◎豊原啓子, 工藤恵道, 竹内大二, 庄田守男: Coronary vein に ICD リード植込みを行い適切作動を認めた Fontan (APC: atrioplumonary connection) 術後症例.  第11回植込みデバイス関連冬季大会,  東京都港区,  2019/02
10. ◎工藤恵道, 竹内大二, 豊原啓子, 矢崎恭一郎, 樋口諭, 柳下大悟, 江島浩一郎, 庄田守男: 成長に伴うリード伸展に対して計画的にリード抜去とリード入れ替えを施行した小児3例.  第11回植込みデバイス関連冬季大会,  東京都港区,  2019/02
全件表示(61件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者