<<< 前 2020年度 2021年度 2022年度
 リハビリテーション科・リハビリテーション部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   若林 秀隆
助教:
   冬賀 清香
   中空 真二郎
   新山 美柳
   水野 聡子
■ 概要
リハビリテーション科・部の概要
各科からの依頼により、病気やケガにより生じた障害の治療を行っています。リハビリテーション科医、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のチーム医療で、機能障害や能力障害をできるだけ軽減し、患者さんが元の生活にできるだけ近い形で復帰できるように依頼科の主治医とも密なるコンタクトをとりながらリハビリテーション治療を進めています。障害の評価に始まって、機能回復訓練、歩行訓練や日常生活動作訓練などの能力改善訓練、生活上の工夫や動作の練習、生活環境評価と改善アドバイス、ご家族の方々への介助方法の指導などを行っています。当院リハビリテーション科の特徴は急性期のリハビリテーションで、そのために対象となる原因疾患は多岐にわたり、また重症例も多いため、リスク管理には特に注意を払っています。
研究では、ロボット工学のリハ医学への応用、超急性期のリハビリ効果、心臓および呼吸リハビリの効果、高次脳機能障害、嚥下機能障害、小児疾患のリハビリ(ボトックス治療効果)などの臨床研究を行っています。
教育では、医学部・看護学部の講義、臨床実習、研修医や後期研修医の指導・教育、療法士学生に対する臨床実習などを行っています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 2 1 1 4  0 0 0 0  7 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kimura Masanori, Naganuma Atsushi, Ogawa Yusuke, Inagawa Motoaki, Nishioka Shinta, Momosaki Ryo, Wakabayashi Hidetaka:  Calf circumference and stroke are independent predictors for an improvement in the food intake level scale in the Japanese sarcopenic dysphagia database.  European geriatric medicine  :1 , 2022.5   DOI:10.1007/s41999-022-00651-3
2. Tomohara-Ichishima Hitomi, Wakabayashi Hidetaka, Maeda Keisuke, Nishioka Shinta, Momosaki Ryo:  Relationship of body mass index on activities of daily living in hospitalized patients with chronic obstructive pulmonary disease.  Respiratory medicine and research  81 :100899 , 2022.5   DOI:10.1016/j.resmer.2022.100899
3. Wakabayashi H, Kishima M, Itoda M, Fujishima I, Kunieda K, Ohno T, Shigematsu T, Oshima F, Mori T, Ogawa N, Nishioka S, Momosaki R, Yamada M, Ogawa S:  Prevalence of Hoarseness and Its Association with Severity of Dysphagia in Patients with Sarcopenic Dysphagia.  The journal of nutrition, health & aging  26 (3) :266-271 , 2022   DOI:10.1007/s12603-022-1754-3
総説及び解説
1. 若林 秀隆:  【最新知見を現場に活かす!誤嚥性肺炎 治療と予防の新常識】(2章)各論 リハビリテーションと栄養 誤嚥性肺炎と医原性サルコペニア.  jmed mook  (79) :87-93 , 2022.4
2. 大塚 有希子, 若林 秀隆:  【高齢者の「低栄養」】<総論>低栄養状態のアセスメントと個々の状態に応じた介入方法.  コミュニティケア  24 (5) :10-16 , 2022.4
3. 西岡 心大, 中原 さおり, 高崎 美幸, 塩濱 奈保子, 小蔵 要司, 鈴木 達郎, 横井 由梨[吉村], 二井 麻里亜, 前田 圭介, 若林 秀隆:  攻めの栄養療法の概念と臨床への適用 日本リハビリテーション栄養学会管理栄養士部会によるポジションペーパー.  リハビリテーション栄養  6 (1) :77-93 , 2022.4
4. Inoue Tatsuro, Iida Yuki, Takahashi Kohei, Shirado Kengo, Nagano Fumihiko, Miyazaki Shinjiro, Takeuchi Izumi, Yoshimura Yoshihiro, Momosaki Ryo, Maeda Keisuke, Wakabayashi Hidetaka:  Nutrition and Physical Therapy: A Position Paper by the Physical Therapist Section of the Japanese Association of Rehabilitation Nutrition (Secondary Publication).  JMA journal  5 (2) :243-251 , 2022.4   DOI:10.31662/jmaj.2021-0201
5. Inoue Tatsuro, Takeuchi Izumi, Iida Yuki, Takahashi Kohei, Nagano Fumihiko, Miyazaki Shinjiro, Shirado Kengo, Yoshimura Yoshihiro, Momosaki Ryo, Maeda Keisuke, Wakabayashi Hidetaka:  Disease-specific Nutritional Physical Therapy: A Position Paper by the Japanese Association of Rehabilitation Nutrition (Secondary Publication).  JMA journal  5 (2) :252-262 , 2022.4   DOI:10.31662/jmaj.2021-0202
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 若林秀隆: リハビリテーション栄養とサルコペニアのトピックス.  第59回日本リハビリテーション医学会学術集会,  横浜,  2022/06
2. 若林秀隆: アカデミックライティング.  第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会,  横浜,  2022/06
3. 若林秀隆: サルコペニアの最新データと介入.  第64回日本老年医学会学術集会,  大阪,  2022/06
4. 若林秀隆: フレイル、サルコペニアの評価を日常診療に活かす.  第64回日本老年医学会学術集会,  大阪,  2022/06
5. 若林秀隆: 領域横断的フレイル・ロコモ対策-リハ栄養の関わり.  第95回日本整形外科学会学術総会,  神戸,  2022/05
全件表示(7件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者