(最終更新日:2022-03-15 17:46:29)
  デグチ アツコ
  出口 敦子
   所属   医学部 医学科  薬理学
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  Metastatic Cancer Stem Cell Niche and the Tolllike Receptor 4 (TLR4)-mediated Premetastatic Microenvironment, Cancer Metastasis and Cancer Stem Cell/Niche 2016
2. 部分執筆  【がん微小環境と標的治療 がん幹細胞ニッチ、間質、血管・リンパ管新生の理解に基づく21世紀の新たながん治療】 (第3章)がんにおける血管・リンパ管新生 がんの転移前ニッチ「実験医学」 2015/03
3. 部分執筆  がん転移と自然免疫「自然免疫の最前線」 2018/06
■ 学術雑誌
1. 原著  S100A8 may govern hyper-inflammation in severe COVID-19. 2021/09
2. 原著  Lung Tumor Cell Recruitment Assay. 2019/02 Link
3. 総説  Dickkopf-1 helps metastasis by immune evasion. Comment on: Malladi S, Macalinao DG, Jin X, et al. Metastatic latency and immune evasion through autocrine inhibition of WNT. Cell 2016;165:45-60. 2017/10
4. 原著  Histone deacetylase inhibitor panobinostat induces calcineurin degradation in multiple myeloma. 2016/04
5. 原著  Eritoran inhibits S100A8-mediated TLR4/MD-2 activation and tumor growth by changing the immune microenvironment. 2016
全件表示(25件)
■ 学会発表
1. S100A8を標的とした新規がん微小環境改善薬の開発 (シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2022/02/21
2. Inflammation-associated premetastatic niche formation and cancer metastasis (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2021/09/30
3. Toll様受容体依存性転移前ニッチ形成における免疫応答の作用機序の解明 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/03/06
4. 転移前ニッチ形成を標的とした新規がん治療への展開 (口頭発表,一般) 2018/02/24
5. 胃がん進展におけるToll様受容体内因性リガンドの作用 (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/10/27
全件表示(9件)
■ 主要学科目
治療の基礎
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/05~2023/03  転移前微小環境形成を標的とした新規多価型ペプチドがん治療薬の開発 日本医療研究開発機構 
2. 2021/04~2024/03  転移前肝微小環境形成因子による転移幹細胞維持と転移促進の分子機序 基盤研究(C) 
3. 2019/10~2020/10  転移前肝ニッチ形成因子による肝転移促進の分子機序 アステラス病態代謝研究会研究助成 
4. 2018/04~2022/03  転移前肝微小環境形成による臓器決定性と腫瘍クロストーク 基盤研究(C) 
5. 2015/04~2018/03  転移前肝微小環境形成による転移促進の分子機序 基盤研究(C) 
全件表示(9件)
■ 講師・講演
1. 2021/03/24 Toll様受容体を介した転移前微小環境形成による転移促進の分子機序
2. 2014/04/26 自然炎症によるがん微小環境の構築
3. 2014/01/08 自然免疫と転移前癌微小環境
■ 所属学会
1. 日本癌学会
2. 米国癌学会
■ 学歴
1. 慶應義塾大学大学院 博士課程修了 博士(工学)
■ 職歴
1. 1999/10~2003 Herbert Irving Comprehensive Cancer Center, Columbia University 研究員
2. 2003~2005/06 Herbert Irving Comprehensive Cancer Center, Columbia University 研究員
3. 2005/07~2010/03 京都大学大学院医学研究科遺伝薬理学教室 研究員