<<< 前 2018年度 2019年度 2020年度 | 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 化学療法・緩和ケア科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   林 和彦
准教授:
   川上 和之
   倉持 英和
講師:
   竹下 信啓
   中島 豪
助教:
   近藤 侑鈴
   瀬井 恭平
   中島マリア美知子
■ 概要
医療方針
医師である前に一人の人間として、患者さんと共にがんと向き合う事を前提とします。生存率や生存期間といった数字にとらわれない、フレキシブルで全人的ながん医療をめざして日々努力を続けています。
特徴
化学療法・緩和ケア科では、肺癌・胃癌・大腸癌・肝臓癌・乳癌の5大がんを中心とした固形癌の化学療法を担当し、疼痛対策や栄養管理などの身体緩和医療も提供します。より安全確実で快適な治療が行えるように、安全確実な外来化学療法を積極的に導入し、第1病棟6階病棟では、五大がんのみならず、責任診療科が不明確になりがちな原発不明がん、多臓器重複がんなどの入院治療も行います。
東京女子医科大学化学療法・緩和ケア科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 0 0 1  0 0 0 0  0 3  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Sakai Daisuke, Taniguchi Hiroya, Sugimoto Naotoshi, Tamura Takao, Nishina Tomohiro, Hara Hiroki, Esaki Taito, Denda Tadamichi, Sakamoto Takeshi, Okuda Hiroyuki, Satoh Taroh, Tsushima Takahiro, Makiyama Akitaka, Tsuda Takashi, Hosokawa Ayumu, Kuramochi Hidekazu, Tokunaga Shinya, Moriwaki Toshikazu, Yasui Hisateru, Ishida Hiroyasu, Tsuji Akihito, Otsu Satoshi, Shimokawa Hozumi, Baba Eishi, Sato Mikio, Matsumoto Shigemi, Ozaki Yukinori, Shinozaki Katsunori, Tamagawa Hiroshi, Goto Masahiro, Kadowaki Shigenori, Fujii Hirofumi, Koh Yasuhiro, Yamazaki Kentaro, Hironaka Shuichi, Kishimoto Junji, Boku Narikazu, Hyodo Ichinosuke, Muro Kei:  Randomised phase II study of panitumumab plus irinotecan versus cetuximab plus irinotecan in patients with KRAS wild-type metastatic colorectal cancer refractory to fluoropyrimidine, irinotecan and oxaliplatin (WJOG 6510G).  European journal of cancer (Oxford, England : 1990)  135 :11-21 , 2020.8   DOI:10.1016/j.ejca.2020.04.014
症例報告
1. 片桐聡, 倉持英和, 杉下敏哉, 丹羽由紀子, 石多猛志, 毛利俊彦, 堀部文倫, 今西 啓, 生形 盟, 鬼澤俊輔, 太田正穂, 新井田達雄, 有泉俊一, 山本雅一, 中野雅行*:  レンバチニブメシル酸塩が著効した高度門脈腫瘍栓合併肝細胞癌の1症例.  Liver Cancer  26 :29-34 , 2021.1
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎芹澤朗子, 倉持英和, 谷口清章, 小竹 将, 鈴木和臣, 片桐 聡, 太田正穂, 杉下敏哉, 板橋道朗, 山本雅一: 高度進行胃癌に対する術前化学療法(SOX療法)の検討.  第18回日本消化器外科学会大会(JWWD2020),  神戸,  2020/11
2. ◎芹澤朗子, 谷口清章, 小竹 将, 伊藤俊一, 鈴木和臣, 倉持英和, 太田正穂, 片桐 聡, 板橋道朗, 山本雅一: 胃癌術栓化学療法(SOX療法)におけるRDI(Relative Dose Intensity)の検討.  第58回日本癌治療学会学術集会,  京都,  2020/10
3. 中島 マリア美知子, 近藤 侑鈴, 中島 豪, 瀬井 恭平, 竹下 信啓, 川上 和之, 林 和彦, 田中 優子, 菅根 理恵, 小山 美樹, 菊池 祥子, 倉持 英和: 死亡7日前以内に飛行機搭乗し故郷の地で最期を迎えた2例.  緩和・支持・心のケア合同学術大会,  日本,  2020/08
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者