<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 八千代医療センター 病理診断科
概要 当該年度の研究費受入状況 教授・准教授・講師・助手の公的役職
教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員 当該年度の主催学会・研究会 社会における活動
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   廣島 健三
講師:
   大出 貴士
助教:
   米盛 葉子
■ 概要
研究
多施設共同研究で、肺癌症例のレントゲン所見と石綿曝露量との関係を調べ、広範な胸膜プラークが存在する症例は、高濃度の石綿曝露を受けていることを報告しした。労災補償は2012年より、石綿健康被害救済は2014年より広範な胸膜プラークが認定基準のひとつになり、この所見があれば石綿曝露により発症した肺癌として認定されるようになった。東南アジアでは中皮腫の報告が稀だが、中国の浙江省で石綿手紡績に従事した女性に腹膜中皮腫が多発していることを報告した。胸膜中皮腫は早期には胸水のみ認められ、腫瘤がはっきりしないことが多く、診断が難しく、予後は不良である。中皮腫の病理診断にp16の欠失が重要であることを報告し、胸水に出現する細胞でp16の欠失およびBAP1の消失を検討することにより、胸水細胞診で中皮腫の確定診断が可能であることを明らかにした。また,胸腺腫発生機序に対して、免疫組織学的および分子生物学的に検討している。肺神経内分泌癌の発生機序について、免疫組織学的および分子生物学的に検討している。
社会との連携
1.中央環境審議会(環境省),石綿確定診断委員会(厚生労働省)にて石綿関連疾患の認定の審査を行った.
2.日本肺癌学会を通して,厚生労働省に対して,平成30年度診療報酬改定提案に,提案技術名「中皮腫における免疫染色の細胞診検体への拡大」を提案し,採用され,体腔液細胞診に対する免疫染色が保険適応となった.
3.2018年7月14日に,コングレス日本橋にて,第33回日本肺癌学会ワークショップ(肺癌と中皮腫 -治療の最前線-)を開催した.全国から159名の参加者が集まった.
4.金原出版に「中皮腫瘍取扱い規約」を発行を提案し,全国の専門家とともに執筆を行い,2018年11月30日に発行した.
5.石綿・中皮腫研究会と日本中皮腫研究機構の合併,日本石綿・中皮腫学会の設立に貢献した.
6.環境再生保全機構主催 中皮腫細胞診実習研修会の講師を務め,中皮腫の細胞診断の普及に貢献している.今年度は2018年12月1日に第16回中皮腫細胞診実習研修会を大阪市立大学で,2019年2月23日に第17回中皮腫細胞診実習研修会を日本医科大学で開催する.
7.2018年8月23日に千葉県の平成30年度石綿(アスベスト)健康診断・治療従事者及び相談業務担当者研修会の講師を担当した.
8.JICA主催の中華人民共和国 日中石綿関連癌診断能力向上プロジェクト(第1回 2018年11月12日~11月20日(臨床医・労働衛生医向け))(第2回 2019年2月17日~27日(病理医向け))の講師を務めた.
9.2018年4月25日に,八千代医療センターに中国より23名の医師を迎え,「China-Japan Lung Cancer Workshop in Yachiyo」を開催した.以下の講演を行い,中国の医師との学術的交流を行った.
Update on target therapy and immunotherapy of lung carcinoma – Yuichi Takiguchi, M.D. (Professor of Medical Oncology, Chiba University)
Surgical treatment for lung carcinoma – Yasuo Sekine, M.D. (Professor of Thoracic Surgery, Tokyo Women’s Medical University Yachiyo Medical Center)
Classification of lung carcinoma – Kenzo Hiroshima, M.D.
Mesothelioma in Japan and in China – Kenzo Hiroshima, M.D.
病理診断
病理診断は日本病理学会病理専門医6名(常勤3名、非常勤3名)が,細胞診診断は日本臨床細胞学会細胞診専門医3名(常勤3名)および日本臨床細胞学会細胞検査士(常勤5名)が診断にあたっている.2017年の病理診断件数は5,692件で,うち迅速組織診断は228件,細胞診断件数は4,314件である.病理解剖件数は11件である.入院患者死亡数は293名であるため剖検率は4%である.当センターは2010年に日本病理学会病理専門医研修登録施設,2011年に日本病理学会病理専門医研修認定施設,日本臨床細胞学会認定施設,2012年に日本臨床細胞学会教育研修施設として認定された.2017年度は,「病理専門医プログラム」により専門研修プログラムに準拠した専門医研修を始めた.
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  環境省委託事業
 研究課題:平成30年度石綿関連疾患に係る医学的所見の解析調査業務(新たな免疫染色抗体を用いた中皮腫診断法の開発に関する調査編)  (研究代表者:廣島健三, 鍋島一樹, 石川雄一, 大林千穂, 岡輝明, 尾崎大介, 武島幸男, 辻祥太郎, 宮城洋平)
 研究補助金:5,900,000円  (代表)
2.  次世代がん医療創生研究事業
 研究課題:新規マーカーによる悪性中皮腫の精密・早期診断の開発  (研究分担者:今井浩三, 辻祥太郎, 宮城洋平, 廣島健三)
 研究補助金:1,950,000円  (分担)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の公的役職
1.  廣島健三 :中央環境審議会委員(環境省), 石綿確定診断委員会委員(厚生労働省), 千葉労働局労災協力医(厚生労働省)
2.  廣島健三 :千葉大学客員教授
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  廣島健三 :日本病理学会/学術評議員・病理専門医・研修指導医・病理専門医研修指導責任者・病理アドバイザー・刊行委員・癌取扱い規約委員会委員, 日本臨床細胞学会/評議員・細胞診専門医・教育研修指導医・編集委員会査読委員・コントロールサーベイ問題作成委員・細胞検査士資格認定試験出題委員, 日本肺癌学会/評議員・細胞診判定基準改訂委員会委員・ガイドライン検討委員会胸膜中皮腫小委員会委員・病理小委員会委員, 石綿・中皮腫研究会/代表幹事, 中皮腫細胞診研究会/副代表幹事, 日本肺癌学会関東支部会/幹事・病理アドバイザー・第177回日本肺癌学会関東支部会会長, 日本Pulmonary Pathology Society幹事, 千葉県臨床細胞学会理事, International Editorial Board of Tumori Journal
2.  大出貴士 :日本病理学会/学術評議員・病理専門医・研修指導医, 日本臨床細胞学会/細胞診専門医
3.  米盛葉子 :日本病理学会/学術評議員・病理専門医・研修指導医, 日本臨床細胞学会/細胞診専門医
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第58回河田町乳癌研究会  (当番世話人 : 廣島健三, 幹事:地曵典恵 )  ,新宿  2018/02
2.  China-Japan Lung Cancer Workshop in Yachiyo  (コーディネーター : 廣島健三, 米盛葉子 )  ,八千代  2018/04
3.  日本肺病理学会コンパニオンミーティング  (オーガナイザー : 廣島健三 )  ,札幌  2018/06
4.  第33回日本肺癌学会ワークショップ  (世話人 : 廣島健三 )  ,東京  2018/08
5.  第25回石綿・中皮腫研究会  (代表幹事 : 廣島健三 )  ,奈良  2018/11
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  廣島健三 中央環境審議会(環境省),石綿確定診断委員会(厚生労働省)にて石綿関連疾患の認定の審査を行った.
2.  廣島健三 日本肺癌学会を通して,厚生労働省に対して,平成30年度診療報酬改定提案に,提案技術名「中皮腫における免疫染色の細胞診検体への拡大」を提案し,採用され,体腔液細胞診に対する免疫染色が保険適応となった.
3.  廣島健三 コングレス日本橋にて,第33回日本肺癌学会ワークショップ(肺癌と中皮腫 -治療の最前線-)を開催した(2018年7月14日).全国から159名の参加者が集まった.
4.  廣島健三 金原出版に「中皮腫瘍取扱い規約」を発行を提案し,全国の専門家とともに執筆を行い,第1版を発行した(2018年11月30日).
5.  廣島健三 石綿・中皮腫研究会と日本中皮腫研究機構の合併,日本石綿・中皮腫学会の設立に貢献した.
6.  廣島健三 環境再生保全機構主催 中皮腫細胞診実習研修会の講師を務め,中皮腫の細胞診断の普及に貢献している.今年度は2018年12月1日に第16回中皮腫細胞診実習研修会を大阪市立大学で,2019年2月23日に第17回中皮腫細胞診実習研修会を日本医科大学で開催した.
7.  廣島健三 千葉県の平成30年度石綿(アスベスト)健康診断・治療従事者及び相談業務担当者研修会の講師を担当した(2018年8月23日).
8.  廣島健三 JICA主催の中華人民共和国 日中石綿関連癌診断能力向上プロジェクト(第1回 2018年11月12日~11月20日(臨床医・労働衛生医向け))(第2回 2019年2月17日~27日(病理医向け))の講師を務めた.
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 1 0 0 5  0 7 0 0  11 17  3 8  1 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Chai K, Ning X, Nguyen TTT, Zhong B, Morinaga T, Li Z, Shingyoji M, Tada Y, Tatsumi K, Shimada H, Hiroshima K, Yamaguchi N, Tagawa M.:  Heat shock protein 90 inhibitors augment endogenous wild-type p53 expression but down-regulate the adenovirally-induced expression by inhibiting a proteasome activity.  Oncotarget  9 (40) :26130-26143 , 2018.5
2. Galateau Salle F, Le Stang N, Nicholson AG, Pissaloux D, Churg A, Klebe S, Roggli V, Tazelaar H, Vignaud JM, Attanoos R, Beasley MB, Begueret H, Capron F, Chirieac L, Copin MC, Dacic S, Danel C, Foulet-Roge A, Gibbs A, Giusiano-Courcambeck S, Hiroshima K, Hofman V, Husain A, Kerr K, Marchevsky A, Nabeshima K, Picquenot JM, Rouquette I, Sagan C, Sauter J, Thivolet F, Travis WD, Tsao MS, Weynand B, Damiola F, Scherpereel A, Pairon JC, Lantuejoul S, Rusch V, Girard N.:  New insights on diagnostic reproducibility of biphasic mesotheliomas: a multi-institutional evaluation by the international mesothelioma panel from the MESOPATH reference center.  Journal of Thoracic Oncology  13 (8) :1189-1203 , 2018.4
総説及び解説
1. David B. Chapel, Andrew Churg, Eric Santoni-Rugiu, Tohru Tsujimura, Kenzo Hiroshima, Aliya N. Husain:  Molecular pathways and diagnosis in malignant mesothelioma: A review of the 14th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group.  Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)  127 :69-75 , 2019.1
2. 中野雅行:  肝細胞癌の概観.  Liver cancer.  24 :別冊 , 2018.11
3. 廣島健三:  肺の神経内分泌腫瘍の病理学.  病理と臨床  36 (5) :420-426 , 2018.5
症例報告
1. Kamata T, Koh E, Masunaga A, Okabayashi A, Hasegawa M, Katsura H, Hiroshima K, Sekine Y.:  A surgical case of lung cancer with poor general status associated with parathyroid hormone-related protein.  Journal of Thoracic Disease  10 (5) :E372-E377 , 2018.5
2. Oide T*, Kan M, Masunaga A, Nishino T, Hiroshima K.:  Histopathology of immature (ongoing) squamous metaplasia of the stomach.  Pathology International  68 (5) :318-320 , 2018.5
ページの先頭へ
■ 著書
1. 川村雅文, 長谷川誠紀, 青江啓介, 芦澤和人, 荒金尚子, 大久保憲一, 岡部和倫, 岡本浩明, 加藤勝也, 関順彦, 関戸好孝, 副島俊典, 鍋島一樹, 廣島健三, 藤本伸一, 冨士原将之:  悪性胸膜中皮腫診療ガイドライン 2018年版.  肺癌診療ガイドライン2018年版 悪性胸膜中皮腫・胸膜腫瘍含む  269-315.  金原出版,  東京, 2018.12
2. 長谷川誠紀, 青江啓介, 芦澤和人, 岡本浩明, 川村雅文, 中野孝司, 東山聖彦, 廣島健三, 藤本伸一, 横井香平:  TNM分類.  中皮腫瘍取扱い規約  1-4.  金原出版,  東京, 2018.11
3. 廣島健三:    中皮腫瘍取扱い規約  1-136.  金原出版,  東京, 2018.11
4. 高田礼子, 河原邦光, 廣島健三:  石綿曝露.  中皮腫瘍取扱い規約  121-127.  金原出版,  東京, 2018.11
5. 諸星隆夫, 笹田真滋, 田中文啓, 辻村亨, 廣島健三, 由佐俊和:  組織採取法と胸腔鏡所見.  中皮腫瘍取扱い規約  27-38.  金原出版,  東京, 2018.11
6. 廣島健三, 岡輝明, 亀井敏昭, 佐藤之俊, 畠榮, 濱川真治, 羽原利幸:  細胞診.  「中皮腫瘍取扱い規約」  47-55.  金原出版,  東京, 2018.11
7. 武島幸男, 石川雄一, 大林千穂, 河合俊明, 清川貴子, 櫛谷桂, 辻村亨, 鍋島一樹, 廣島健三:  病理診断.  中皮腫瘍取扱い規約  57-95.  金原出版,  東京, 2018.11
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Y. Tada, T. Morinaga, I. Sekine, T. Suzuki, K. Shimomura, K. Tatsumi, H. Shimada, K. Hiroshima, M. Tagawa: Inhibition of the HGF/c-Met for mesothelioma with an intra-pleural injection of the NK4 gene-expressing adenoviral vectors.  IASLC 19th World Conference on Lung Cancer,  Tronto, Canada,  2018/09
2. ◎K. Hiroshima, D. Wu, D. Ozaki, T. Yusa, Y. Sekine, S. Tsuji, Y. Miyagi, K. Imai, Y. Tada, H. Shimada, M. Tagawa, A.N. Husain: HEG1 is a new immunohistochemical marker for the pathological diagnosis of malignant mesothelioma.  the 14th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group,  Ottawa, Canada,  2018/05
3. ◎M. Tagawa, T.T.T. Nguyen, T. Morinaga, M. Shingyoji, Y. Tada, K. Tatsumi, H. Shimada, K. Hiroshima: An MDM2 inhibitor achieves synergistic cytotoxicity with oncolytic adenoviruses on mesothelioma with the wild-type p53 gene.  the 14th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group,  Ottawa, Canada,  2018/05
4. ◎Y. Tada, T. Morinaga, I. Sekine, T. Suzuki, K. Tatsumi, H. Shimada, K. Hiroshima, M. Tagawa: Inhibition of the HGF/C-Met for Mesothelioma with an Intra-Pleural Injection of the NK4 Gene-Expressing Adenoviral Vectors.  the 14th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group,  Ottawa, Canada,  2018/05
5. ◎Thao Thi Thanh Nguyen, Takao Morinaga, Boya Zhong, Michiko Hanazono, Shuji Kubo, Masato Shingyoji, Yuji Tada, Yuichi Takiguchi, Koichiro Tatsumi, Hideaki Shimada, Kenzo Hiroshima, Masatoshi Tagawa: Cytotoxicity of Replication-competent Adenoviruses Defective of E1B55kDa Molecules Is Irrelevant to p53 Expression, but Increases with a P53-augmenting MDM2 Inhibitor Through DNA Damages and Enhanced Viral Propagations in Mesothelioma With the Wild-type p53 Genotype.  ASGCT 21st Annual Meeting,  Chicago, U.S.A.,  2018/05
6. ◎David B. Chapel, Ann Walts, Richard Attanoos, Kenzo Hiroshima, Kelly Butnor, Thomas Krausz, Aliya N. Husain: Interim analysis in an international collaboration to develop a comprehensive prognostic model for malignant peritoneal mesothelioma.  the 14th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group,  Ottawa, Canada,  2018/05
7. ◎F. Galateau Salle, N. Le Stang, A.G. Nicholson, D. Pissaloux, A. Churg, S. Klebe, V. Roggli, H. Tazelaar, J.M. Vignaud, R. Attanoos, M.B. Beasley, H. Begueret, F. Capron, D.B. Chapel, L.R. Chirieac, M.-C. Copin, S. Dacic, A. Foulet, A. Gibbs, K. Hiroshima, P. Hofman, A.N. Husain, A. Marchevsky, K. Nabeshima, I. Rouquette, C. Sagan, J.L. Sauter, F. Thivolet, W. Travis, B. Weynand, F. Damiola, A. Scherpereel, J.-C. Pairon, S. Lantuejoul, V. Rusch, N. Girard: A Multi-Institutional Evaluation of Pleural Biphasic Mesothelioma by the International Mesothelioma Panel: New Insights.  the 14th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group,  Ottawa, Canada,  2018/05
8. ◎Kazuki Nabeshima, Yoshiaki Kinoshita, Makoto Hamasaki, Tomoyuki Hida, Shinji Matsumoto, Ayuko Sato, Tohru Tsujimura, Kunimitsu Kawahara, Kenzo Hiroshima, Akinori Iwasaki, Yoshinao Oda: Immunohistochemical detection of MTAP or BAP1 protein loss in tissues and cell blocks for diagnosis of mesothelioma.  the 14th International Conference of the International Mesothelioma Interest Group,  Ottawa, Canada,  2018/05
9. ◎Kenzo Hiroshima: Classification of lung carcinoma.  China-Japan Lung Cancer Workshop in Yachiyo,  Yachiyo,  2018/04
10. ◎Kenzo Hiroshima: Mesothelioma in Japan and in China.  China-Japan Lung Cancer Workshop in Yachiyo,  Yachiyo,  2018/04
全件表示(40件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者