<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 薬理学
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   丸 義朗
准教授:
   平塚 佐千枝
講師:
   塚原 富士子
助教:
   家口 勝昭
   小林 奈津子
   瀧田 守親
   出口 敦子
   富田 毅
■ 概要
脳下垂体や甲状腺を中心とする内分泌薬理学の歴史をもつ。
2002年4月から(1)癌/白血病と(2)血管新生における分子生物学の研究歴をもつ丸義朗教授がくわわり、多くの研究領域を含有するこの2つの大きなテーマを掲げた。(1)では標的治療を意識した癌/白血病細胞の増殖制御、ゲノム不安定性とDNA修復の分子生物学、細胞周期、(2)では血管内皮細胞増殖因子、活性酸素産生分子群、炎症関連分子、熱ショック蛋白、フリーラジカルなどの研究をそれぞれ進める。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  基盤研究(C)  (研究課題番号:18K07245)
 研究課題:転移前肝微小環境形成因子による臓器決定性と腫瘍クロストーク  (研究代表者:出口敦子)
 研究補助金:1,400,000円  (代表)
2.  平成30年度 医療の基礎的、先駆的研究 助成事業
 研究課題:レクチン様酸化LDL受容体-1の全身性がん転移制御機構の解明  (研究代表者:丸義朗)
 研究補助金:9,000,000円  (代表)
3.  平成30年度 橋渡し研究戦略推進プログラム
 研究課題:S100A8を標的としたがん微小環境改善薬の開発  (研究代表者:丸義朗)
 研究補助金:2,000,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 2 2 1  0 1 0 0  1 0  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Tomita Takeshi, Ieguchi Katsuaki, Takita Morichika, Tsukahara Fujiko, Yamada Masayuki, Egly Jean-Marc, Maru Yoshiro:  C1D is not directly involved in the repair of UV-damaged DNA but protects cells from oxidative stress by regulating gene expressions in human cell lines.  Journal of biochemistry  :Epub ahead of print , 2018.8
2. TAKITA Morichika*, TSUKAHARA Fujiko, MISHIMA Taishi, IEGUCHI Katsuaki, YAMADA Masayuki, HONDA Hiroaki, MARU Yoshiro*:  Paradoxical counteraction by imatinib against cell death in myeloid progenitor 32D cells expressing p210BCR-ABL.  Oncotarget  9 (60) :31682-31696 , 2018.8 Link
3. Hiratsuka S, Tomita T, Mishima T, Matsunaga Y, Omori T, Ishibashi S, Yamaguchi S, Hosogane T, Watarai H, Omori-Miyake M, Yamamoto T, Shibata N, Watanabe A, Aburatani H, Tomura M, High KA, Maru Y.:  Hepato-entrained B220+CD11c+NK1.1+ cells regulate pre-metastatic niche formation in the lung.  EMBO Molecular Medicine  10 (7) :pii: e8643 , 2018.7
ページの先頭へ
■ 著書
1. 出口 敦子, 丸 義朗:  【自然免疫の最前線】 自然免疫系による疾患の誘導と制御 がん転移と自然免疫.  医学のあゆみ  1271-1275.  医歯薬出版(株),  日本, 2018.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Niida-Kawaguchi M, Tsukahara F, Sudou N, Yamamoto T, Sawada M, Maru Y, Watabe K, Shibata N: Selective autophagy eliminates ALS-related mutant SOD1 protein in cultured microglia.  19th International Congress of Neuropathology,  Tokyo,Japan,  2018/09
2. ◎塚原富士子: 新しい臨床研究法.  第48回日本腎臓学会東部学術大会,  東京,  2018/10
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者