<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 | 2020年度 次 >>>
 臨床工学科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   峰島 三千男
講師:
   亀井 大悟
■ 概要
臨床工学科
わが国の臨床医学系では初めて設置された診療科で、工学的基盤技術を新たに創出して、実際の臨床に応用することを目指しています。臨床工学部と密に連携を図り、院内における臨床工学関連業務を安全かつ確実に遂行することを目的としています。また教育・研究については、人工臓器、BME(Biomedical Engineering)を含む臨床工学全般を専門分野と考えており、基礎研究から他診療科と連携による臨床応用まで一貫した研究体制を敷くことができることが、本科の最大の特長と言えます。また、先端生命研(TWIns)や早稲田大学との協同研究も進めており、新しい医療技術の創出につながる基礎・応用研究に着手しています。
研究内容
1. 血液浄化におけるダイアライザ等の溶質除去特性
2. 血液浄化における除去効率のモニタリング(ナビゲーションシステム)の開発
3. 血液透析濾過(HDF)における操作条件の検討
4. 血液透析濾過(HDF)フィルターの最適設計
5. CHDFにおける各種ヘモダイアフィルターのサイトカイン除去特性
6. I-HDFの除去特性
7. 腹膜傷害改善の細胞シート工学の応用
8. 腹膜傷害改善のHGFの改善効果とそのin vitro評価法の確立
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 10 3 3 3  0 7 0 2  1 45  0 4  0 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. OKA Masatoshi, SEKIYA Sachiko, SAKIYAMA Ryoichi, SHIMIZU Tatsuya*, NITTA Kosaku:  Hepatocyte Growth Factor-Secreting Mesothelial Cell Sheets Suppress Progressive Fibrosis in a Rat Model of CKD.  Journal of the American Society of Nephrology : JASN  30 (2) :261-276 , 2019.2   DOI:10.1681/ASN.2018050556.
2. Kamei Daigo*, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Mineshima Michio, Akiba Takashi:  Association between resistance to erythropoiesis-stimulating agents and carnitine profile in patients on maintenance hemodialysis.  Nephrology (Carlton, Vic.)  23 :737-743 , 2018.8   DOI:10.1111/nep.13079
3. Kamei Yuiko, Kamei Daigo*, Tsuchiya Ken, Minesima Michio, Nitta Kosaku:  Association between 4-year all-cause mortality and carnitine profile in maintenance hemodialysis patients.  PLOS ONE  13 (8) :e0201591 , 2018.8   DOI:10.1371/journal.pone.0201591.
4. 江口圭, 村上淳, 金子岩和, 土谷健, 峰島三千男:  新しいレーザ血流計(ポケットLDF)を用いた末梢循環測定 健常人を対象とした基礎的検討.  医工学治療  30 (2) :107-114 , 2018.7
5. 江口圭, 山本健一郎, 村上淳, 金子岩和, 土谷健, 峰島三千男:  新しいレーザー血流計(ポケットLDF)を用いた末梢循環測定 -健常人を対象とした基礎的検討-.  医工学治療  30 (2) :107-114 , 2018.7
全件表示(8件)
総説及び解説
1. 峰島三千男*:  血液透析液濃度の歴史と今後の課題.  臨牀透析  35 (2) :151-156 , 2019.2
2. 峰島三千男*:  I-HDFの臨床治験.  クリニカルエンジニアリング  29 (8) :730-736 , 2018.7
3. 峰島三千男*:  代謝を専門としない研究者のための最新の血液浄化治療事情.  人工臓器  47 (1) :10-12 , 2018.6
4. 山本健一郎, 村上淳, 平川晋也, 秋葉隆, 峰島三千男:  Effects of protein leakage on online monitoring of ultraviolet absorbance in spent dialysate.  人工臓器  47 (1) :27-28 , 2018.6
5. 峰島三千男*:  2016年版透析液水質基準.  日本透析医会雑誌  33 (1) :113-117 , 2018.4
全件表示(6件)
その他
1. 峰島三千男*:  特集 臨床工学部門の組織のあり方について考える、巻頭言.  クリニカルエンジニアリング  29 (12) :1011-1011 , 2018.11
2. 峰島三千男*:  臨床工学技士に薦める今月の一冊、「”思う”ことで変えられる -「60歳まで必ず生きる」腎臓病エンジニアがゆく-」(古薗 勉 著).  クリニカルエンジニアリング  29 (11) :998-998 , 2018.10
3. 亀井 大悟:  【間歇補充型血液透析濾過(I-HDF)の適応を考える】 I-HDFの基本 目的・設定条件・診療報酬.  Clinical Engineering  29 (8) :683-687 , 2018.7
ページの先頭へ
■ 著書
1. 峰島三千男:    病態に応じたオンラインHDF治療戦略  1-11.  日本医事新報社,  東京, 2019.3
2. 亀井大悟:  第5章血液生化学(代謝、内分泌)18.カルニチン.  透析患者の検査値の読み方 第4版  226-227.  日本メディカルセンター,  日本, 2019.1
3. 峰島三千男:  透析モニタリング.  日本透析医学会50周年記念誌  209-212.  一般社団法人日本透析医学会,  東京, 2018.12
4. 亀井大悟:  腎炎と腎機能障害-診断とモニタリング.  ASCO刊 免疫チェックポイント阻害薬治療による免疫関連有害事象 日本語版  31-33.  株式会社ヘスコインターナショナル,  日本, 2018.12
5. Nitta Kosaku:  Recent Advances in the Pathogenesis and Treatment of Kidney Diseases.  Contributions to Nephrology  1-147.  KARGER,  Bazel, Switzerland, 2018.10
全件表示(9件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Kamei Daigo, Kamei Yui, Mineshima Michio, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku: Association between 4-year all-cause mortality and carnitine profile in maintenance hemodialysis patients.  American Society of Nephrology 2018,  San Diego, USA,  2018/10
2. MINESHIMA Michio: Evaluation of time-averaged solute clearance in Hemodialysis with Intermittent Infusion (I-HD).  64st Annual Meeting of American Society for Artificial Internal Organs,  Washington, D.C., U.S.A.,  2018/06
3. MINESHIMA Michio: Dependency of equivalent renal urea clearance (EKR) value on total dialysis time and dialysis frequency per week in intensive dialysis therapies.  55nd ERA-EDTA Congress,  Copenhagen, Denmark,  2018/05
4. Otsubo Shigeru, Eguchi Kei, MINESHIMA Michio, TSUCHIYA Ken, Nitta Kosaku: Relationship between dose of bolus dialysate infusion and blood pressure in Intermittent Infusion Hemodiafiltration.  55nd ERA-EDTA Congress,  Copenhagen, Denmark,  2018/05
5. 峰島三千男: 透析液水質基準2016のさらなる遵守を(化学汚染物質の測定の重要性).  第34回ハイパフォーマンス・メンブレン研究会,  東京,  2019/03
全件表示(52件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者