<<< 前 2020年度 2021年度 2022年度
 足立医療センター 産婦人科
概要 当該年度の研究費受入状況 学会発表


教授:
   橋本 和法
   村岡 光恵
准教授:
   長野 浩明
講師:
   一戸 晶元
助教:
   森田 吉洋
   赤澤 宗俊
   上野 麻理子
   古川 由理
■ 概要
地域中核病院としての診療とともに,大学病院としての教育,研究の両面の機能を担っている。
診療科の構成 産科・婦人科
特徴および特色
            産科(周産期):周産期新生児診療部(NICU9床、GCU18床)と連携し、地域周産母子センターとして、内科をはじめとする他                    科との連携を密にした周産期管理
            婦人科    :子宮筋腫、子宮癌、卵巣腫瘍、不妊・内分泌疾患、その他の婦人科疾患の手術治療、思春期、更年期の不安                    愁訴の診断治療、性器脱の治療、生理不順や月経困難症の診断治療
主な検査項目 経腹・経腟超音波検査、子宮癌検査(細胞診、組織診)、膣拡大鏡診、CT、MRI、ホルモン検査、骨密度検査
主な手術・処置 経腹手術:子宮癌手術、卵巣癌手術、子宮筋腫手術
            経腟手術:子宮頸部円錐切除術、子宮筋腫手術、子宮脱手術、子宮頸管縫縮術
            腹腔鏡手術:不妊症の診断、多嚢胞卵巣の治療、子宮外妊娠手術、卵巣嚢腫切除術、腹腔鏡補助下腟式子宮全摘手術
特殊外来 不妊・内分泌外来/腫瘍外来/思春期外来/超音波外来/ハイリスクエコー外来
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 0 0 0  2 1  1 0  0 3
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Nagano Hiroaki, Ichinoe Akimasa, Hashimoto Kazunori: Significance of the peritoneal washing cytology as a predictive factor of the long-term benefit of secondary debulking surgery for ovarian cancer.  23rd European congress on gynaecological oncology,  Berlin,  2022/10
2. ◎橋本弥生, 長野浩明, 朝倉美香, 田中利蓉子, 須知慧子, 河野智穂, 春日みさき, 古川由理, 上野麻理子, 森田吉洋, 一戸晶元, 橋本和法: 卵巣癌術後に腫瘍随伴性ネフローゼ症候群を呈した1例.  第402回 東京産科婦人科学会例会,  東京,  2022/09
3. ◎田中利蓉子, 長野浩明, 赤澤宗俊, 上野麻理子, 一戸晶元, 橋本和法: 子宮体癌術後の難治性乳糜腹水に苦慮した一例.  第74回日本産科婦人科学会学術集会,  福岡,  2022/08
4. ◎一戸晶元, 長野浩明, 朝倉美香, 大國谷彰人, 田中利蓉子, 橋本弥生, 河野智穂, 須知慧子, 春日みさき, 永井優吉, 岡本英恵, 古川由理, 赤澤宗俊, 上野麻理子, 森田吉洋, 橋本和法: 当院における肺転移を認めた再発子宮体癌5症例の検討.  第64回日本婦人科腫瘍学会学術講演会,  久留米,  2022/07
5. 一戸晶元, 長野浩明: 進行卵巣癌治療について
手術療法と新規治療を中心に
自験例をもとに.  第4回城東Ovarian Cancer Seminar「JOTO卵巣癌診療Up to Date」,  東京,  2022/11
全件表示(7件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者