<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 画像診断・核医学科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   坂井 修二
   阿部 光一郎
准教授:
   長尾 充展
   百瀬 満
講師:
   阿部 香代子
   森田 賢
助教:
   鈴木 一史
   早野 敏郎
   河合 千里
   木村 健
   坂井 鈴子
   阪田 久美
   中村 泉
   仁品 祐
   早野 千恵
   松尾 有香

   三井田 和夫
   山﨑 宙士
   米山 寛子
■ 概要
講座概要
画像診断学・核医学講座は、放射線科業務の3本柱である、画像診断、核医学、放射線治療のうち前2者を受け持っている。研究では、コンピュータ支援診断の臨床応用の確立、IVRの新しい手技やデバイスの開発、非造影MR血管撮影法の臨床応用、脳脊髄領域の高度画像処理、FDG-PETによる悪性疾患の予後予測、心疾患の核医学検査による予後予測などをテーマとして研究を行っている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:16K10321)
 研究課題:MRI4次元フローとTlマップによるフォンタン循環エネルギー効率と線維化の解析  (研究代表者:長尾充展)
 研究補助金:910,000円  (代表)
2.  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:17K10453)
 研究課題:MeAIB-PETを用いたアミノ酸イメージングによる新たな腫瘍診断法の確立  (研究代表者:阿部光一郎)
 研究補助金:1,560,000円  (代表)
3.  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:18K07648)
 研究課題:スマートフォンを用いた拡張現実感による仮想透視システムの開発と画像下治療での活用  (研究代表者:森田 賢)
 研究補助金:2,470,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 2 3 4  0 0 0 0  0 2  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Yamasaki Yuzo, Kawanami Satoshi, Kamitani Takeshi, Sagiyama Koji, Shin Seitaro, Hino Takuya, Yamamura Kenichiro, Yabuuchi Hidetake, Nagao Michinobu, Honda Hiroshi:  Free-breathing 320-row computed tomographic angiography with low-tube voltage and hybrid iterative reconstruction in infants with complex congenital heart disease.  Clinical imaging  50 :147-156 , 2018.7
2. Takahashi Tatsunori, Shiina Yumi, Nagao Michinobu, Inai Kei:  Stroke volume ratio derived from magnetic resonance imaging as an indicator of interventricular dyssynchrony predicts future cardiac event in patients with biventricular Fontan circulation.  Heart and vessels  0 (0) :0-0 , 2018.7
3. Ishizaki Umiko, Nagao Michinobu, Shiina Yumi, Fukushima Kenji, Takahashi Tatsunori, Shimomiya Yamato, Matsuo Yuka, Inai Kei, Sakai Shuji:  Prediction of Fontan-Associated Liver Disease Using a Novel Cine Magnetic Resonance Imaging "Vortex Flow Map" in the Right Atrium.  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society  :0-0 , 2018.5
4. Ohashi Ryoko, Nagao Michinobu, Nakamura Izumi, Okamoto Takahiro, Sakai Shuji:  Improvement in diagnostic performance of breast cancer: comparison between conventional digital mammography alone and conventional mammography plus digital breast tomosynthesis.  Breast cancer (Tokyo, Japan)  :1-7 , 2018.4
5. Hosokawa Kazuya, Abe Kohtaro, Horimoto Koshin, Yamasaki Yuzo, Nagao Michinobu, Tsutsui Hiroyuki:  Balloon pulmonary angioplasty relieves haemodynamic stress towards untreated-side pulmonary vasculature and improves its resistance in patients with chronic thromboembolic pulmonary hypertension.  EuroIntervention : journal of EuroPCR in collaboration with the Working Group on Interventional Cardiology of the European Society of Cardiology  13 (17) :2069-2076 , 2018.4
総説及び解説
1. 坂井修二:  押さえておきたい臨床・画像分類 第3章 胸部 肺癌 Lung-RADS(TM)分類.  画像診断 増刊号  38 (11) :94-97 , 2018.9
2. Michinobu Nagao, Yuzo Yamasaki:  Cardiac Strain Analysis Using Cine Magnetic Resonance Imaging and Computed Tomography.  Cardiovascular Imaging Asia  2 (2) :76-84 , 2018.4
その他
1. Endo Kenji, Morita Satoru, Suzaki Shingo, Yamazaki Hiroshi, Nishina Yu, Sakai Shuji:  Techniques of adrenal venous sampling in patients with inferior vena cava or renal vein anomalies.  Japanese journal of radiology  :1-1 , 2018.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Hiroyuki Hashimoto, Kazufumi Suzuki, Eiji Okaniwa, Kayoko Abe, Takuya Funagai, Tomoaki Hirano, Yoshinobu Motoyanagi, Isao Tanaka: Evaluation of model-based iterative reconstruction on quantitative cerebral CT perfusion.  Japan Radiology Congress 2018,  Yokohama, Japan,  2018/04
2. ◎髙木陽子, 三浦健一郎, 谷口洋平, 飯田貴也, 長澤武, 伴英樹, 白井陽子, 薮内智朗, 金子直人, 石塚喜世伸, 奥見雅由, 田邉一成, 石井徹子, 森田賢, 高岩正典, 服部元史: 移植後腎動脈狭窄による高血圧と腎機能障害を呈した一例.  第40回日本小児腎不全学会学術集会,  宮崎,  2018/11
3. ◎吉永健太郎, 志関雅幸, 石山みどり, 篠原明仁, 風間啓至, 萩原將太郎, 森直樹, 小木曽智美, 坂井修二, 徳重克年, 田中淳司: 発作性夜間血色素尿症に合併したBudd-Chiari症候群にEculizumabが有効であった.  第80回日本血液学会学術集会,  大阪,  2018/10
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者