(最終更新日:2014-03-26 10:22:29)
  ナカジマ ヨシユキ   NAKAJIMA Yoshiyuki
  中島 義之
   所属   医学部 医学科(附属八千代医療センター)  八千代医療センター 婦人科
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  Ⅱ.妊娠時の異常、27.過期妊娠「必携 ハイリスク妊娠の診療を極める」 2009
2. 部分執筆  30. 妊娠25週、充実性卵巣腫瘍がみつかり病側の卵巣摘出術を行った。術後の病理診断は漿液性腺癌であった。腫瘍は一側の卵巣に限局していたが、軽い腹膜播種が認められた。リンパ節の検索は行われていない。今後どう対処すべきか悩んでいる。「≪Ladies Medicine Today≫産科臨床ベストプラクティス[上級編]誰もが悩む95例の診療指針」 2006/12
■ 学術雑誌
1. 原著  Transplacental effects of allopurinol on suppression of oxygen free radical production in chronically instrumented fetal lamb brains during intermittent umbilical cord occlusion. 2005/01
2. 原著  The production of hydroxyl radicals in the fetal lamb brain resulting from occlusion of the umbilical circulation and the transplacental effect of MCI-186 to inhibit hydroxyl radical production. 2006/02
3. 原著  MCI-186 administered to the maternal circulation inhibits fetal brain injury resulting from total umbilical cord occlusion in the chronically instrumented fetal lamb. 2006/10
4. 原著  Changes of expression of glucose transporters in the fetal lamb brain after MCI-186 administration to the maternal circulation with 10-min persistent umbilical cord occlusion. 2009/10
5. 原著  Obstetrical risk factors for focal intestinal perforation in very low birth weight infants. 2011/03
6. 原著  The effects of sivelestat sodium hydrate on uterine contraction and the concentration of maternal and fetal blood cytokines in a sheep model of intra-amniotic infection induced by lipopolysaccharide. 2011/08
7. 原著  Initial experience using Sivelestat to manage preterm labor with a bulging fetal membrane in pregnant women. 2012/06
8. 原著  Study for the improvement of umbilical cord blood sampling using a new trial apparatus. 2013/06
9. 原著  Evaluation of creatine kinase, lactate dehydrogenase, and amylase concentrations in umbilical blood of preterm infants after long-term tocolysis. 2013/12
10. 原著  Congenital cytomegalovirus infection after maternal persistent immunoglobulin-M antibodies against cytomegalovirus prior to conception. 2013/05
全件表示(60件)
■ 学会発表
1. 集学的治療により救命できた巨大仙尾部奇形腫の新生児症例 (口頭発表,一般) 2014/02/23
2. Evaluation of creatine kinase, lactate dehydrogenase, and amylase concentrations in umbilical blood of preterm infants after long-term tocolysis. (ポスター,一般) 2012/10/10
3. May-Thurner syndrome resulting in acute iliofemoral deep vein thrombosis during the second trimester of pregnancy. (ポスター,一般) 2012/10/10
4. 75gOGTTからみた妊娠高血圧症候群のリスクに関する検討 (口頭発表,一般) 2012/09/08
5. 新妊娠糖尿病(GDM)診断基準によって新たに追加となるGDM症例の医療介入による周産期予後に関する検討 (口頭発表,一般) 2012/08/24
6. 母体への塩酸リトドリン,硫酸マグネシウム投与からみた早産児の分娩時臍帯血中逸脱酵素に関する検討 (口頭発表,一般) 2012/07/09
7. Evaluation of escaped enzyme levels in umbilical blood of preterm infants after long-term tocolysis (口頭発表,一般) 2012/06/14
8. 早産児の分娩時臍帯血中逸脱酵素と母体への子宮収縮抑制剤(塩酸リトドリン、硫酸マグネシウム)投与の影響に関する検討 (口頭発表,一般) 2012/04/13
9. 妊娠高血圧症候群より出生した早産児における分娩時の臍帯血中脂質代謝に関する検討 (口頭発表,一般) 2011/10
10. Evaluation of cord blood lipids in preterm infants after long-term ritodrine tocolysis, (ポスター,一般) 2011/09
全件表示(59件)
■ 資格・免許
1. 2005/10/01 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
2. 2008/07/01 日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法普及事業 専門コースインストラクター
3. 2009/07/19 臨床研修指導医
4. 2009/12/01 日本周産期・新生児医学会 周産期(母体・胎児)専門医
■ 現在の専門分野
産婦人科学, 胎児・新生児医学 
■ 所属学会
1. 2000/04~ 日本産科婦人科学会
2. 2004~ 日本産科婦人科栄養・代謝研究会
3. 2012/08~ ∟ 幹事
4. 2004~ 日本周産期・新生児医学会
5. 2007~ World Association of Perinatal Medicine (WAPM)
6. 2008~ European Association of Perinatal Medicine (EAPM)
7. 2008~ 日本生殖医学会
8. 2008~ 日本超音波医学会
9. 2009~ 千葉県母性衛生学会
10. 2009~ 日本産科婦人科内視鏡学会
全件表示(14件)
■ 学歴
1. 1996/04~2000/03 日本大学 医学部 卒業
2. 2002/04~2006/03 日本大学 医学研究科 外科系 産婦人科 博士課程修了 医学博士
■ 職歴
1. 2008/07~2012/07 東京女子医科大学 医学部 医学科(附属八千代医療センター) 助教
2. 2012/08~ 東京女子医科大学 医学部 医学科(附属八千代医療センター) 准講師