<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 東医療センター 骨盤底機能再建診療部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   巴 ひかる
■ 概要
特徴
腹圧性尿失禁、過活動膀胱、骨盤臓器脱、間質性膀胱炎などを始めとする下部尿路疾患に対し、最先端の診療と治療を行っています。
男性の下部尿路疾患である前立腺肥大症、前立腺癌、前立腺癌術後尿失禁に対しても、最適な薬物療法や手術療法を行っています。
優れた医療技術
腹圧性尿失禁に対する中部尿道スリング手術であるTVT手術、TOT手術。
骨盤臓器脱(膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤、膣断端脱など)に対するメッシュを利用した骨盤底形成術であるTVM手術および腹腔鏡下仙骨膣固定術。
間質性膀胱炎に対する診断と、麻酔下膀胱水圧拡張術、経尿道的潰瘍凝固術。
前立腺癌術後の男性腹圧性尿失禁に対する人工尿道括約筋植え込み術。
神経因性膀胱に対するウロダイナミック・スタディーを用いた診断と治療。
など、排尿機能を中心としたQOL疾患に対して、日本はもちろん世界的にも最高の治療を提供しています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 0 0 0 1 2  0 3 0 0  2 8  4 0  0 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 巴ひかる:  【もっと身近に! Female Urologyを学ぶ】腹圧性尿失禁に対する治療 中部尿道スリング手術.  臨床泌尿器科  73 (2) :126-129 , 2019.2
2. Gomelsky Alex, Athanasiou Stavros, Choo Myung-Soo, Cosson Michel, Dmochowski Roger R, Gomes Cristiano M, Monga Ash, Nager Charles W, Ng Roy, Rovner Eric S, Sand Peter, Tomoe Hikaru:  Surgery for urinary incontinence in women: Report from the 6th international consultation on incontinence.  Neurourology and urodynamics  38 (2) :825-837 , 2019.2
3. DRAKE Marcus J, FRY Christopher H, HASHITANI Hikaru, KIRSCHNER-HERMANNS Ruth, RAHNAMA'I Mohammad S, SPEICH John E, TOMOE Hikaru, KANAI Anthony J, McCLOSKEY Karen D:  What are the origins and relevance of spontaneous bladder contractions? ICI-RS 2017.  Neurourology and urodynamics  37 (S4) :S13-S19 , 2018.6
総説及び解説
1. 巴ひかる:  指定難病最前線(Volume 66) 間質性膀胱炎(ハンナ型).  新薬と臨牀  67 (8) :987-992 , 2018.8
2. 巴ひかる:  「腹腔鏡下仙骨膣固定術における術後腹圧性尿失禁とメッシュの固定方法に関する検討」への査読者からのコメント.  日本排尿機能学会誌  28 (2) :356 , 2018.5
症例報告
1. YAMASHITA Kaori, TOMOE Hikaru*, HAYASHIDA Akihiro, HORIUCHI Toshihide:  Tension-free vaginal mesh operation for concomitant rectal and uterine prolapse: A case report.  Urology case reports  22 :28-30 , 2019.1
ページの先頭へ
■ 著書
1. 巴ひかる:  19.泌尿器科疾患
膀胱膣瘻,尿管膣瘻.  今日の治療指針 私はこう治療している 2019  1198-1199.  医学書院,  東京, 2019.1
2. 山下かおり, 羽鳥由美, 巴ひかる:  【まるごと女性泌尿器科の治療とケア】 11間質性膀胱炎の生活指導.  Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure  58-61.  (株)メディカ出版,  東京, 2018.10
3. 岩元 香奈, 本間 千恵, 巴 ひかる:  【後期研修医がおさえておきたい泌尿器手術TOP30 適応判定と周術期管理】 オープンサージェリー 尿失禁の手術.  泌尿器外科  252-261.  医学図書出版(株),  東京, 2018.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎TOMOE Hikaru: Treatment for Female Stress Urinary Incontinence.  THe Joint Session of the 13th Japanese Society of POP Surgery and 6th Annual Meeting of the Asia-pacific Urogynecology Association,  Okinawa,  2019/03
2. ◎TOMOE Hikaru: Intravesical and surgical treatment for interstitial cystitis/bladder pain syndrome.  The 6th Annual Meeting of the Asia-Pacific Urogynecology Association,  Okinawa,  2019/03
3. ◎TOMOE Hikaru: What is to be expected in the treatment of interstitial cystitis/bladder pain syndrome(IC/BPS)in the future?.  The 4th International Consultation on Interstitial Cystitis,Japan,  Kyoto,  2018/04
4. ◎TOMOE Hikaru: Part1:Lectures Tapes for SUI.  Asian Society for Female Urology(ASFU)Symposium,  Kyoto,  2018/04
5. ◎林田章宏, 堀内俊秀, 橘秀和, 土岐大介, 山下かおり, 水谷一夫, 巴ひかる, 近藤恒徳: 当院におけるロボット支援膀胱全摘除術の初期経験.  第32回日本泌尿器内視鏡学会総会,  仙台,  2018/11
6. ◎林田章宏, 堀内俊秀, 橘秀和, 土岐大介, 山下かおり, 水谷一夫, 巴ひかる, 近藤恒徳: 進行尿路上皮癌に対するPembrolizumab投与の検討.  第83回日本泌尿器科学会東部総会,  東京,  2018/10
7. ◎堀内俊秀, 橘秀和, 林田章宏, 土岐大介, 山下かおり, 水谷一夫, 巴ひかる, 近藤恒徳: 当院における去勢抵抗性前立腺癌に対してCabazitaxelを使用した3例.  第83回日本泌尿器科学会東部総会,  東京,  2018/10
8. ◎山下かおり, 巴ひかる: 陰唇癒着症の2例.  第25回日本排尿機能学会,  名古屋,  2018/09
9. ◎小内友紀子, 巴ひかる: FLUTSの病態.  第25回日本排尿機能学会,  名古屋,  2018/09
10. 辻村晃, 福原慎一郎, 千葉公嗣, 菊地栄次, 吉澤剛, 巴ひかる, 木村和哲, 佐藤嘉一, 永井敦, 永尾光一, 並木幹夫: 日本性機能学会員を対象とした陰茎プロステーシスに関する実態調査.  第29回日本性機能学会,  神戸,  2018/09
全件表示(16件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者