<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 リハビリテーション科・リハビリテーション部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   猪飼 哲夫
准教授:
   和田 太
講師:
   上久保 毅
助教:
   尾川 晃子
   冬賀 清香
   原田 貴子
■ 概要
リハビリテーション科・部の概要
各科からの依頼により、病気やケガにより生じた障害の治療を行っています。リハビリテーション科医、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のチーム医療で、機能障害や能力障害をできるだけ軽減し、患者さんが元の生活にできるだけ近い形で復帰できるように依頼科の主治医とも密なるコンタクトをとりながらリハビリテーション治療を進めています。障害の評価に始まって、機能回復訓練、歩行訓練や日常生活動作訓練などの能力改善訓練、生活上の工夫や動作の練習、生活環境評価と改善アドバイス、ご家族の方々への介助方法の指導などを行っています。当院リハビリテーション科の特徴は急性期のリハビリテーションで、そのために対象となる原因疾患は多岐にわたり、また重症例も多いため、リスク管理には特に注意を払っています。
研究では、ロボット工学のリハ医学への応用、超急性期のリハビリ効果、心臓および呼吸リハビリの効果、高次脳機能障害、嚥下機能障害、小児疾患のリハビリ(ボトックス治療効果)などの臨床研究を行っています。
教育では、医学部・看護学部の講義、臨床実習、研修医や後期研修医の指導・教育、療法士学生に対する臨床実習などを行っています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 4 0 0 0 0 0  0 2 0 0  5 9  1 0  0 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 内尾優, 長谷川三希子, 猪飼哲夫, 内山温, 楠田聡, 藤本泰成, 新田收:  修正1ヵ月における超低出生体重児と正規産児の上肢自発運動の比較.  理学療法学  45 (6) :347-357 , 2018.12 Link
総説及び解説
1. 猪飼 哲夫:  カタカナ言葉解説 サルコペニア、フレイル、ロコモ.  心と社会  49 (4) :108-109 , 2018.12
2. 筧慎吾、猪飼哲夫:  周術期のリハビリテーション.周術期呼吸リハビリテーション..  Journal of Clinical Rehabilitation  27 (9) :955-961 , 2018.9
3. 和田太, 藤本瑛司:  金属支柱付長下肢装具の知識.  MEDICAL REHABILITATION  (225) :45-50 , 2018.7
ページの先頭へ
■ 著書
1. 安達みちる:  ディベロプメンタルケア・NICUでの理学療法.  新生児学テキスト  719-722.  メディカ出版,  大阪, 2018.12
2. 安達みちる:    ハイリスク児のフォローアップマニュアル 小さく生まれた子どもたちへの支援  20-37.  MEDICAL VIEW,  東京, 2018.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Uchio Yuu, Hasegawa Mikiko, Kajima Kouta, Suzuki Hayato, Nakamura Kaho, Saito Midori, Ikai Tetsuo, Wada Futoshi, Saito Kayoko, Arakawa Reiko, Nitta Osamu: Pain prevalence and characteristics in spinal muscular atrophy type 2.  International Child Neurology Congress Mumbai 2018,  Mumbai, India,  2018/11 Link
2. 猪飼 哲夫: 脳卒中患者の運動器合併症..  第44回日本脳卒中学会学術集会.,  横浜,  2019/03
3. 猪飼 哲夫: 透析(腎不全)患者のリハビリテーション 脳卒中編.  第9回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会,  別府,  2019/03
4. ◎内尾優, 堀部達也, 二見健太, 圖師将也, 加島広太, 猪飼哲夫, 野村岳志, 蜂須賀健, 渕之上昌平: 長期人工呼吸器管理中に持続的な受動立位訓練により筋力低下を予防できた腎移植後PCP肺炎の一症例.  第46回日本集中治療医学会学術集会,  京都,  2019/03
5. ◎齊藤翠 , 長谷川三希子, 内尾優 , 鈴木隼人, 和田太, 猪飼哲夫: 調整式歩行訓練車を用いた 6 分間歩行試験を試みた脊髄性筋委縮症Ⅱ型の一症例.  第5回 日本小児理学療法学会学術大会,  大阪,  2018/12
6. ◎内田酉佳, 長谷川三希子, 内尾優, 志真奈緒子, 大野秀子, 猪飼哲夫: 長期入院中に発達支援的介入を行ったCampomelic Dysplasiaの一例.  第5回日本小児理学療法学会,  大阪府,  2018/12
7. ◎安達みちる, 安達拓, 和田太, 猪飼哲夫, 石黒久美子, 七字美延, 佐藤孝俊, 村上てるみ, 石垣景子: 福山型先天性筋ジストロフィー症患者の運動機能獲得時期の検討.  第5回日本小児理学療法学会学術集会,  大阪,  2018/12
8. ◎長谷川三希子, 内尾優, 鈴木隼人, 衛藤薫, 中務秀嗣, 荒川玲子, 和田太, 永田智, 齋藤加代子, 猪飼哲夫: 脊髄性筋萎縮症Ⅰ型10歳児へアンチセンスオリゴヌクレオチド製剤髄注治療の効果 -運動面の改善について一症例報告-.  第5回日本小児理学療法学会学術大会,  大阪,  2018/12
9. 鈴木隼人, 長谷川三希子, 内尾優, 加島広太, 中村花穂, 齋藤翠, 和田太, 荒川玲子, 齋藤加代子, 猪飼哲夫: 脊髄性筋萎縮症Ⅰ~Ⅲ型に対する理学療法の実態調査.  第5回日本小児理学療法学会学術大会,  大阪,  2018/12
10. 猪飼哲夫、木下万里佐、尾川晃子、原田貴子、和田太: 脊髄性筋萎縮症Ⅱ型患者に対する多機能歩行訓練歩行器とスリングエクササイズを用いたリハビリ治療.  第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会,  仙台,  2018/11
全件表示(17件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者