<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 呼吸器外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   神崎 正人
准教授:
   井坂 珠子
   村杉 雅秀
講師:
   小山 邦広
助教:
   青島 宏枝
   荻原 哲
   髙圓 瑛博
   坂本 圭
   宮野 裕
■ 概要
2012年度講座概要
当科における年間手術症例数は約390例.内訳は原発性肺癌120例、転移性肺腫瘍50例、良性肺腫瘍20例、縦隔腫瘍40例、気胸・肺嚢胞70例、膿胸20例、その他に重症筋無力症、漏斗胸、心大血管疾患を含め80例である。7割の手術を胸腔鏡下に行っている。
下記の項目を中心に据え、研究を行っている。
早期末梢肺癌に対する治療:未確診の小型肺腫瘍に対して、術中迅速病理診断により早期診断し,病理診断結果に基づき、適切な術式の決定を行い治療している。術前画像所見により、腫瘤が比較的肺門部近くに存在している場合、組織診断の確定している小型肺癌に対する術式としては、肺の区域、亜区域切除で対応しなければならないが、区域、多亜区域レベルでは、肺血管、気管支の分岐は多様である。胸腔鏡が主体となった呼吸器外科手術では、腫瘍の遺残をなくし、出血などの術中合併症を回避し、安全・確実な手術を遂行するために、手術前 の肺三次元的解剖を明らかにする必要性が高まっている。我々は、CTからポリゴンを作成するソフト(CTTRY)を開発し、肺の解剖を忠実に再現するシステムを導入してきた。上記ソフトにより、術前に肺門の解剖を完全に把握後、胸腔鏡下に、短時間で、侵襲をより少ない形で、区域・亜区域切除を施行している。
間質性肺炎合併肺癌に対する対応:肺癌術後間質性肺炎の急性増悪は致死的術後合併症となる場合があり、2001年より、prospective studyとして呼吸器内科と共同で、既往歴、CT、肺機能、血液検査などから、1000例以上の全肺癌症例において、術後間質性肺炎急性増悪する可能性のある症例を術前にフィルタリング(全症例の約5%)をしており、それらの症例に対して、予防的酵素阻害剤投与、及び、厳重な周術期管理により急性増悪の早期発見、迅速な治療など集学的に対応している。5%以外のフィルタリングから逸脱した症例に間質性肺炎急性増悪による死亡例はなく、また、5%の症例の中には死亡例を認めるが明らかに2001年以前の間質性肺炎急性増悪症例と比較すると、死亡率は3%から0.4%と著明に減少している。
手術後の気管支瘻、肺瘻に対する人工材料、生体材料、再生医療の応用:肺切除時の葉間、区域間、亜区域間の処理に様々な人工材料、生体材料が現在使用されある程度の成績は残しているが、各材料の生体反応性、術後中長期の問題点など改善すべき点も多い。これらの問題を解決すべく、新しい素材として細胞シートの研究を行っている。そして、細胞シートによる肺の再生を実現するための再生医療を目的とした研究も合わせておこなっている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 4 6 3 1  0 0 0 0  16 1  1 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. MITSUBOSHI shota, HOMMA Jun, SEKINE Hidekazu*, TAKAGI Ryo, SHIMIZU Tatsuya, KANZAKI Masato:  A novel alveolar epithelial cell sheet fabricated under feeder-free conditions for potential use in pulmonary regenerative therapy.  Regenerative Therapy  19 :113-121 , 2022.3   DOI:10.1016/j.reth.2022.01.005
2. Kanzaki M, Mitsuboshi S, Koen A, Isaka T, Matsumoto T, Aoshima H, Maeda H, Shidei H.:  Effects of robot- and video-assisted thoracoscopic lobectomy experiences on the learning curve of lobectomy.  Turk Gogus Kalp Damar Cerrahisi Dergisi-Turkish Journal of Thoracic and Cardiovascular Surgery  29 (4) :527-535 , 2021.10   DOI:10.5606/tgkdc.dergisi.2021.21314
3. AKABA Tomohiro, SHIOTA Yuno, ONIZAWA Fumi, ISAKA Tamami, NAGASHIMA Yoji, TAGAYA Etsuko:  Recurrent spindle cell carcinoma of the lung successfully treated by chemoimmunotherapy.  Respirology case reports  9 (6) :e00757 , 2021.6   DOI:10.1002/rcr2.757
4. MTSUBOSHI shota, KANZAKI Masato, MAEDA Hideyuki:  Application of pelvic-style docking in robotic surgery for lower-middle mediastinal tumors.  Asian cardiovascular & thoracic annals  21 (29) :440-442 , 2021   DOI:10.1177/0218492320984886.
総説及び解説
1. 神崎正人:  肺循環の異常 肺血管異常 肺底動脈体動脈起始症、肺底動脈下行大動脈起始症(解説/特集).  日本臨床  :365-367 , 2021.9
2. 前田英之, 神崎正人:  手術のtips and pitfalls 縦郭リンパ節郭清術の十分な視野確保 transmanubrial approachを中心に.  日本外科学会雑誌  122 (4) :421-4 , 2021.7
症例報告
1. Akihiro Koen , Hideyuki Maeda , Yoji Nagashima, Masato Kanzaki:  Surgical resection of a rapidly growing pulmonary spindle cell carcinoma by robot‑assisted thoracoscopic surgery: a case report.  Surgical case reports.  7 :222-222 , 2021.10   DOI:10.1186/s40792-021-01305-5
2. 青島宏枝、四手井博章、光星翔太、前田英之、松本卓子、井坂珠子、神崎正人.:  原発性肺癌術後の孤立性病変切除例の診断.  胸部外科  74 (5) :331-335 , 2021.5   DOI:org/10.15106/j_kyobu74_331
3. Mitsuboshi shota, Kanzaki Masato, Koen hidehiro, Isaka tamami, Aoshima Hiroe, Maeda hideyuki, Shidei hiroaki:  A pulmonary ligament approach for portal robotic segmentectomy of the lateral and posterior basal segments: a case report.  Journal of medical case reports.  15 :196-196 , 2021.4   DOI:10.1186/s13256-021-02789-3.
4. KANZAKI Masato, ISAKA Tamami, AOSHIMA Hiroe, KOEN Hideaki, MITSUBOSHI shota, SHIDEI Hiroaki:  Robot-assisted thoracoscopic surgery using a narrow-profile vascular stapler through an 8-mm robotic port.  Journal of surgical case reports.  4 :1-3 , 2021.4   DOI:10.1093/jscr/rjab157.
5. 荻原 哲, 宮野 裕, 前田 英之, 森田 賢, 坂井 修二, 神崎 正人:  左肺底動脈体動脈起始症に対し異常血管の塞栓術を行った1例.  日本呼吸器外科学会雑誌  35 (4) :286-291 , 2021   DOI:org/10.2995/jacsurg.35.286
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎四手井博章, 井坂珠子, 光星翔太, 髙圓瑛博, 青島宏枝, 長嶋洋治, 神崎正人: 同一肺葉内同時性多発肺癌の1例.  第186回胸部外科学会関東甲信越地方会,  東京,  2021/06
2. ◎井坂珠子, 光星翔太, 高木亮, 四手井博章, 大和雅之, 清水達也, 神崎正人: 自己皮膚線維芽細胞シート移植後長期経過観察中の1例.  第21回日本再生医療学会総会,  東京,  2022/03
3. ◎井坂珠子, 四手井博章, 荻原哲, 光星翔太, 髙圓瑛博, 青島宏枝, 神崎正人: 縦隔腫瘍に対する術式の変遷.  第14回日本ロボット外科学会,  鹿児島,  2022/02
4. ◎光星翔太, 前田英之, 四手井博章, 髙圓瑛博, 青島宏枝, 井坂珠子, 西内正樹, 神崎正人: 気管皮膚瘻閉鎖術後の遊離皮弁 気管局所再発を認めた甲状腺癌の1例.  175回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会,  東京,  2021/12
5. ◎神崎正人, 井坂珠子, 四手井博章, 荻原哲, 髙圓瑛博, 青島宏枝, 光星翔太, 松本卓子: 肺癌に対する低侵襲手術の手技と成績-多孔式・単孔式・ロボット- 当科ロボット支援肺悪性腫瘍手術の現状.  第34回日本内視鏡外科学会,  神戸国際会議場,  2021/12
全件表示(18件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者