<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 次 >>>
 薬剤部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 6  0 6 0 0  5 10  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. HasegawaD, YoshimotoY, KimuraS, KumamotoT, MaedaN, HaraJ, KimutaA, KodaA, KimuraT, Iijima-YamashitaY, SaitoAM, HoribeK, ManabeA, OgawaC:  Bortezomib-containing therapy in Japanese children with relapsed acute lymphoblastic leukemia.  International Journal of Hematology  110 (5) :627-634 , 2019.11   DOI:10.1007/s12185-019-02714-x
2. Nakatani S, Ohara T, Ashihara K, Izumi C, Iwanaga S, Eishi K, Okita Y, Daimon M, Kimura T, Toyoda K, Nakase H, Nakano K, Higashi M, Mitsutake T, Murakami T, Yasukochi S, Okazaki S, Sakamoto H, Tanaka H, Nakagawa I, Nomura R, Fujiu K, Miura T, Morizane T:  Japanese Circulation Society Joint Working Group:JCS 2017 Guideline on Prevention and Treatment of Infective Endocarditis.  Circulation Journal  83 (8) :1767-1809 , 2019.7   DOI:10.1253/circj.CJ-19-0549
3. Kotani Akira, Hirai Jun, Hamada Yukihiro, Fujita Jiro, Hakamata Hideki:  Determination of ceftriaxone concentration in human cerebrospinal fluid by high-performance liquid chromatography with UV detection.  Journal of chromatography. B, Analytical technologies in the biomedical and life sciences  1124 :161-164 , 2019.6   DOI:10.1016/j.jchromb.2019.06.008
4. Makimoto A, Mugishima H, Taga T, Ishida Y, Nagatoshi Y, Ida K, Kumagai M, Kimura T, Ohashi Y, Kaneko M:  Registration-directed phase 1/2 trial of irinotecan for pediatric solid tumors.  Pediatrics International  61 (5) :453-458 , 2019.5   DOI:10.1111/ped.13826
その他
1. Kimura Toshimi, Fukaya Yutaka, Nitani Chika, Yoshimura Kenichi, Taguchi Tomoaki, Hara Junichi:  Population Pharmacokinetics of the Chimeric Anti-GD2 Antibody, ch14.18, in Children With High-risk and Recurrent Neuroblastoma: Results From a Phase 1/2a Multicenter Trial.  Clinical Pharmacology in Drug Development  8 (Suppl) :5-6 , 2019.9   DOI:org/10.1002/cpdd.724
2. Ueda Takashi, Takesue Yoshio, Hamada Yukihiro, Fukunaga Keiko, Ikegame Kazuhiro, Ebihara Fumiya, Kimura Toshimi, Nakajima Kazuhiro, Miyazaki Taiga, Nakada-Motokawa Nana, Nagao Miki, Kawamura Hideki, Shigemi Akari, Miyazaki Yoshitsugu:  Multicenter Study with Therapeutic Drug Monitoring (TDM) of Voriconazole (VRCZ) in Japanese Patients.  Open Forum Infectious Diseases  6 (Supplement2) :S560-S560 , 2019   DOI:10.1093/ofid/ofz360.1401
ページの先頭へ
■ 著書
1. 外賀真佑美, 高橋結花, 浜田幸宏, 木村利美, 稲田健:  特集1/効果的な患者・家族教育の必要性と工夫.  薬物治療の効果を高める患者・家族教育  13-14.  科学評論社,  東京都, 日本, 2020.1
2. 海老原文哉、浜田幸宏、平井浩二、木村利美、橋本安弘、大山力:    臨床薬学テキストシリーズ【薬理・病態・薬物治療】循環器/腎・泌尿器/代謝/内分泌  187-190,195-196.  株式会社中山書店,  東京都、日本, 2020.1
3. 深谷寛:  第2章 腎・泌尿器疾患 B.疾患各論 11.過活動膀胱 12.尿路結石 13.前立腺肥大症 14.前立腺癌.  臨床薬学テキストシリーズ  循環器/腎・泌尿器/代謝/内分泌  197-210.  中山書店,  日本, 2020.1
4. 高橋結花:  精神科における個別化医療を目指して 睡眠薬.  薬局  2355-2359.  南山堂,  東京,日本, 2019.11
5. 高橋結花:  HIV治療,抗がん剤治療中の薬物相互作用による向精神薬の有害事象について.  臨床精神薬理  899-906.  星和書店,  東京,日本, 2019.9
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎清野雄介, 佐藤暢夫, 嶋田正子, 栗田園美, 鈴木はるみ, 鈴木厚子, 外賀裕次郎, 反町亮, 野村岳志, 寺崎仁: 集中治療室における重症部門システム導入早期のインシデント・アクシデントの検討.  第14回医療の質・安全学会学術集会,  京都,日本,  2019/11
2. ◎只見智恵子, 浜田幸宏, 佐藤美絵, 宮崎雅子, 木村桂子, 金田純子, 藤本裕子, 木村利美: 集中治療領域の病棟薬剤業務における適正な人員配置のための業務量評価法の確立~一般病棟との比較~.  第29回日本医療薬学会年会,  福岡,  2019/11
3. ◎柏瀬しのぶ, 浜田幸宏, 本郷彰也, 縣宗彦, 有賀三希子, 金田純子, 河本拓哉, 倉重梓, 坂田志保, 菅原直子, 只見智恵子, 橋本直人, 古越冴香, 丸山拓実, 山崎智司, 吉田まり絵, 木村利美: 病棟業務を標準化・効率化するための「ML病棟業務検索」部門システムの開発と取り組み.  第29回日本医療薬学会年会,  福岡県博多市,  2019/11
4. 深谷寛, 大野祥, 浜田幸宏, 木村利美: 私立医科大学病院の調剤業務における人員標準化のための業務量分析.  第29回日本医療薬学会年会,  福岡,日本,  2019/11
5. ◎浜田 幸宏、海老原 文哉、菊池 賢、木村 利美: 東京女子医科大学病院における AFS の現状と課題.  第 63 回日本医真菌学会総会・学術集会,  千葉県、日本,  2019/10
全件表示(15件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者