<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 臨床工学部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


■ 概要
東京女子医科大学臨床工学部
平成14年8月、それまで各診療科に所属していた臨床工学技士が中央部門の一組織として「臨床工学部」に統合され、平成16年7月1日、新しい診療科として「臨床工学科」が設立された。臨床工学部設立後も平成19年3月まで、部内技士は7部署に分かれて勤務していたが、現在3部門(第1病棟部門、西側部門、中央・東側部門)からなる新しい組織体制で、総勢67名の技士で診療支援業務ならびに機器管理業務を行なっている。
また、平成18年12月の八千代医療センターの開院に伴い、12名の臨床工学技士が診療支援にあたっており、本院臨床工学部と一体化した組織体制となっている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 0 0 0  0 0 0 0  0 4  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
症例報告
1. 服部元史*, 世川修, 石塚喜世伸, 薮内智朗, 金子直人, 三浦健一郎, 滝澤慶一, 久富隆太郎, 佐藤泰征, 戸津五月, 内山温, 中西秀彦, 鶴田敏久, 金子岩和, 清水幹夫, 花房規男, 土谷健, 岩崎由佳, 藤野修平, 加藤元博:  胎児水腫、腫瘍崩壊症候群を呈し急性血液浄化療法を施行した先天性白血病の1例.  日本小児腎不全学会雑誌  38 :186-189 , 2018.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 岡澤圭祐, 若山功治, 塚田三佐緒, 石森勇, 村上淳, 金子岩和, 花房規男, 峰島三千男, 新田孝作, 土谷健: InBodyS10を用いることで迅速かつ安全に体液過剰状態を改善させることが可能であった1例.  第24回日本腹膜透析医学会,  徳島,  2018/10
2. 宮尾亜矢子, 塚田三佐緒, 石森勇, 村上淳, 金子岩和, 花房規男, 峰島三千男, 新田孝作, 土谷健: 臨床工学技士の腹膜透析業務への介入.  第24回日本腹膜透析医学会,  徳島,  2018/10
3. 塚田三佐緒, 三和奈穂子, 花房規男, 若山功治, 廣川牧子, 峰島三千男, 新田孝作, 土谷健: 腹膜透析患者における体液状態と残腎機能低下との関連についての検討.  第24回日本腹膜透析医学会,  徳島,  2018/10
4. 平川晋也, 塚田三佐緒, 石森勇, 村上淳, 峰島三千男, 土谷まり子, 新田孝作, 土谷健: タイダルPDを利用したAPD排液モニタリングシステムのための排液採取条件の検討.  第24回日本腹膜透析医学会,  徳島,  2018/10
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者