<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 高血圧・内分泌内科
概要 Keywords 当該年度の研究費受入状況
教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員 学術雑誌 学会発表


教授:
   市原 淳弘
准教授:
   森本 聡
講師:
   安藤 孝
   谷田部 淳一
   谷田部 緑
   渡辺 大輔
助教:
   佐々木 信和
   関 康史
   木田 可奈子
   吉田 尚弘
■ 概要
講座について
東京女子医科大学 高血圧・内分泌内科
のホームページをご覧ください
ページの先頭へ
■ Keywords
プロレニン, (プロ)レニン受容体, レニン-アンジオテンシン系
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  日本学術振興会科研費 基盤研究(B)  (研究課題番号:16H05316)
 研究課題:慢性腎臓病で増加する可溶型(プロ)レニン受容体の病態意義の解明と分子標的療法開発  (研究代表者:市原淳弘)
 研究補助金:4,200,000円  (代表)
2.  日本学術振興会科研費 基盤研究(C)  (研究課題番号:16K09657)
 研究課題:脳内Na+負荷による食塩嗜好および血圧上昇における脳内(プロ)レニン受容体の役割  (研究代表者:森本聡)
 研究補助金:900,000円  (代表)
3.  日本学術振興会科研費 基盤研究(C)  (研究課題番号:16K09658)
 研究課題:γ-アミノ酪酸(GABA)による水利尿と腎保護の新しいメカニズムの解明  (研究代表者:谷田部淳一)
 研究補助金:900,000円  (代表)
4.  日本学術振興会科研費 若手研究  (研究課題番号:18K16212)
 研究課題:脂肪組織(プロ)レニン受容体によるメタボリック症候群合併多臓器障害進展機序の解明  (研究代表者:関康史)
 研究補助金:800,000円  (代表)
5.  立石科学技術振興財団 研究助成(A)
 研究課題:自動血圧測定ブース(ABP@every)の開発と市中設置による社会実験  (研究代表者:谷田部緑)
 研究補助金:2,500,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  市原淳弘 :日本内科学会評議員, 日本高血圧学会理事・評議員, 日本内分泌学会評議員・関東甲信越支部幹事, 日本動脈硬化学会評議員, 日本心血管内分泌代謝学会理事・評議員, 日本妊娠高血圧学会常任理事, 日本母性内科学会理事, 日本臨床分子医学会監事・評議員, 日本腎臓学会学術評議員, Councilor of Annual Fall Conference Committee of AHA、Fellow of AHA
2.  森本聡 :日本高血圧学会評議員, 日本腎臓学会評議員, 日本動脈硬化学会評議員, 日本心血管内分泌代謝学会評議員, 日本心脈管作動物質学会評議員, 日本臨床生理学会評議員
3.  安藤孝 :日本内分泌学会評議員, 日本心血管内分泌代謝学会評議員
4.  渡辺大輔 :日本内分泌学会評議員
5.  谷田部淳一 :日本内分泌学会評議員, 日本高血圧学会評議員, 日本腎臓学会評議員, 日本薬理学会学術評議員
6.  谷田部緑 :日本内分泌学会評議員, 日本高血圧学会評議員, 日本薬理学会評議員
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 0 0 4 5 0  0 0 0 0  7 1  1 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. TAKANO Noriyoshi, YATABE Midori, YATABE Junichi*, KATO Masaaki, SUEOKA Daisuke, IGUCHI Shigekazu, YOSHIDA Atsushi, UZAWA Yutaka, KIKUCHI Ken, TANI Kimitaka, OGAWA Shinpei, ITABASHI Michio, YAMAMOTO Masakazu, WATANABE Daisuke, ANDO Takashi, MORIMOTO Satoshi, ICHIHARA Atsuhiro:  Fatal Fournier's gangrene caused by Clostridium ramosum in a patient with central diabetes insipidus and insulin-dependent diabetes mellitus: a case report.  BMC infectious diseases  18 (1) :363 , 2018.8
2. BOKUDA Kanako*, MORIMOTO Satoshi, SEKI Yasufumi, YATABE Midori, WATANABE Daisuke, YATABE Junichi, ANDO Takashi, SHIMIZU Satoru, ITOH Hiroshi, ICHIHARA Atsuhiro:  Greater reductions in plasma aldosterone with aliskiren in hypertensive patients with higher soluble (Pro)renin receptor level.  Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension  41 (6) :435-443 , 2018.6
3. WATANABE Daisuke, MORIMOTO Satoshi*, TAKANO Noriyoshi, KIMURA Shihori, SEKI Yasufumi, BOKUDA Kanako, YATABE Midori, YATABE Junichi, ONIZUKA Hiromi, YAMAMOTO Tomoko, ANDO Takashi, ICHIHARA Atsuhiro:  Complete remission of hypertension in a hemodialysis patient after adrenalectomy for primary aldosteronism and renal transplantation.  CEN case reports  7 (1) :77-82 , 2018.5
4. YATABE Midori, YATABE Junichi*, ASAYAMA Kei, Steassen Jan A, Mujaj Blerim, Thijs Lutgarde, ITO Kyotaro, SONOO Tomohiro, MORIMOTO Satoshi, ICHIHARA Atsuhiro:  The rationale and design of reduction of uncontrolled hypertension by Remote Monitoring and Telemedicine (REMOTE) study.  Blood pressure  27 (2) :99-105 , 2018.4
5. MIZUGUCHI Yuki, MORIMOTO Satoshi*, KIMURA Shihori, TAKANO Noriyoshi, YAMASHITA Kaoru, SEKI Yasufumi, BOKUDA Kanako, YATABE Midori, YATABE Junichi, WATANABE Daisuke, ANDO Takashi, ICHIHARA Atsuhiro*:  Prediction of response to medical therapy by serum soluble (pro)renin receptor levels in Graves' disease.  PloS one  13 (4) :e0195464 , 2018
総説及び解説
1. 谷田部淳一, 谷田部緑, 市原淳弘:  【高血圧の先制医療】 遠隔テレモニタリング技術を活用した高血圧の先制医療.  Medical Science Digest  44 (5) :260-263 , 2018.5
2. 谷田部緑, 谷田部淳一, 市原淳弘:  【エキスパートに聞く 合併症妊娠のすべて-妊娠前からのトータルケア】 高血圧.  産科と婦人科  85 (5) :509-515 , 2018.5
3. 市原淳弘:  降圧療法としての確立には 腎除神経の大規模、長期の試験が必要.  The Mainichi Medical Journal  14 (2) :51 , 2018.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Seki Yasufumi, Morimoto Satoshi, Watanabe Daisuke, Yatabe Midori, Bokuda Kanako, Yatabe Junichi, Ichihara Atsuhiro: Primary Aldosteronism in Klinefelter's Syndrome: Two Cases Report.  The 27th Scientific Meeting of the International Society of Hypertension,  Beijing, China,  2018/09
2. ◎関康史, 市原淳弘: 腎機能低下患者における下垂体前葉機能検査の評価.  第28回臨床内分泌代謝update,  福岡,  2018/11
3. ◎関康史, 森本聡, 木村しほり, 高野倫嘉, 山下薫, 吉田尚弘, 木田可奈子, 佐々木信和, 谷田部緑, 渡辺大輔, 谷田部淳一, 安藤孝, 市原淳弘: 2型糖尿病、肥満合併高血圧患者における直接的レニン阻害薬単独治療による腎保護効果.  第41回日本高血圧学会総会,  旭川,  2018/09
4. ◎木村しほり, 谷田部緑, 市原淳弘: 産後母乳が分泌されず、産後うつが疑われたリンパ球性下垂体炎の2例.  第3回日本母性内科学会総会・学術集会,  東京,  2018/07
5. ◎市原淳弘: 都市型高血圧遠隔診療に関する無作為化前向き介入研究(POATRAND trial):中間報告.  第68回日本病院学会,  金沢市,  2018/06
6. ◎市原淳弘: 女性・小児の高血圧 周産期の血圧管理を中心に.  第7回臨床高血圧フォーラム,  京都市,  2018/05
7. 森本聡、斎藤史子、木村しほり、山下薫、関康史、木田可奈子、谷田部緑、渡辺大輔、谷田部淳一、市原淳弘: 原発性アルドステロン症(PA)における血漿アルドステロン濃度(PAC)高値は交感神経活動(SNA)亢進との独立した関連因子である.  第115回日本内科学会講演会,  京都市,  2018/04
8. ◎市原淳弘, 木田可奈子, 谷田部緑, 谷田部淳一, 渡辺大輔: 内分泌性高血圧のスクリーニング指針.  第91回日本内分泌学会学術総会,  宮崎市,  2018/04
9. ◎谷田部淳一, 須田睦士, 谷田部緑, 遣田美貴, 市原淳弘: 胎盤栄養膜細胞において、可溶性(プロ)レニン受容体は低酸素下での好気的エネルギー産生の安定化に関与する.  第91回日本内分泌学会学術総会,  宮崎市,  2018/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者