<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 法医学
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   木林 和彦
准教授:
   島田 亮
講師:
   多木 崇
助教:
   中尾 賢一朗
   町田 光世
   多々良 有紀
■ 概要
東京女子医科大学医学部法医学講座
東京女子医科大学医学部法医学講座
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  基盤研究(B)  (研究課題番号:19H03917)
 研究課題:外傷性脳損傷の増悪機序としての持続的脳内DNA損傷の解析  (研究代表者:木林和彦)
 研究補助金:13,500,000円  (代表)
2.  基盤研究(C)  (研究課題番号:19K10695)
 研究課題:外傷性脳損傷に対する髄膜リンパ管の役割  (研究代表者:島田 亮)
 研究補助金:1,700,000円  (代表)
3.  基盤研究(B)  (研究課題番号:18H00802)
 研究課題:刑事責任の拡散と収斂―人、法人、AI 研究課題  (研究分担者:木林和彦)
 研究補助金:150,000円  (分担)
4.  基盤研究(C)  (研究課題番号:18K10136)
 研究課題:損傷微量DNAにおけるSTR解析に最適な前処理方法の開発  (研究代表者:町田光世)
 研究補助金:900,000円  (代表)
5.  若手研究  (研究課題番号:18K17420)
 研究課題:糖尿病影響下における外傷性脳損傷の増悪機序の解明  (研究代表者:多々良有紀)
 研究補助金:700,000円  (代表)
全件表示(7件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 4 4 1  0 0 0 0  0 0  1 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kibayashi Kazuhiko*:  Prevention of head trauma and death in patients with head injuries: A forensic autopsy study.  IATSS Research (Elsevier)  43 (2) :71-74 , 2019.7
2. Nakao Ken-ichiro *, TATARA Yuki:  An analysis of alcohol and drug intake in forensic autopsy cases of traffic fatalities.  IATSS Research (Elsevier)  43 (2) :75-78 , 2019.7
3. Tominaga T, Shimada R*, Okada Y, Kawamata T, Kibayashi K:  Senescence-associated-β-galactosidase staining following traumatic brain injury in the mouse cerebrum.  PLOS ONE  14 (3) :e0213673 , 2019.5
総説及び解説
1. Taki Takashi*, Machida Mitsuyo, Shimada Ryo:  Trends of traffic fatalities and DNA analysis in traffic accident investigation.  IATSS Research (Elsevier), 43(2), 84-89, 2019  43 (2) :84-89 , 2019.7
その他
1. Machida Mitsuyo*, Kibayashi Kazuhiko:  91. Machida M, Kibayashi K. Investigation of the efficiency of whole genome amplification prior to short tandem repeat analysis using degraded DNA. Journal: Forensic Science International: Genetics Supplement Series (in press).  Forensic Science International: Genetics Supplement Series  in press :in press , 2019.10
2. Kibayashi Kazuhiko*:  Analysis and prevention of traffic fatalities and injuries from the perspective of forensic medicine.  IATSS Research (Elsevier)  43 (2) :69-70 , 2019.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. MACHIDA Mitsuyo, KIBAYASHI Kazuhiko: Machida M, Kibayashi K. Investigation of the efficiency of whole genome amplification prior to short tandem repeat analysis using degradated DNA.  The 28th Congress of the International Society for Forensic Genetics,  Prague, The Czech Republic,  2019/09
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者