<<< 前 2022年度 2023年度 2024年度
 病理診断科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   長嶋 洋治
   古川 徹
准教授:
   種田 積子
   山本 智子
講師:
   吉澤 佐恵子
助教:
   井藤 奈央子
   関 敦子
■ 概要
病理診断科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 0 0 2  0 1 0 0  0 2  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Oki Rikako, Unagami Kohei, Banno Taro, Hirai Toshihito, Omoto Kazuya, Shimizu Tomokazu, Taneda Sekiko, Hoshino Junichi, Takagi Toshio, Ishida Hideki,:  Renal outcome of living kidney donors aged more than 70 years.  Clinical and experimental nephrology  :online , 2024.4   DOI:10.1007/s10157-024-02488-5
2. HATTORI Motoshi*, ISHIZUKA Kiyonobu, KANDA Shoichiro, MIURA Kenichiro, SHIRAI Yoko, ANDO Taro, ITO Naoko, TANABE Kenji, HASHIMOTO Junya, HAMASAKI Yuko, HOTTA Kiyohiko, HONDA Kazuho, TAKANO Tomoko:  A multi-institutional study found a possible role of anti-nephrin antibodies in post-transplant focal segmental glomerulosclerosis recurrence.  Kidney international  105 :608-617 , 2024   DOI:10.1016/j.kint.2023.11.022
総説及び解説
1. 三上修治*、大江知里、大橋瑠子、長嶋洋治:  腎細胞癌の病理学的予後因子.  病理と臨床  42 (5) :459-464 , 2024.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 種田積子、長嶋洋治:  10. 臓器別疾患、腎臓・泌尿器疾患.  歯学生のための基礎病理学  308-315.  医歯薬出版株行会社,  東京都, 2024.5 Link
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎小島 貴,菊地良直,安井万里子,沼倉里枝,藤倉睦生,望月 眞,佐野竣亮, 南 秀坪,向山淳児,笠井亮子,赤嶺 亮,河野純一,石井美樹子,柳井広之, 長嶋洋治,笹島ゆう子: 胸椎転移を来したコハク酸脱水素酵素欠損性腎細胞癌の一例.  第65回日本臨床細胞学会総会(春期大会),  大阪,  2024/06
2. ◎村上佳織,清水絢子,白石 彩,橋本哲也,富所貴美子,野並裕司,増井憲太,山本智子,長嶋洋治: 中間型松果体実質腫瘍(PPTID)の 1 例.  第65回日本臨床細胞学会総会(春期大会),  大阪,  2024/06
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者