<<< 前 2012年度 2013年度 2014年度 | 2015年度 | 2016年度 次 >>>
 薬剤部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 20 19 0 0 0 4  0 6 0 0  3 21  1 2  0 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 外賀真佑美, 稲田健, 外賀裕次郎, 高橋結花, 高橋賢成, 木村利美, 石郷岡純:  大うつ病患者におけるmirtazapineの睡眠および食事摂取量と体重変動に対する臨床的評価.  臨床精神薬理  17 (11) :1537-1543 , 2014.11
2. Hamada Yukihiro, Kawasumi Noriyo, Hirai Jun, Yamagishi Yuka, Mikamo Hiroshige:  Evaluation of voriconazole oral dosage in Japan.  The Japanese journal of antibiotics  67 (5) :279-84 , 2014.10
3. Hamada Yukihiro, Suematsu Hiroyuki, Hirai Jun, Yamagishi Yuka, Mikamo Hiroshige:  Evaluation of six cases of arbekacin inhalation for pneumonia.  The Japanese journal of antibiotics  67 (4) :233-9 , 2014.8
4. Okada Kenji, Kimura Toshimi, Mikamo Hiroshige, Kasahara Kei, Swki Masafumi, Takakura Shunji, Tokimatsu Issei, Ohmagari Norio, Takahashi Yoshiko, Igarashi Masahiro, Kobayashi Masahiro, Hamada Yukihiro, Mochizuki Takahiro, Kimura Masao, Nishi Yoshifumi, Yanigawara Yusuke, Takesue Yoshio:  Clinical Practice guideline for therapeutic drug monitoring: a consensus review of the Japanese Society of Chemotherapy and the Japanese Society of Therapeutic Drug Monitoring.  Journal of Infection and Chemotherapy  20 :1-5 , 2014.5
5. Umemura Takumi, Yamagishi Yuka, Hamada Yukihiro, Suematsu Hiroyuki, Mikamo Hiroshige:  Investigation of the risk factors of anaerobic bacteremia in a case-control study.  The Japanese journal of antibiotics  67 (2) :133-43 , 2014.4
総説及び解説
1. 平井浩二, 木村利美:  TDM -有効性と副作用のバランスはどう取るべきか.  感染と抗菌薬  17 (4) :322-327 , 2014.12
2. 木村利美:  腎移植における免疫抑制剤の相互作用.  腎移植・血管外科  25 (2) :144-148 , 2014.11
3. 木村利美:  抗菌薬のTDM.  Vita  31 (2) :43-48 , 2014.4
その他
1. 木村利美, 木村友絵:  専門的な薬剤師レジデンシー制度の将来:大学卒業後3年の専門分野トレーニング.  薬局  65 (13) :3163-3165 , 2015.2
2. 木村利美, 木村友絵:  臨床におけるコンピテンシーを評価すること.  薬局  65 (13) :3166-3168 , 2015.2
3. 木村利美, 木村友絵:  総合がんセンターにおける薬剤業務モデルイニシアチブの実施.  薬局  66 (1) :191-194 , 2015.2
4. 木村利美, 木村友絵:  肝硬変時の抗菌薬の投与量.  薬局  66 (1) :194-196 , 2015.2
5. 木村利美:  新生児経静脈栄養の安全性を改善するためのFMEA(失敗形式とその影響の分析)の使用.  薬局  65 (12) :3001-3004 , 2014.12
全件表示(17件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 石井良和、藤村茂、前田真之、他:  テトラサイクリン系薬の使い方.  薬学生・薬剤師レジデントのための感染症学・抗菌薬治療テキスト  509.  株式会社じほう,  東京, 2015.2
2. 外賀裕次郎:  透析患者に注意が必要な薬剤一覧.  透析看護ケアマニュアル  299-311.  中山書店,  東京, 日本, 2014.9
3. 松本幸恵, 谷口雅彦:  病院からの在宅移行を円滑に 薬・薬連携の導入と展開.  日経DI 薬剤師「心得」帳 在宅輸液療法への取り組み方 「自宅で過ごしたい」その思いに薬剤師ができること  269-285.  日経BP社,  東京 日本, 2014.9
4. 高橋結花, 小林清香, 石郷岡純, 稲田健:  チームで実践 レジリアンスモデルによる統合失調症のサイコエデュケーション 改訂版.  チームで実践 レジリアンスモデルによる統合失調症のサイコエデュケーション 改訂版  45-74,98-101,109-115.  医薬ジャーナル社,  東京、日本, 2014.7
5. 高橋結花, 西村勝治, 坂元薫, 古城慶子, 内出容子, 興津裕美, 澤村実紀, 小林清香, 石郷岡純, 大下隆司, 稲田健, 菅原裕子, 高橋一志, 河野美帆, 河野仁彦, 大坪天平, 河野敬明, 松井健太郎, 村岡寛之, 筒井順子:  週刊 日本医事新報
向精神薬総まとめ.  週刊 日本医事新報
向精神薬総まとめ  102-118.  日本医事新報,  東京、日本, 2014.7
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Kimura Toshimi, Umemura Kazuo, Iwaki Takayuki, Ogawa Chitose, Fukuda Takahiro, Taniguchi Syuichi, Horibe Keizo, Gotoh Hiroaki, Yoshimura Kenichi, Watanabe Wakitaka, Tnaka Chika, Kikura Atsushi: Phase I study evaluating the pharmacokinetics and safety of Defibrotide for the treatment of veno occlusive disease in healthy male volunteers in Japan.  41st Annual Meeting of the European Society for Blood and Marrow Transplantation,  Istabbul, Turkey,  2015/03
2. 木村利美: 抗菌薬TDMの標準化と現状.  薬物動態学会談話会,  東京,  2014/09
3. ◎Geka Mayumi, Inada Ken, Geka Yujiro, Takahashi Yuka, Takahashi Masaaki, Kimura Toshimi, Ishigooka Jun: Mirtazapine treatment can become a preventive measure against the long-term usage of benzodiazepines.  29th CINP WORLD CONGRESS OF NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY,  Vancouver,  2014/06
4. 木村利美: 専門薬剤師とジェネラリスト薬剤師の在り方.  第30回日本環境感染学会,  神戸,  2015/02
5. 小西寿子, 木村利美: フォンタン術後の感染管理に難渋した両大血管右室起始症の一例.  第35回日本臨床薬理学会学術総会,  松山,  2014/12
全件表示(28件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者