<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 東医療センター 骨盤底機能再建診療部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   巴 ひかる
■ 概要
特徴
腹圧性尿失禁、過活動膀胱、骨盤臓器脱、間質性膀胱炎などを始めとする下部尿路疾患に対し、最先端の診療と治療を行っています。
男性の下部尿路疾患である前立腺肥大症、前立腺癌、前立腺癌術後尿失禁に対しても、最適な薬物療法や手術療法を行っています。
優れた医療技術
腹圧性尿失禁に対する中部尿道スリング手術であるTVT手術、TOT手術。
骨盤臓器脱(膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤、膣断端脱など)に対するメッシュを利用した骨盤底形成術であるTVM手術および腹腔鏡下仙骨膣固定術。
間質性膀胱炎に対する診断と、麻酔下膀胱水圧拡張術、経尿道的潰瘍凝固術。
前立腺癌術後の男性腹圧性尿失禁に対する人工尿道括約筋植え込み術。
神経因性膀胱に対するウロダイナミック・スタディーを用いた診断と治療。
など、排尿機能を中心としたQOL疾患に対して、日本はもちろん世界的にも最高の治療を提供しています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 0 0 0 1  0 2 0 0  4 3  1 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
総説及び解説
1. WHITMOREW Kristene E, FALL Magnus, SENGIKU Atsushi, TOMOE Hikaru, LOGADOTTIR Yr, KIM Young Ho:  Hunner lesion versus non-Hunner lesion interstitial cystitis/bladder pain syndrome.  International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association  26 Suppl 1 :26-34 , 2019.6
2. 巴ひかる:  【これ一冊でパーフェクト!!泌尿器科薬物療法】10.神経因性下部尿路機能障害 副交感神経刺激薬.  泌尿器外科  32 (特別号) :294-297 , 2019.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 巴ひかる:  【特集:高齢者における下部尿路症状(LUTS)】序文.  Geriatric Medicine  645.  (株)ライフ・サイエンス,  東京, 2019.7
2. 巴ひかる:  よくわかる中高年の排尿トラブル【尿失禁と頻尿の治療法】.  尿もれ・頻尿を自力で解決する本  24-25.  株式会社主婦の友社,  東京, 2019.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎TOMOE Hikaru: Uterine Preservation in POP Surgery.  14th Pan-Pacific Continence Society Annual Meeting,  Sydney,Australia,  2019/07
2. ◎巴ひかる: 骨盤臓器脱の診断と治療.  第71回西日本泌尿器科学会総会,  島根,  2019/11
3. ◎巴ひかる: 複数診療科が関わる骨盤臓器脱の治療.  第44回日本外科系連合学会学術集会,  金沢,  2019/06
4. ◎山下かおり, 巴ひかる: 完全子宮脱に対するTMV手術により直腸脱も治癒した一例.  第29回骨盤外科機能温存研究会,  東京,  2019/06
5. ◎山下かおり, 堀内俊秀, 林田章宏, 橘秀和, 土岐大介, 水谷一夫, 巴ひかる: 難治性過活動膀胱に対して仙骨神経刺激療法を行った3例.  第107回日本泌尿器科学会総会,  名古屋,  2019/04
6. ◎巴ひかる: TVT手術とTOT手術の使い分けと私のコツ.  第107回日本泌尿器科学会総会,  名古屋,  2019/04
7. ◎堀内俊秀, 橘秀和, 林田章宏, 土岐大介, 山下かおり, 水谷一夫, 巴ひかる, 近藤恒徳: 進行腎癌に対して分子標的薬治療中に透析導入に至った4例.  第107回日本泌尿器科学会総会,  名古屋,  2019/04
8. ◎巴ひかる: 女性下部尿路症状の診断・治療のポイント.  第71回日本産婦人科学会学術講演会,  名古屋,  2019/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者