<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 八千代医療センター 母体胎児科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   正岡 直樹
准教授:
   橋本 和法
   三谷 穣
講師:
   中島 義之
助教:
   秋山 美里
   田代 英史
   山代 美和子
   和田 真沙美
■ 概要
特徴
母体胎児科・婦人科(産婦人科)の産科部門は新生児科とともに千葉県に2施設しかない総合周産期母子医療センターの運営に携わっています。年間200例を越えるハイリスク母体を受け入れている一方、ローリスク妊娠も近隣産科施設とセミオープンシステムを形成して積極的に扱っています。したがって症例は極めて豊富であり、妊娠•分娩•産褥の基本的管理から専門的医療まで幅広い知識と手技の習得が可能です。また女性の性周期、妊娠•分娩、加齢といった生涯に関わる診療科として、婦人科は良性、悪性腫瘍、子宮脱、尿失禁、不妊治療、月経異常、更年期障害などの内分泌疾患といったあらゆる疾患に対応しています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 0 0 1  0 8 0 0  0 6  0 0  0 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 岩根枝里子、中島義之、林 美佐、丸田佳奈、秋山美里、田代英史、和田真沙美、山代美和子、正岡直樹:  妊娠中にS状結腸窩ヘルニアによるイレウスをきたした一例.  千葉県産科婦人科医学会誌  11 :7-11 , 2017
2. Harta S, Marta K, Nakajima Y, Masaoka N:  Use of Fondaparinux for rhromboprophylaxis in an unfractionated heparin-intolerant pregnant woman with thrombotic predisposition.  Journal of Obstetrics and Gynecology Research  43 :943-945 , 2017
ページの先頭へ
■ 著書
1. 寺尾泰久、田中京子、増山 寿、正岡直樹、小西郁夫、平松裕司:  自己血輸血についての実態調査.  産婦人科手術  97-101.  メジかルビュー社,  東京, 2017
2. 正岡直樹:  帝王切開術.  改訂第2版 産婦人科手術スタンダード  40-47.  メジカルビュー社,  東京, 2017
3. 正岡直樹、田代英史:  自己血輸血の現状:総説.  産婦人科手術  95-96.  メジカルビュー社,  東京, 2017
4. 正岡直樹:  東京女子医科大学八千代医療センター母体胎児科・婦人科.  先端医療シリーズ 臨床医のための最新産婦人科学  381-383.  寺田国際事務所/先端医療技術研究所,  東京, 2017
5. 正岡直樹, 古来愛香:  知らなきゃ困る産婦人科小手術
第2章 A 外陰部  3 会陰切開.  産科と婦人科  97-103.  診断と治療社,  東京, 2017
全件表示(8件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 正岡直樹: 産婦人科診療と歯科治療.  第27回日本有病者歯科医療学会総会・学術集会  第38回日本歯科薬物療法学術大会,  東京,  2018/03
2. 正岡直樹: 生命倫理と法規制.  平成29年度母体保護法指定医研修会,  千葉県旭市,  2018/02
3. 正岡直樹: CTGの判読及びその対応.  第50回日本分娩監視研究会,  東京,  2017/11
4. 正岡直樹: 胎児脳神経障害と胎児心拍数モニタリング.  第58回日本母性衛生学会学術集会,  神戸市,  2017/10
5. 正岡直樹: 生命倫理と法規制.  平成29年度母体保護法指定医研修会,  千葉市,  2017/09
全件表示(7件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者