<<< 前 2014年度 2015年度 2016年度 | 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 中央検査部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 2 8 0 0 2  0 1 0 0  4 26  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 近藤真樹, 田村孝子, 三浦ひとみ, 佐藤麻子:  コアプレスタ2000を用いた新規FDP試薬「リアスオートP-FDP」の評価と現行試薬との乖離例についての解析報告.  臨床病理  第65巻 (1号) :19-25 , 2017.1
2. NAKADA Yasuyuki, YAMAMOTO Izumi*, HORITA Shigeru, KOBAYASHI Akimitsu, MAFUNE Aki, KATSUMATA Haruki, YAMAKAWA Takafumi, KATSUMA Ai, KAWABE Mayuko, TANNO Yudo, OHKIDO Ichiro, TSUBOI Nobuo, YAMAMOTO Hiroyasu, OKUMI Masayoshi, ISHIDA Hideki, YOKOO Takashi, TANABE Kazunari:  The prognostic values of caveolin-1 immunoreactivity in peritubular capillaries in patients with kidney transplantation.  Clinical transplantation  3 (11) :1417-1424 , 2016.11
3. 菊野晃, 加藤博之, 坂本輝彦, 清水悟, 大塚洋子, 山田理恵子, 成高義彦, 藤林眞理子:  大腸腫瘍における腫瘍組織テロメラーゼに関する検討.  東京女子医科大学雑誌  86 (4) :22-29 , 2016.8
4. 小原義宏, 竹内幸一*, 大沢奈津子, 蛭田正子, 鈴木敦, 中居賢司, 芦原京美, 志賀剛, 萩原誠久:  ベクトル合成187チャネル高分解能心電計を用いた心室遅延電位の判定基準とその妥当性の評価.  心電図  36 (2) :107-117 , 2016.6
5. 石塚 敏1),安尾 美年子1),小林 悠梨1),甲斐 耕太郎2),岩藤 和広2),村上 徹2),北島 久視子2),中島 一朗2),渕之上 昌平2):  フローサイトメトリーによる補体結合性血液型抗A/B-IgG 抗体検出法の開発.  日本サイトメトリー学会  26 (1) :31-36 , 2016.6
全件表示(8件)
総説及び解説
1. 横山貴, 塚田三佐緒, 新田孝作:  技術講座 腹膜透析排液検査 腹膜透析排液検査の基礎知識(解説).  Medical Technology  45 (3) :296-301 , 2017.3
2. 安部貴之, 石森勇, 村上淳, 金子岩和, 三浦ひとみ, 木全直樹, 花房規男, 峰島三千男, 川島眞, 新田孝作, 土谷健:  医療従事者間のコラボレーションチーム医療に対する取り組みと検査部に期待すること 血液浄化療法における臨床工学技士の役割とチーム医療.  臨床病理  64 (7) :834-841 , 2016.7
症例報告
1. 橋本哲也, 金室俊子, 野並裕司, 山本智子, 澤田達男, 長嶋洋治:  乳腺原発 carcinoma with neuroendocrine features と診断された 4症例.  日本臨床細胞学会雑誌  55 (6) :382-387 , 2016.12
2. SAWADA Anri*, KAWANISHI Kunio, HORITA Shigeru, KOIKE Junki, HONDA Kazuho, OCHI Ayami, KOMODA Mizuki, TANAKA Yoichiro, UNAGAMI Kohei, OKUMI Masayoshi, SHIMIZU Tomokazu, ISHIDA Hideki, TANABE Kazunari, NAGASHIMA Yoji, NITTA Kosaku:  Proliferative glomerulonephritis with monoclonal immunoglobulin G deposits complicated by immunoglobulin A nephropathy in the renal allograft.  Nephrology (Carlton, Vic.)  21 (suppl1) :48-52 , 2016.7
その他
1. 横山 貴, 塚田 三佐緒, 新田 孝作:  技術講座 腹膜透析排液検査 腹膜透析排液検査の基礎知識.  Medical Technology  45 (3) :296-301 , 2017.3
2. 中村裕美, 名執由起, 小林葉子, 友田雅己, 三浦ひとみ, 佐藤麻子:  メトトレキサート測定試薬2法の性能評価.  医学検査  65 (3) :290-297 , 2016.5
ページの先頭へ
■ 著書
1. 二村梓:  液状化検体細胞診断マニュアル.  液状化検体細胞診断マニュアル  1-305.  篠原出版新社,  東京, 2016.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎SEKIGUCHI Haruki, INOUE Yuji, TAKANO Mayu, KIMURA Makiko, ◎ISHIDA Issei, SUZUKI Mayumi, YAMAGUCHI Kazuhiro, HAGIWARA Nobuhisa: Serum Copeptin is a New Biomarker of Continuous-Positive-Airway-Pressure Treatment in Patients with Severe Obstructive Sleep Apnea.  The 81st Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (JCS2017),  Kanazawa, Japan,  2017/03
2. ◎二村梓: 子宮体癌スクリーニングに於ける子宮体部LBCの実際
ー検体適正基準案と細胞像についてー.  平成29年 福井県臨床検査技師会,福井県細胞検査士会 第3回病理・細胞分野研修会,  福井県,日本,  2017/03
3. 後藤亜江子,吉田敦,井口茂一,菊池賢: 血液培養検査における診療科別2セット採取率の解析.  第32回日本環境感染学会総会・学術集会,  兵庫県神戸市,  2017/02
4. ◎勝俣陽貴, 中田泰之, 山本泉, 小林賛光, 丹野有道, 大城戸一郎, 山本裕康, 堀田茂, 奥見雅由, 石田英樹, 横尾隆, 田邉一成: 尿細管上皮細胞HLA-DR発現と抗体関連型拒絶反応発症に関する検討.  第50回日本臨床腎移植学会,  神戸,  2017/02
5. ◎尾本和也, 清水朋一, 徳本直彦, 久永修一, 堀田茂, 松田明子, 田邉一成, 東間紘: 術前抗B抗体価が著明高値であった血液型不適合腎移植の一例.  第50回日本臨床腎移植学会,  神戸,  2017/02
全件表示(30件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者