<<< 前 2020年度 2021年度 2022年度
 病理診断科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   長嶋 洋治
   古川 徹
准教授:
   種田 積子
   山本 智子
講師:
   吉澤 佐恵子
助教:
   井藤 奈央子
   宇都 健太
   宮川 敦子
   守屋 裕子
■ 概要
病理診断科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 0 0 0 4  0 1 0 0  0 12  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Ozaki A, Motomura H, Tamori S, Onaga C, Nagashima Y, Kotori M, Matsuda C, Matsuda A, Mochizuki N, Sato T, Hara Y, Sato K, Miyagi Y, Nagashima Y, Hanawa T, Harada Y, Xiong Y, Sasaki K, Ohno S, Akimoto K*:  High expression of p62 and ALDH1A3 is associated with poor prognosis in luminal B breast cancer.  Anticancer research  in press :in press , 2022.6
2. Pan C-C◎, Tseng C-E, Kuroda N, Yano M, Yasuda M, Nagashima Y, Yeh Y-C, Wang Y-C, Chang Y-H, Epstein J:  Molecular Characterization of Metanephric Adenoma, Epithelial Wilms Tumor and Overlap Lesions: An Integrated Whole Exome and Transcriptome Sequencing Analysis.  APPLIED IMMUNOHISTOCHEMISTRY & MOLECULAR MORPHOLOGY  30 (4) :257-263 , 2022.4   DOI:10.1097/PAI.0000000000000996
総説及び解説
1. 長嶋洋治*、池口歩美、稲垣茉里子、高木敏男:  腎細胞癌の病理診断.  Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology  70 (6) :537-542 , 2022.7
症例報告
1. MIURA Hiroyuki*, MIURA Jun, GOTO Shinichi, YAMAMOTO Tomoko:  Ovarian serous carcinoma in which mediastinal recurrence of the cancer was resected 16 years after surgery: A case report.  Respirology case reports.  :2022;10:e0988 , 2022.5   DOI:10.1002/rcr2.988
2. Oki Rikako, Unagami Kohei, Taneda Sekiko, Takagi Toshio, Ishida Hideki:  Treatment with bortezomib for recurrent proliferative glomerulonephritis with monoclonal IgG deposits in kidney allograft. Case report and review of the literature.  Journal of Nephrology  online ahead of print :x-x , 2022.5   DOI:10.1007/s40620-022-01332-x
ページの先頭へ
■ 著書
1. 種田積子, 長嶋洋治:  10. 臓器別疾患、腎臓・泌尿器疾患.  歯学生のための基礎病理学  in press.  医歯薬出版株式会社,  東京, 2022.10
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 藤澤俊介◎,原琢人,平田淳一郎,板東由加里,岡田桂輔,寺川智章,千葉公嗣,古川順也,重村克巳,中野雄造,藤澤正人,兵頭俊紀,長嶋洋治: 腎芽腫治療後に対側腎に生じた転座型腎細胞癌に対してロボット支援下腎部分切除術を施行した1例.  第250回日本泌尿器科学会関西地方会,  神戸(神戸大学医学部内シスメックスホール・共通カンファレスルーム),  2022/06
2. ◎岡村幸宜, 津久井亮太, 山本智子, 渡部和彦, 柴田亮行: 培養アストロサイトにおけるfukutinの新規機能.  第63回日本神経病理学会総会学術研究会,  京都,  2022/06
3. 松岡大輔、川岸裕幸、井藤奈央子、長嶋洋治、山田充彦: 後腎発生におけるアンジオテンシンII1型受容体下流シグナルの検討.  第57回小児腎臓病学会学術集会,  沖縄,  2022/05
4. 服部元史, 石塚喜世伸, 金子直人, ◎三浦健一郎, 白井陽子, 安藤太郎, 江口誠, 本田一穂, 種田積子: 血小板減少を伴わず、糸球体基底膜の菲薄化と多層化を認めたEpstein症候群の1例.  第57回日本小児腎臓病学会学術集会,  宜野湾市,  2022/05
5. 服部元史, 石塚喜世伸, 金子直人, 安藤太郎, 江口誠, 種田積子, 小池淳樹, ◎白井陽子, 三浦健一郎, 本田一穂, 山口裕: 巣状分節性糸球体硬化症の移植後再発例における1時間生検検体でのスリット膜関連分子のエンドサイトーシスの関与.  第57回日本小児腎臓病学会学術集会,  宜野湾市,  2022/05
全件表示(12件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者