<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 血液内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   田中 淳司
准教授:
   志関 雅幸
講師:
   萩原 將太郎
   吉永 健太郎
助教:
   風間 啓至
   篠原 明仁
   飯塚 有希
   石山 みどり
   田中 紀奈
   渡邉 彩
■ 概要
特徴
白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、骨髄腫などの造血器腫瘍、再生不良性貧血や特発性血小板減少性紫斑病などの幅広い血液疾患について、分子標的療法や造血幹細胞移植を含め、最先端の最良の医療を提供しております。
研究
白血病や骨髄異形成症候群、骨髄腫などの病態に関する分子学的機序や薬剤耐性機序の解明・耐性克服、血液難治性疾患の根治を目指した分子標的療法、造血細胞移植、細胞療法の開発に関する研究をすすめております。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:18K06973)
 研究課題:20番染色体長腕より同定した骨髄異形成症候群疾患関連候補遺伝子群の解析  (研究代表者:志関 雅幸)
 研究補助金:1,820,000円  (代表)
2.  科学研究費助成事業 若手研究  (研究課題番号:18K16129)
 研究課題:本邦の血液疾患におけるKIR genotype の意義の検討  (研究代表者:田中 紀奈)
 研究補助金:1,950,000円  (代表)
3.  平成30年度日本医療研究開発機構(AMED)委託研究開発費 感染症実用化研究事業 エイズ対策実用化研究事業  (研究課題番号:18fk0410008h0003)
 研究課題:日本人に最適化されたエイズ関連悪性リンパ腫の包括的医療体制の確立  (研究分担者:萩原 將太郎)
 研究補助金:715,000円  (分担)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 1 1 1  0 0 0 0  12 9  2 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Ishibashi Mariko, Soeda Saori, Sasaki Makoto, Handa Hiroshi, Imai Yoichi, Tanaka Norina, Tanosaki Sakae, Ito Shigeki, Odajima Takeshi, Sugimori Hiroki, Asayama Toshio, Sunakawa Mika, Kaito Yuta, Kinoshita Ryosuke, Kuribayashi Yasuko, Onodera Asaka, Moriya Keiichi, Tanaka Junji, Tsukune Yutaka, Komatsu Norio, Inokuchi Koiti, Tamura Hideto*:  Clinical impact of serum soluble SLAMF7 in multiple myeloma.  Oncotarget  9 (78) :34784-34793 , 2018.10
2. Wang Yan-Hua*, Imai Yoichi, Shiseki Masayuki, Tanaka Junji, Motoji Toshiko:  Knockdown of the Wnt receptor Frizzled-1 (FZD1) reduces MDR1/P-glycoprotein expression in multidrug resistant leukemic cells and inhibits leukemic cell proliferation.  Leukemia research  67 :99-108 , 2018.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎RYUZAKI Michiko, SHINOHARA Akihito, ITOI Satoru, HAGIWARA Shotaro, SHISEKI Masayuki, YOSHINAGA Kentaro, TANAKA Junji: Allogeneic bone marrow transplantation from unrelated donor for a patient with idiopathic CD4+ lymphocytopenia.  The 23rd Annual Congress of 2018 APBMT,  Taipei, Taiwan,  2018/11
2. ◎MORI Naoki, MIYAZAKI Mari, YOSHINAGA Kentaro, SHISEKI Masayuki, SAKURA Hiroshi, TANAKA Junji: Possible somatic mosaicism of the the JAK2 gene in patients with myeloproliferative neoplasms.  23rd Congress of the European Hematology Association,  Stockholm, Sweden,  2018/06
3. ◎SHISEKI Masayuki, ISHII Mayuko, MIYAZAKI Mari, Wan Yan-Hua, YOSHINAGA Kentaro, MORI Naoko, TANAKA Junji: Clinical significance of reduced expression of the genes located within common deleted region of del(20q) in patients with myelodysplastic syndromes.  23rd Congress of the European Hematology Association,  Stockholm, Sweden,  2018/06
4. OSANAI Satoko, SHISEKI Masayuki, YOSHINAGA Kentaro, MORI Naoki, TANAKA Junji: Clinical Implication of serum ferritin lebel at diagnosis in patients with myelodysplastic syndromes.  23rd Congress of the European Hematology Association,  Stockholm, Sweden,  2018/06
5. ◎志関雅幸, 吉永健太郎, 石山みどり, 渡邉彩, 飯塚有希, 田中紀奈, 篠原明仁, 風間啓至, 萩原將太郎, 森直樹, 田中淳司: 慢性期慢性骨髄性白血病に対するイマチニブ投与の長期成績.  第80回日本血液学会学術集会,  大阪,  2018/10
6. ◎長内聡子, 志関雅幸, 梅田美妃, 大嶋祥子, 糸井覚, 竜崎理子, 飯塚有希, 渡邉彩, 田中紀奈, 石山みどり, 篠原明仁, 風間啓至, 萩原將太郎, 吉永健太郎, 田中淳司: 骨髄異形成症候群患者におけるアザシチジン有効性に関連する因子について.  第80回日本血液学会学術集会,  大阪,  2018/10
7. ◎梅田美妃, 志関雅幸, 大嶋祥子, 長内聡子, 糸井覚, 加藤豊, 竜崎理子, 飯塚有希, 渡邉彩, 田中紀奈, 石山みどり, 篠原明仁, 風間啓至, 萩原將太郎, 吉永健太郎, 田中淳司: 80歳以上の高齢者におけるびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の臨床的特徴.  第80回日本血液学会学術集会,  大阪,  2018/10
8. ◎萩原將太郎, 志関雅幸, 吉永健太郎, 田中淳司, 岡田誠治: 日本におけるHIV関連リンパ腫:日本血液学会疾患登録システムにおける疫学調査.  第80回日本血液学会学術集会,  大阪,  2018/10
9. ◎木下量介, 石橋真理子, 猪口孝一, 半田寛, 佐々木 純, 小松則夫, 今井陽一, 田中紀奈, 田中淳司, 田野崎栄, 伊藤薫樹, 磯田淳, 松本守生, 小池道明, 田村秀人: 改訂版国際病期分類ステージⅡにおける多発性骨髄腫の予後因子.  第80回日本血液学会学術集会,  大阪,  2018/10
10. ◎吉永健太郎, 志関雅幸, 石山みどり, 篠原明仁, 風間啓至, 萩原將太郎, 森直樹, 小木曽智美, 坂井修二, 徳重克年, 田中淳司: 発作性夜間血色素尿症に合併したBudd-Chiari症候群にEculizumabが有効であった.  第80回日本血液学会学術集会,  大阪,  2018/10
全件表示(25件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者