(最終更新日:2022-03-08 12:00:10)
  スズキ カズフミ   SUZUKI Kazufumi
  鈴木 一史
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  画像診断・核医学科
   職種   講師
■ 著書
1. 編集・監修  【脳CT Perfusionで見える、脳卒中治療の新戦略】「Rad Fan」 2018/12
2. 部分執筆  脳CT Perfusionの技術と解釈「Rad Fan」 2018/12
3. 部分執筆  一過性脳虚血発作の早期画像診断「カレントテラピー 特集「急性脳血管症候群としての一過性脳虚血発作ー脳卒中予防の水際作戦」」 2014/12
4. 部分執筆  IX.画像検査・診断 急性虚血性脳卒中(acute ischemic stroke: AIS) CT perfusion「日本臨床 72巻増刊号5 最新臨床脳卒中学(上)」 2014/07
■ 学術雑誌
1. 原著  Defining juxtapapillary diverticulum with 3D segmented trueFISP MRCP: comparison with conventional MRCP sequences with an oral negative contrast agent 2009/12
2. 原著  Noncontact measurement of puncture needle angle using augmented reality technology in computed tomography-guided biopsy: stereotactic coordinate design and accuracy evaluation 2022/02/22
3. 症例報告  Aortic dissection diagnosed on stroke computed tomography protocol: a case report 2021/05/26
4. 原著  Learning effectiveness of using augmented reality technology in central venous access procedure: an experiment using phantom and head-mounted display. 2021/04/16
5. 総説  4D CTに見るSylvian hematomaの出血源 2021/01
全件表示(69件)
■ 学会発表
1. CTガイド下生検を補助する拡張現実アプリの開発 (口頭発表,一般) 2021/09/25
2. Advanced optic nerve DWI; motion-compensated motion probing gradientを併用したmotion-compensated IRIS ((Image Reconstruction using Image Sampling)の有用性 (ポスター,一般) 2021/09/10
3. 拡張現実を用いた穿刺支援ソフトウエアの精度検証 (口頭発表,一般) 2021/04/17
4. Accuracy of Needle Puncture Under Augmented Reality Displayed on a Head Mounted Display with Position Automatically Adjusted by a 2D Marker (ポスター,一般) 2020/11/29
5. Efficiency of Using Augmented Reality Technology in Training of Central Venous Access (ポスター,一般) 2020/11/29
全件表示(124件)
■ 資格・免許
1. 2006/08 放射線画像診断専門医
2. 2013/08/24 研修指導者
3. 2008/02/24 検診マンモグラフィ読影認定医師
■ 社会における活動
1. 2012/12 RadFan 2012年12月号 医療機関におけるBYOD利用の理念
2. 2011/04 RadFan 2011年4月号 特集2 BEST Tools! 放射線科の仕事がはかどるデバイス&アプリ 企画協力、序文
3. 2010/01 RadFan 2010年1月号 iPhone 3GSにおけるOsiriXの通信環境
4. 2010/01 RadFan 2010年1月号 特集2 iPhone特集 iPhoneで行こう! ケータイビューワ大解剖 企画、序文
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2014~ 画像診断e-learningシステム(画像診断・核医学科セグメント8)
2. 2008~2012 医学教育用画像診断データベース(東医療センター放射線科CCS)
●教育に関する発表
1. 2016/08/09 医用画像診断システムを応用した画像診断学演習
2. 2016/04/15 PACSを利用した放射線医学教育システムの構築
3. 2015/08/29 PACSを用いた医学生向けのe-learningシステムの構築
全件表示(9件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~  スマートフォンを用いた拡張現実感による仮想透視システムの開発と画像下治療での活用 基盤研究(C) 
■ 講師・講演
1. 2011/10 尿路系腫瘍の動注化学療法とDynaCTの利用について(東京)
2. 2010/10 OsiriXによる医学教育:ファイルメーカーとOsiriXの統合(神奈川県横浜)
■ 現在の専門分野
放射線科学 (キーワード:神経放射線) 
■ 受賞学術賞
1. 2021/09 日本VR医学会 日本VR医学会 優秀賞 (CTガイド下生検を補助する拡張現実アプリの開発)
2. 2021/04 日本医学放射線学会 CyPos賞 (拡張現実を用いた穿刺支援ソフトウエアの精度検証)
3. 2010/11 Certificate of Merit (Radiological Society of North America)
4. 2009/12 Certificate of Merit (Radiological Society of North America)
5. 2009/04 CyberRad賞(日本医学放射線学会)
■ 所属学会
1. 日本医学放射線学会
2. 日本神経放射線学会
3. 日本脳卒中学会
4. 日本磁気共鳴医学会
5. 日本IVR学会
全件表示(6件)
■ 学歴
1. 新潟大学 医学部 卒業 博士(医学)