<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 看護学部看護職生涯発達学
概要 当該年度の研究費受入状況 学会発表


教授:
   吉武 久美子
助教:
   多久和 善子
   山口 紀子
■ 概要
看護職生涯発達学は、2004年本学独自に創設され、看護職者が経験を積むことの意味や価値を探求し、看護職を支援する教育・研究・実践活動を行っている。
個々の看護師のキャリアを支援すること、そのための創造的で独創的な仕組みづくりを探求している。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 0 0 0  1 2  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 山口紀子, 原美鈴, 草柳かほる, 菊池麻由美, 多久和善子: 働く場を移動した看護職への組織的なキャリア開発支援の実態の解明-看護師長がおこなう定着するための支援を中心に-.  第23回日本看護管理学会学術集会,  新潟,  2019/08
2. ◎原美鈴, 草柳かほる, 山口紀子, 多久和善子, 菊池麻由美: 働く場を移動した看護職への組織的なキャリア開発支援と能力再開発の方法を探る(第2弾).  第23回日本看護管理学会学術集会,  新潟,  2019/08
3. ◎多久和善子, 草柳かほる, 菊池麻由美, 原美鈴, 山口紀子: 働く場を移動した看護職への組織的なキャリア開発支援の実態の解明-看護部長・人事担当者からみた定着するための支援を中心に-.  第23回日本看護管理学会学術集会,  新潟,  2019/08
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者