<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 薬剤部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 1 0 0  0 2 0 0  2 1  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Azuma Motoshige, Fujii Mika, Inoue Motoki, Hisada Hiroshi, Koide Tatsuo, Kemper Mark, Yamamoto Yoshihisa, Suzuki Naoto, Suzuki Toyofumi, Fukami Toshiro:  Molecular State of Active Pharmaceutical Ingredients in Ketoprofen Dermal Patches Characterized by Pharmaceutical Evaluation.  Biological & pharmaceutical bulletin  41 (9) :1348-1354 , 2018.9
ページの先頭へ
■ 著書
1. ◎浜田幸宏, 木村利美:  薬剤(第1回) 糖尿病と感染症 糖尿病患者における感染リスクと足感染.  プラクティス  423-425.  医歯薬出版(株),  日本, 2018.7
2. 浜田幸宏, 木村利美:  【訪日外国人数増加と輸入感染症 外国人患者対応のエッセンス】 しっかり押さえておきたい外国人患者での感染症治療の留意点 外国人患者において薬物動態を考える際の留意点.  薬局  2575-2580.  (株)南山堂,  日本, 2018.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎髙岡まり絵, 柏瀬しのぶ, 浜田幸宏, 木村利美, 大川拓也, 千葉幸英, 永田 智: 添加物アレルギーが疑われた患児の経口負荷試験方法の検討.  第55回日本小児アレルギー学会学術大会,  岡山,  2018/10
2. ◎大川拓也, 千葉幸英, 杉本圭, 道下麻未, 髙岡まり絵, 柏瀬しのぶ, 浜田幸宏, 木村利美, 永田智: シロップ材に含まれる保存添加物に対してアナフィラキシーを呈した1乳児例.  第55回日本小児アレルギー学会学術大会,  岡山,  2018/10
3. 浜田幸宏, 木村利美: 小児の薬物療法とTDM感染症領域の実践から 小児抗真菌薬TDMの実際.  日本TDM学会,  福岡,  2018/05
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者