<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 臨床工学科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   峰島 三千男
講師:
   亀井 大悟
■ 概要
臨床工学科
わが国の臨床医学系では初めて設置された診療科で、工学的基盤技術を新たに創出して、実際の臨床に応用することを目指しています。臨床工学部と密に連携を図り、院内における臨床工学関連業務を安全かつ確実に遂行することを目的としています。また教育・研究については、人工臓器、BME(Biomedical Engineering)を含む臨床工学全般を専門分野と考えており、基礎研究から他診療科と連携による臨床応用まで一貫した研究体制を敷くことができることが、本科の最大の特長と言えます。また、先端生命研(TWIns)や早稲田大学との協同研究も進めており、新しい医療技術の創出につながる基礎・応用研究に着手しています。
研究内容
1. 血液浄化におけるダイアライザ等の溶質除去特性
2. 血液浄化における除去効率のモニタリング(ナビゲーションシステム)の開発
3. 血液透析濾過(HDF)における操作条件の検討
4. 血液透析濾過(HDF)フィルターの最適設計
5. CHDFにおける各種ヘモダイアフィルターのサイトカイン除去特性
6. I-HDFの除去特性
7. 腹膜傷害改善の細胞シート工学の応用
8. 腹膜傷害改善のHGFの改善効果とそのin vitro評価法の確立
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 6 1 1 1  0 0 0 0  0 5  1 3  0 5
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Mineshima Michio, Takahashi Susumu, Tomo Tadashi, Kawanishi Hideki, Kawaguchi Hiroshi, Minakuchi Jun, Nakanishi Takeshi, Sato Takashi, Nitta Kosaku, Tsuchiya Ken, Masakane Ikuto, Itami Noritomo:  A Clinical Significance of Intermittent Infusion Hemodiafiltration Using Backfiltration of Ultrapure Dialysis Fluid Compared to Hemodialysis: A Multicenter Randomized Controlled Crossover Trial.  Blood purification  :online , 2019.7   DOI:10.1159/000501511.
2. Kamei Daigo, Kamei Yuiko, Tanaka Nobue, Tsukada Misao, Miwa Naoko, Hanafusa Norio, Mineshima Michio, Nitta Kosaku, Tsuchiya Ken:  Carnitine Profile by Tandem Mass Spectrometry and Dialysis Patients.  Contributions to nephrology  198 :73-77 , 2019.4   DOI:10.1159/000496524.
総説及び解説
1. 亀井大悟, 峰島三千男, 土谷健:  【腎疾患患者への血液浄化】I-HDF:理論と実際.  腎と透析  87 (3) :433-436 , 2019.9
2. 峰島三千男, 甲田豊, 山川智之, 喜田智幸, 若井陽希, 深澤瑞也, 大濵和也, 安田香, 政金生人, 川西秀樹, 前田利明, 友雅司, 中元秀友:  頻回・長時間透析の現状と展望.  日本透析医学会雑誌  52 (9) :497-531 , 2019.9
3. 内野順司, 峰島三千男, 友雅司, 宍戸寛治, 本間崇, 中元秀友, 秋澤忠男:  透析システムからの排水に関する調査報告.  日本透析医学会雑誌  52 (7) :387-395 , 2019.8
4. 峰島三千男:  特集 今日の透析療法において発展する余地は?.  透析フロンティア  29 (3) :4-7 , 2019.5   DOI:0917-2114
5. 亀井大悟, 峰島三千男, 土谷健:  【透析医工学の最前線】透析医療技術のシンポ I-HDFの有効性と適応.  臨床透析  35 (5) :467-472 , 2019.5
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 花房規男, 安部貴之, 荒井祐人, 石井貴文, 岡澤圭祐, 村上淳, 新田孝作, 土谷健: アフェレシス技術の腎不全治療への応用の可能性.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
2. 亀井大悟, 土谷健, 新田孝作, 峰島三千男, 永野正史: シナカルセトからエテルカルセチドへ変更後18ケ月間のCKDMBD関連薬の医療費の推移.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
3. 亀井大悟, 土谷健, 新田孝作, 峰島三千男, 永野正史: エロビキシバット投与前後のJPAC-QOLの変化.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
4. Daigo Kamei, Yuiko Kamei, Michio Mineshima, Kosaku Nitta, Ken Tsuchiya: Impact of haemodialysis on transferrin saturation, ferritin, and non-transferrin bound iron (NTBI) levels and NTBI profile in stable dialysis patients.  56th ERA-EDTA Congress,  Budapest, Hungary,  2019/06
5. 亀井大悟, 土谷健, 新田孝作, 峰島三千男, 永野正史: 慢性便秘の透析患者へのエロビキシバット投与前後のJPAC-QOLの変化.  第49回日本腎臓学会東部学術大会,  東京,  2019/10
全件表示(14件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者