<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 血液内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   田中 淳司
准教授:
   志関 雅幸
講師:
   萩原 將太郎
   吉永 健太郎
助教:
   風間 啓至
   篠原 明仁
   飯塚 有希
   石山 みどり
   田中 紀奈
   竜崎 理子
   渡邉 彩
■ 概要
特徴
白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、骨髄腫などの造血器腫瘍、再生不良性貧血や特発性血小板減少性紫斑病などの幅広い血液疾患について、分子標的療法や造血幹細胞移植を含め、最先端の最良の医療を提供しております。
研究
白血病や骨髄異形成症候群、骨髄腫などの病態に関する分子学的機序や薬剤耐性機序の解明・耐性克服、血液難治性疾患の根治を目指した分子標的療法、造血細胞移植、細胞療法の開発に関する研究をすすめております。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:18K06973)
 研究課題:20番染色体長腕より同定した骨髄異形成症候群疾患関連候補遺伝子群の解析  (研究代表者:志関 雅幸)
 研究補助金:1,300,000円  (代表)
2.  科学研究費助成事業 若手研究  (研究課題番号:18K16129)
 研究課題:本邦の血液疾患におけるKIR genotype の意義の検討  (研究代表者:田中 紀奈)
 研究補助金:2,210,000円  (代表)
3.  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:19K08874)
 研究課題:Effects of sSLAMF7 on NK cells in multiple myeloma patients  (研究分担者:萩原 將太郎)
 研究補助金:390,000円  (分担)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 1 1 0  0 0 0 0  11 10  4 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Hagiwara Shotaro*, Nagai Hirokazu, Tanaka Junji, Okada Seiji:  The current state of human immunodeficiency virus-associated lymphoma in Japan: a nationwide retrospective study of the Japanese Society of Hematology Blood Disease Registry.  International journal of hematology  110 (2) :244-249 , 2019.8
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎KOMURO Masato, HAGIWARA Shotaro, KONDO Naoki, TOGANO Tomiteru, TANAKA Junji, TERAKADO Hiroyuki: The quality of life on effect and the cost of tandem transplantation in multiple myeloma patients.  17th International Myeloma Workshop,  Boston, MA, USA,  2019/09
2. ◎FUJIMORI Chika, SHINOHARA Akihito, TANAKA Norina, RYUZAKI Michiko, IIZUKA Yuki, WATANABE Aya, ISHIYAMA Midori, KAZAMA Hiroshi, HAGIWARA Shotaro, YOSHINAGA Kentaro, SHISEKI Masayuki, TANAKA Junji: Successful combined Treatment of blinatumomab and donor lymphocyte infusion after haploidentical hematopoietic cell transplantation in a relapsed Ph+ALL patient with BCR/ABL1 compound mutation.  24th Annual Congress of APBMT,  Busan, Korea,  2019/08
3. ◎SHISEKI Masayuki, ISHII Mayuko, OHWASHI Mari, YOSHINAGA kentaro, MORI Naoki, TANAKA Junji: Overexpression of protein tyrosine phosphatase non-receptor type1 causes STAT5 dephosphorylation, resulting in suppression of cell growth signal in K562 human leukemia cells.  24th Congress of the European Hematology Association,  Amsterdam, Netherlands,  2019/06
4. ◎TANAKA Norina, WANG Yan-Hua, SHISEKI Masayuki, TANAKA Junji: Clinical significance of KIR genotype in japanese patients with myelodysplastic syndrome.  24th Congress of the European Hematology Association,  Amsterdam, Netherlands,  2019/06
5. ◎YOSHINAGA Kentaro, SHISEKI Masayuki, RYUZASKI Michiko, IIZUKA Yuki, WATANABE Aya, TANAKA Norina, ISHIYAMA Midori, SHINOHARA Akihito, KAZAMA Hiroshi, HAGIWARA Shotaro, MORI Naoki, TANAKA Junji: Non-Hodgkin lymphoma in patients with myeloproliferative neoplasms.  24th Congress of the European Hematology Association,  Amsterdam, Netherlands,  2019/06
6. ◎志関雅幸, 吉永健太郎, 石山みどり, 風間啓至, 渡邉彩, 飯塚有希, 田中紀奈, 篠原明仁, 萩原將太郎, 田中淳司: 慢性期慢性骨髄性白血病患者に対する第二世代TKIの治療成績.  第81回日本血液学会学術集会,  東京,  2019/10
7. ◎石山みどり, 志関雅幸, 竜崎理子, 飯塚有希, 渡邉彩, 田中紀奈, 篠原明仁, 風間啓至, 萩原將太郎, 吉永健太郎, 森直樹, 田中淳司: 悪性腫瘍を合併した免疫性血小板減少症の臨床像.  第81回日本血液学会学術集会,  東京,  2019/10
8. ◎大嶋祥子, 篠原明仁, 飯塚有希, 渡邉彩, 田中紀奈, 石山みどり, 風間啓至, 萩原將太郎, 吉永健太郎, 志関雅幸, 田中淳司: 腎移植後のリンパ増殖性疾患(PTLD)の後方的調査.  第81回日本血液学会学術集会,  東京,  2019/10
9. ◎諫田淳也, 川瀬孝和, 田中秀則, 小島裕人, 内田直之, 長藤宏司, 松橋佳子, 大野裕樹, 鬼塚真仁, 田中淳司, 一戸辰夫, 熱田由子: ハプロタイプが単一臍帯血移植後の成績に与える影響:JSHCT HLA WG研究.  第81回日本血液学会学術集会,  東京,  2019/10
10. ◎王艶華, 萩原將太郎, 風間啓至, 岩垂佳奈, 渡邉彩, 飯塚有希, 田中紀奈, 志関雅幸, 田中淳司: 多発性骨髄腫細胞株に対するNK細胞障害活性および抗体治療薬との併用効果に関する検討.  第81回日本血液学会学術集会,  東京,  2019/10
全件表示(26件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者