<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 | 2021年度 次 >>>
 臨床工学部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


■ 概要
東京女子医科大学臨床工学部
平成14年8月、それまで各診療科に所属していた臨床工学技士が中央部門の一組織として「臨床工学部」に統合され、平成16年7月1日、新しい診療科として「臨床工学科」が設立された。臨床工学部設立後も平成19年3月まで、部内技士は7部署に分かれて勤務していたが、現在3部門(第1病棟部門、西側部門、中央・東側部門)からなる新しい組織体制で、総勢67名の技士で診療支援業務ならびに機器管理業務を行なっている。
また、平成18年12月の八千代医療センターの開院に伴い、12名の臨床工学技士が診療支援にあたっており、本院臨床工学部と一体化した組織体制となっている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 1 1 0  0 0 0 0  3 5  0 3  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Abe Takayuki, Ishimori Isao, Murakami Jun, Mineshima Michio, Hanafusa Norio, Nitta Kosaku, Tsuchiya Ken:  In vitro Evaluation of Solute Removal Characteristics in Intermittent Infusion Hemodiafiltration.  Blood purification  21 :1-6 , 2019.11   DOI:10.1159/000503875.
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 瀧澤亜由美, 石森勇, 村上淳, 金子岩和, 峰島三千男, 花房規男, 土谷健, 新田孝作: カンボジア日本友好血液浄化センターへの支援と今後の展望.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
2. 安部貴之, 土谷健, 新田孝作, 鈴木聡: VA管理標準化のための課題~機種の異なる超音波診断装置による上腕動脈流量測定値の違い~.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
3. Abe Takayuki, Hanafusa Norio, Mineshima Michio, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku: Educational System of Vascular Access Puncture Skills and Vascular Access Management in the Field of Dialysis in Japan.  Taiwan Society for Vascular Surgery,  Kaohsiung, Taiwan,  2019/05
4. ◎新川武史, 加藤篤志, 中山祐樹, 寶亀亮悟, 新浪博士: フォンタン再手術時における人工心肺の工夫.  第22回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会,  東京都江東区,  2020/01
5. ◎加藤篤志, 雨宮利貴, 吉本匠, 山中源治, 西中知博, 駒ヶ嶺正英, 飯塚慶, 齋藤聡, 新浪博士: EVAHEART LVAS 摺動面の違いによる流路完全閉塞時の漏出量に関する検討.  第57回日本人工臓器学会大会(JSAO 2019),  大阪市,  2019/11
全件表示(11件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者