<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 リハビリテーション科・リハビリテーション部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   猪飼 哲夫
准教授:
   和田 太
講師:
   上久保 毅
助教:
   尾川 晃子
   冬賀 清香
   水野 聡子
■ 概要
リハビリテーション科・部の概要
各科からの依頼により、病気やケガにより生じた障害の治療を行っています。リハビリテーション科医、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のチーム医療で、機能障害や能力障害をできるだけ軽減し、患者さんが元の生活にできるだけ近い形で復帰できるように依頼科の主治医とも密なるコンタクトをとりながらリハビリテーション治療を進めています。障害の評価に始まって、機能回復訓練、歩行訓練や日常生活動作訓練などの能力改善訓練、生活上の工夫や動作の練習、生活環境評価と改善アドバイス、ご家族の方々への介助方法の指導などを行っています。当院リハビリテーション科の特徴は急性期のリハビリテーションで、そのために対象となる原因疾患は多岐にわたり、また重症例も多いため、リスク管理には特に注意を払っています。
研究では、ロボット工学のリハ医学への応用、超急性期のリハビリ効果、心臓および呼吸リハビリの効果、高次脳機能障害、嚥下機能障害、小児疾患のリハビリ(ボトックス治療効果)などの臨床研究を行っています。
教育では、医学部・看護学部の講義、臨床実習、研修医や後期研修医の指導・教育、療法士学生に対する臨床実習などを行っています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 0 3 0 0 0  0 4 0 0  2 4  1 1  1 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 内尾優, 猪飼哲夫, 内山温, 新田收:  極低出生体重児における手の把握動作獲得時期の検討.  日本保健科学学会誌  22 (2) :74-79 , 2019.9
2. 内尾優, 志真奈緒子, 猪飼哲夫, 内山温, 楠田聡:  脳性麻痺児の重症度予測と早期運動獲得時期の関連.  理学療法科学  34 (3) :319-323 , 2019.6   DOI:https://doi.org/10.1589/rika.34.319
総説及び解説
1. 和田太:  脊髄損傷の歩行の特徴ー歩行分析の結果から.  MEDICAL REHABILITATION  235 :28-34 , 2019.5
2. 古澤一成, 徳弘昭博, 和田太:  回復期のリハビリテーション処方.  総合リハビリテーション  47 (5) :427-432 , 2019.5   DOI:https://doi.org/10.11477/mf.1552201632
その他
1. 安達みちる, 石垣景子, 和田太:  福山型先天性筋ジストロフィー症の発達支援.  CLINICAL REHABILITATION  28 (4) :347-355 , 2019.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 内尾優:  第3章 極低出生体重児.  統合と解釈のための小児リハ評価ガイド  264-267.  メジカルビュー社,  東京, 2019.9
2. 内尾優, 志真奈緒子:  第2章 呼吸 呼吸の状態を評価しよう.  統合と解釈のための小児リハ評価ガイド  73-77.  メジカルビュー社,  東京, 2019.9
3. 猪飼哲夫:  拘縮.第4章 脳卒中リハビリテーションにおける障害の評価..  脳卒中 基礎知識から最新リハビリテーションまで.  220-223.  医歯薬出版株式会社,  東京, 2019.6
4. 和田太:  先端リハビリテーション機器ーロボット1.下肢.  脳卒中-基礎知識から最新リハビリテーションまで  529-530.  医歯薬出版株式会社,  東京、日本, 2019.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Uchio Yuu, Hasegawa Mikiko, Kajima Kouta, Suzuki Hayato, Nakamura Kaho, Saito Midori, Wada Futoshi, Arakawa Reiko, Saito Kayoko, Nitta Osamu, Ikai Tetsuo: Feeding difficulties and gastrointestinal symptoms in patients with spinal muscular atrophy type 2 in Japan.  15th Asian and Oceanian Congress of Child Neurology,  Kuala Lumper, Malaysia,  2019/09
2. IKAI Tetsuo, KINOSHITA Maris, OGAWA Akiko, WADA Futoshi, ARAI Toshinori: Rehabilitation of stroke patients with dialysis.  13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress 2019,  Kobe,  2019/06
3. 和田太: 脳卒中装具療法 急性期から生活期まで.  第56回日本リハビリテーション医学会学術集会,  神戸市、兵庫県,  2019/06
4. 猪飼哲夫、和田 太、尾川晃子、木下万里佐、堀部達也、工藤 弦、野村岳志: ICUにおける早期リハビリテーションの現況と課題..  第56回日本リハビリテーション医学会学術集会,  神戸,  2019/06
5. 筧 慎吾, 成宮 孝祐, 工藤 健司, 豊島 幸憲, 小川 杏平, 大杉 浩司, 猪飼 哲夫, 山本 雅一: 食道診療におけるメディカルスタッフの役割〜食道癌サバイバーへのチーム医療のあり方〜 食道癌術後サバイバーに対する当院におけるプレハビリテーションの現状と今後の展望.  第73回日本食道学会学術集会,  福岡市,  2019/06
全件表示(10件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者