<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 次 >>>
 看護学部看護職生涯発達学
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   吉武 久美子
助教:
   多久和 善子
   山口 紀子
■ 概要
看護職生涯発達学は、2004年本学独自に創設され、看護職者が経験を積むことの意味や価値を探求し、看護職を支援する教育・研究・実践活動を行っている。
個々の看護師のキャリアを支援すること、そのための創造的で独創的な仕組みづくりを探求している。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 4 0 0 0  0 1 0 0  1 4  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
総説及び解説
1. 小薬祐子, 佐藤亜月子, 志田久美子, 吉田千鶴, 城野美幸:  基礎看護技術演習に臨地実習指導者が参加したことによる1年次前期の学生に及ぼす影響.  帝京科学大学紀要  15 :115-119 , 2019
2. 志田久美子, 小薬祐子, 佐藤亜月子, 吉田千鶴, 城野美幸:  初めて基礎看護技術に参加した臨地実習指導者の学び.  帝京科学大学紀要  15 :115-119 , 2019
3. 小薬祐子, 佐久間あゆみ, 吉田千鶴, 佐藤亜月子, 志田久美子, 城野美幸:  基礎看護技術演習に向けて実習病院との協働を目指した取り組み-臨地実習指導者参加型の教育方法を用いた基礎看護技術演習の試み-.  帝京科学大学紀要  15 :177-184 , 2019
4. 糸井和佳, 富岡由美, 伊藤靖代, 吉田一子, 大西奈保子, 吉田千鶴, 岡村千鶴, 梅津靖江:  臨地実習委員会2017年度活動報告-実習施設と大学の連携強化を目指した実習指導者連絡会の試み-.  帝京科学大学紀要  2019 :255-259 , 2019
ページの先頭へ
■ 著書
1. 佐藤紀子, 新井麻紀子, 佐久間和幸, 味木由佳, 伊能美和, 小川美咲, 村越望, 内藤茂幸, 鈴木真由美, 若林留美, 三好麻実子, 高柴律子, 村上優子, 吉田千鶴, 長尾祥子, 遠藤敏子, 多久和善子, 在間絹苗, 門田蓉子, 宮坂文緒, 江畑典子, 植村由美子, 水谷桂子, 山口紀子, 友岡道子, 土蔵愛子, 吉田澄恵, 古島幸江, 大谷則子, 菊池麻由美, 古都昌子, 上田理恵, 宮子あずさ:  つまずき立ち上がる看護職たち 臨床の知を劈く看護職生涯発達学.  つまずき立ち上がる看護職たち 臨床の知を劈く看護職生涯発達学  159-165.  医学書院,  東京, 2019
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 吉田千鶴: 介護施設で働く中年看護師が他者理解を通して自己を変化させてゆくプロセス-プロセスの始まりに焦点を当てて-.  日本看護科学学会学術集会,  金沢,  2019/12
2. 山口紀子, 原美鈴, 草柳かほる, 菊池麻由美, 多久和善子: 働く場を移動した看護職への組織的なキャリア開発支援の実態の解明-看護師長がおこなう定着するための支援を中心に-.  第23回日本看護管理学会学術集会,  新潟,  2019/08
3. ◎原美鈴, 草柳かほる, 山口紀子, 多久和善子, 菊池麻由美: 働く場を移動した看護職への組織的なキャリア開発支援と能力再開発の方法を探る(第2弾).  第23回日本看護管理学会学術集会,  新潟,  2019/08
4. ◎多久和善子, 草柳かほる, 菊池麻由美, 原美鈴, 山口紀子: 働く場を移動した看護職への組織的なキャリア開発支援の実態の解明-看護部長・人事担当者からみた定着するための支援を中心に-.  第23回日本看護管理学会学術集会,  新潟,  2019/08
5. 古都昌子, 鈴木佳代, 吉田千鶴, 佐久間和幸, 新井麻紀子, 大谷則子, 古島幸江, 鈴木真由美: 看護学生の『臨床の知』から響きあう看護学実習を再考する.  日本看護教育学会学術集会,  沖縄,  2019/08
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者