(最終更新日:2018-02-21 12:11:46)
  クラモチ ヒデカズ   KURAMOCHI HIDEKAZU
  倉持 英和
   所属   医学部 医学科(附属八千代医療センター)  八千代医療センター 化学療法科
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  大腸がん術後補助化学療法「消化器がん化学療法ハンドブック」 2011/08
■ 学術雑誌
1. 症例報告  術前化学療法が奏効し根治切除が可能となった肝内転移・リンパ節転移陽性細胆管細胞癌の1症例 2017/11
2. 原著  Elevated levels of mRNAs encoding dihydropyrimidine dehydrogenase and thymidylate synthase are associated with improved survival of patients with hepatocellular carcinoma treated with S-1. 2017/07
3. 原著  Phase II study of bevacizumab and irinotecan as second-line therapy for patients with metastatic colorectal cancer previously treated with fluoropyrimidines, oxaliplatin, and bevacizumab. 2017/03
4. 原著  Early Tumor Shrinkage and Depth of Response as Predictors of Favorable Treatment Outcomes in Patients with Metastatic Colorectal Cancer Treated with FOLFOX Plus Cetuximab (JACCRO CC-05). 2016/06
5. 原著  PTEN mRNA expression is less pronounced in left- than right-sided colon cancer: a retrospective observational study. 2016/01
6. 原著  ERCC1 mRNA Expression as a Postperative Prognostic Marker in Extrahepatic Bile Duct Cancer 2014/12
7. 原著  Degraded DNA may induce discordance of KRAS status between primary colorectal cancer and corresponding liver metastases 2014/02
8. 原著  Enhancement of 5-fluorouracil-induced cytotoxicity by leucovorin in 5-fluorouracil-resistant gastric cancer cells with upregulated expression of thymidylate synthase. 2014/01
9. 原著  Lymphatic vessel endothelial hyaluronan receptor-1 is a novel prognostic indicator for human hepatocellular caecinoma 2013
10. 総説  (特集 各科で期待される分子標的療法)高度進行肝細胞癌に対するSorafenib治療の早期成績 2012/04
全件表示(18件)
■ 学会発表
1. (International Session6 Colon and Rectum-Biomarker-)抗EGFR抗体薬マーカーとしてのAmphiregulin発現と大腸癌腫瘍局在部位との関連性の検討 (口頭発表,一般) 2017/10/20
2. 抗EGFR抗体薬で治療された進行大腸癌症例におけるAmphiregulin, Epiregulinの発現量と腫瘍局在部位との関連性の検討 (口頭発表,一般) 2017/07/27
3. パネルディスカッション1 進行再発癌に対する薬物治療
進行大腸癌に対するbevacizumab併用oxalipla tin regimen不応後のCPT-11 + bevacizumab療法の多施設第二相試験 (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/06/01
4. Amphiregulin, Epiregulinの大腸癌抗EGFR抗体薬効果予測マーカーとしての有用性の検討 (口頭発表,一般) 2016/10/20
5. 口演1-7大腸癌薬物療法①
フッ化ピリミジン、オキサリプラチン、ベバシズマブ既治療進行大腸癌に対するベバシズマブ+イリノテカン療法の多施設第二相試験 (口頭発表,一般) 2016/07/28
6. 大腸癌腫瘍占拠部によるシグナル伝達関連遺伝子発現量の検討 (ポスター,一般) 2015/07/16
7. 抗EGFR抗体薬使用大腸患者に対するAmphiregulin,Epiregulin発現量の効果予測因子としての有用性 (ポスター,一般) 2014/10/23
8. 抗EGFR抗体薬使用大腸癌患者に対するAmphiregulin,Epiregulinの効果予測因子としての有用性の検討 (口頭発表,一般) 2014/07/17
9. 胆管癌術後の予後因子としてのERCC1遺伝子発現の検討 (ポスター,一般) 2014/04/03
10. 若年者食道腫瘍の1切除例 (口頭発表,一般) 2013/11/21
全件表示(48件)
■ 学歴
1. 1988/04~1994/03 筑波大学 医学専門学群 卒業