<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度
 薬剤部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 1 0 0  0 1 0 0  2 3  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Fukaya Yutaka, Kimura Toshimi, Kenichi Yoshimura, Kazuo Umemura, Hiroshi Kawamoto:  A Dose-Confirmation Phase 1 Study to Evaluate the Safety and Pharmacology of Glucarpidase in Healthy Volunteers.  Clinical Pharmacology in Drug Development  :1-8 , 2021.8   DOI:10.1002/cpdd.1010
ページの先頭へ
■ 著書
1. 小野寺 美琴:  小児在宅医療の始め方.  調剤と情報 
子どもの処方箋が来たときの薬局業務が120%わかる本  269-274.  (株)じほう,  東京、日本, 2021.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 高橋結花: 精神科のポリファーマシーをどのように解決していくのか
「精神科病棟での薬剤師を中心とした取り組み」.  第42回 日本臨床薬理学会学術総会,  仙台(Web),  2021/12
2. 小野寺美琴1)、村垣善浩2)3)、福井敦3)、新田雅之3)、齋藤太一2)、都築俊介3)、郡山峻一3)、木村利美1)、川俣貴一3)
1)東京女子医大病院薬剤部 2)東京女子医科大学先端生命医科学研究所 3)東京女子医大病院脳神経外科: Glioma患者におけるレベチラセタム及びラコサミドの皮疹発生リスク因子の解析.  第39回日本脳腫瘍学会学術集会,  兵庫県神戸市有馬,  2021/12
3. ◎藤井 彩乃, 久保 愛美, 長谷川 由希, 石井 潤, 川辺 桂太郎, 深谷 寛, 坂丹波 礼子, 浜田 幸宏, 木村 利美: 抗がん剤自動調製装置APOTECAchemo™ 活用率向上のための基盤データの構築.  第11回レジデントフォーラム,  WEB開催,  2021/11
4. 外賀裕次郎: 適応外使用・禁忌使用の医薬品安全管理を通して腎を生かす.  第15回 日本腎臓病薬物療法学会 学術集会・総会2021,  横浜(Web),  2021/11
5. ◎高橋史織, 柏瀬しのぶ, 深谷寛, 長谷川由希, 浜田幸宏, 木村利美: 病棟業務実施加算算定施設における薬剤管理指導目標件数の個人評価方法に関する検討.  第31回日本医療薬学会年会,  ライブ、オンデマインド配信,  2021/10
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者