<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 薬剤部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 0 1 1 0 0  0 11 0 0  7 8  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Azuma Motoshige, Fujii Mika, Inoue Motoki, Hisada Hiroshi, Koide Tatsuo, Kemper Mark, Yamamoto Yoshihisa, Suzuki Naoto, Suzuki Toyofumi, Fukami Toshiro:  Molecular State of Active Pharmaceutical Ingredients in Ketoprofen Dermal Patches Characterized by Pharmaceutical Evaluation.  Biological & pharmaceutical bulletin  41 (9) :1348-1354 , 2018.9
2. 小西寿子, 志賀剛, 瀬下明良, 木村利美:  フレカイニド内服中に心停止をきたした高齢担癌患者の1例.  臨床薬理  49 (4) :169-172 , 2018.7
総説及び解説
1. 柏瀬しのぶ, 木村利美:  小児薬物療法における有害反応.  小児科診療  81 (5) :555-559 , 2018.5
その他
1. 山崎智司:  経験を通して感じること.  東京都病院薬剤師会雑誌  67 (6) :31-31 , 2018.11
ページの先頭へ
■ 著書
1. 浜田幸宏:  FORUM 薬剤 糖尿病と感染症 糖尿病足感染におけるファーマコメトリクス(第3回).  プラクティス  681-683.  医歯薬出版(株),  日本, 2018.11
2. 高橋結花:  向精神薬の適応外使用についてどのように説明すればよいのでしょうか?.  精神科治療学 増刊号
精神科臨床144のQ&A  228-229.  星和書店,  東京, 2018.11
3. 浜田幸宏:  【一歩先を目指して再評価 これからのMRSA感染対策】 薬剤耐性動向と抗MRSA薬の適正使用 JANIS検査部門データを踏まえて.  感染対策ICTジャーナル  347-351.  (株)ヴァンメディカル,  日本, 2018.10
4. 浜田幸宏:  感染制御に現場から一言 薬剤師に求められるASTと抗感染症薬の適正使用支援の役割.  感染と消毒  157-162.  サラヤ(株),  日本, 2018.10
5. 浜田幸宏:  薬剤(第2回) 糖尿病と感染症 糖尿病性足感染における抗菌薬組織移行性.  プラクティス  550-552.  医歯薬出版(株),  日本, 2018.9
6. 高橋結花:  精神科治療薬の処方整理における薬学的アプローチ
睡眠薬・抗不安薬.  薬局  2891-2896.  南山堂,  東京, 2018.9
7. 石井良和, 藤村 茂, 前田真之 他:  テトラサイクリン系薬の使い方.  薬学生・薬剤師レジデントのための 感染症学・抗菌薬治療テキスト 第2版  341-347.  株式会社 じほう,  東京 日本, 2018.8
8. 高橋結花:  向精神薬の特徴と使い方
抗不安薬.  月刊薬事 増刊号  1790-1797.  じほう,  東京, 2018.7
9. ◎浜田幸宏, 木村利美:  薬剤(第1回) 糖尿病と感染症 糖尿病患者における感染リスクと足感染.  プラクティス  423-425.  医歯薬出版(株),  日本, 2018.7
10. 浜田幸宏, 木村利美:  【訪日外国人数増加と輸入感染症 外国人患者対応のエッセンス】 しっかり押さえておきたい外国人患者での感染症治療の留意点 外国人患者において薬物動態を考える際の留意点.  薬局  2575-2580.  (株)南山堂,  日本, 2018.6
全件表示(11件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 谷口雅彦, 小西寿子, 菅原直子, 服部雄一, 浜田幸宏, 木村利美: 入退院支援センターにおける薬剤師介入とプレアボイド報告.  第28回日本医療薬学会年会,  神戸,  2018/11
2. ◎山崎 智司, 浜田 幸宏, 山田 真由美, 丸山 拓実, 木村 利美: メタアナリシスによるシスプラチン誘発性腎障害に対するマグネシウム投与の意義.  日本医療薬学会 年会,  兵庫県神戸市,  2018/11
3. ◎大野 千尋, 石橋 麻衣, 浜田 幸宏, 外賀 裕次郎, 川辺 桂太郎, 岡本 高宏, 木村 利美: 甲状腺癌患者におけるレンバチニブ適正使用に関わる使用実態調査.  第28回 日本医療薬学会年会,  兵庫県神戸市,  2018/11
4. 高橋結花: 個別化療法に向けた睡眠薬の適正使用への取り組み.  第28回日本医療薬学会 年会,  神戸,  2018/11
5. ◎深谷寛, 浜田幸宏, 丸山拓実, 木村利美, 伏見咲子, 仁谷千賀, 吉村健一, 河本博, 原純一: 難治性神経芽腫に対するteceleukin、ch14.18 併用におけるteceleukin の薬物動態試験.  第28回日本医療薬学会年会,  神戸, 日本,  2018/11
6. 只見智恵子, 佐藤美絵, 宮崎雅子, 金田純子, 木村桂子, 藤本裕子, 浜田幸宏, 木村利美: 病棟薬剤業務における適正な人員配置のための業務量評価法の確立.  第28回日本医療薬学会年会,  神戸,  2018/11
7. 高橋結花: 大学病院における適応外使用・禁忌薬使用の医薬品安全管理.  第28回日本臨床精神神経薬理学会・第48回日本神経精神薬理学会 合同年会,  東京,  2018/11
8. 小西寿子, 横川すみれ, 佐久間潮里, 楠田理絵, 浜田幸宏, 木村利美, 尾崎眞, 野村実: ハイリスク症例におけるチーム医療.  日本臨床麻酔学会第38回大会抄録号,  北九州小倉,  2018/11
9. ◎髙岡まり絵, 柏瀬しのぶ, 浜田幸宏, 木村利美, 大川拓也, 千葉幸英, 永田 智: 添加物アレルギーが疑われた患児の経口負荷試験方法の検討.  第55回日本小児アレルギー学会学術大会,  岡山,  2018/10
10. ◎大川拓也, 千葉幸英, 杉本圭, 道下麻未, 髙岡まり絵, 柏瀬しのぶ, 浜田幸宏, 木村利美, 永田智: シロップ材に含まれる保存添加物に対してアナフィラキシーを呈した1乳児例.  第55回日本小児アレルギー学会学術大会,  岡山,  2018/10
全件表示(15件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者