<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 八千代医療センター 病理診断科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   中澤 匡男
■ 概要
病理診断
病理診断は日本病理学会病理専門医5名(常勤2名、非常勤3名)が,細胞診診断は日本臨床細胞学会細胞診専門医3名(常勤2名)および日本臨床細胞学会細胞検査士(常勤5名)が診断にあたっている.2018年の病理診断件数は5,804件で,うち迅速組織診断は268件,細胞診断件数は4,479件である.病理解剖件数は20件である.当センターは2010年に日本病理学会病理専門医研修登録施設,2011年に日本病理学会病理専門医研修認定施設,日本臨床細胞学会認定施設,2012年に日本臨床細胞学会教育研修施設として認定された.2017年度は,「病理専門医プログラム」により専門研修プログラムに準拠した専門医研修を始めた.
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 3  0 0 0 0  5 1  4 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Hamasaki M, Kinoshita Y, Yoshimura M, Matsumoto S, Kamei T, Hiroshima K, Sato A, Tsujimura T, Kawahara K, Nabeshima K.:  Cytoplasmic MTAP expression loss detected by immunohistochemistry correlates with 9p21 homozygous deletion detected by FISH in pleural effusion cytology of mesothelioma.  Histopathology  75 (1) :153-155 , 2019.7
2. Chapel DB, Schulte JJ, Berg K, Churg A, Dacic S, Fitzpatrick C, Galateau-Salle F, Hiroshima K, Krausz T, Le Stang N, McGregor S, Nabeshima K, Husain AN.:  MTAP immunohistochemistry is an accurate and reproducible surrogate for CDKN2A fluorescence in situ hybridization in diagnosis of malignant pleural mesothelioma.  Modern pathology : an official journal of the United States and Canadian Academy of Pathology, Inc  * :* , 2019.6
症例報告
1. Haruta S, Gunji K, Kawamura T, Hiroshima K.:  Generalized Vascular Dissection on Pathological Examination in a Patient With Polycystic Kidney Disease and Acute Aortic Dissection.  Journal of the National Medical Association  * :* , 2019.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Hiroshima K, Wu D, Ozaki D, Hasegawa M, Koh E, Sekine Y, Tsuruoka S, Hamakawa S, Nabeshima K, Tsuji S, Miyagi Y, Imai K: HEG1 is useful for cytologic diagnosis of malignant mesothelioma with serosal effusions.  2019 PPS biennial meeting in,  Dubrovnik, Croatia,  2019/06
2. ◎Kenzo Hiroshima: Cytologic Diagnosis of Malignant Mesothelioma with Serosal Effusions.  20th International Congress of Cytology,  Sydney,  2019/05
3. ◎Kenzo Hiroshima: Cytology Reporting System of Lung Cancer from JSCC.  20th International Congress of Cytology,  Sydney,  2019/05
4. ◎Kenzo Hiroshima, Yukitoshi Satoh, on behalf of Japanese Society of Clinical Cytology-Japan Lung Cancer Society Working Group: Proposal of Reporting System for Respiratory Cytology.  20th International Congress of Cytology,  Sydney,  2019/05
5. ◎澁木康雄, 佐藤之俊, 廣島健三, 南優子, 吉澤明彦, 羽場礼次, 河原邦光, 竹中明美, 三宅真司, 柿沼廣邦: 「各臓器の細胞診報告様式 その用語と背景について議論する」~肺癌細胞診の報告様式~.  第58回日本臨床細胞学会秋期大会,  岡山,  2019/11
6. ◎南部周平: バーチャルスライドカンファレンス 症例2.体腔液症例.  2019年度 千葉県臨床細胞学会 第1回研修会,  君津,  2019/07
7. ◎廣島健三: 中皮腫の病理診断.  第42回⽇本呼吸器内視鏡学会学術集会,  東京,  2019/07
8. ◎廣島健三: 中皮腫診断update〜中皮腫瘍取扱い規約の発行を踏まえて〜.  第60回日本臨床細胞学会総会(春期大会),  東京,  2019/06
9. ◎廣島健三,佐藤之俊,吉田功,柿沼廣邦,長尾俊孝,松林純,三宅真司, 中塚伸一, 眞能正幸,竹中明美,元井紀子,澁木康雄,南 優子,吉澤明彦, 羽場礼次,河原邦光: JSCC-JLCS による新たな判定基準の提案.  第60回日本臨床細胞学会総会(春期大会),  東京,  2019/06
10. ◎廣島健三: 呼吸器疾患と歩んだ40年.  2019年 千葉病理研究会,  千葉,  2019/05
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者