<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 糖尿病センター
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   馬場園 哲也
   北野 滋彦
准教授:
   岩﨑 直子
   中神 朋子
講師:
   尾形 真規子
   廣瀬 晶
   福嶋 はるみ
   三浦 順之助
   柳澤 慶香
助教:
   井倉 和紀
   石澤 香野
   井出 理沙
   小城原 理穂
   奥新 香奈子
   片桐 真樹子
   加藤 ゆか
   亀田 裕介
   菊池 夕希子
   栗田 守敏

   小林 浩子
   佐伯 忠賜朗
   鈴木 裕太
   関本 香織
   髙木 聡
   田中 伸枝
   田中 祐希
   土屋 美保
   中井 純子
   入村 泉

   花井 豪
   松田 早里
   吉田 直史
■ 概要
内科学(第三)
第三内科は、糖尿病専門の総合医療センターとして開設された糖尿病センターを母体に、1978(昭和53)年に独立・開設された講座である。糖尿病を中心に、脂質異常症、肥満、動脈硬化症など糖尿病・代謝疾患に関する卒前および卒後教育と基礎的および臨床的研究を担当している。
糖尿病は、インスリン作用不足の結果、慢性高血糖を特徴とする広範な代謝異常を起こし、網膜症、腎症、神経障害をはじめ、全身の血管障害を引き起こす疾患である。
「21世 紀の国民病」と呼ばれ、ますます増加する糖尿病患者に対し、糖尿病眼科をはじめ、臨床各科と緊密な連携を保ち、スタッフ一同、チーム医療の実践に努めている。
研究面では、分子生物学的アプローチから、糖尿病(1型、2型、その他特定の型)の成因や原因遺伝子解析、新しい治療法、慢性合併症の成因と治療、糖尿病と妊娠、肥満や脂質異常症の成因と治療を、疫学的アプローチから糖尿病発症および合併症発症への予後因子解析など、幅広い研究活動を行っている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 4 0 0 1  0 3 0 0  3 2  1 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. HAMADA Mariko, IWATA Takanori, KATO Yuka, WASHIO Kaoru, MORIKAWA Shunichi, SAKURAI Hiroyuki, YAMATO Masayuki, OAKNO Teruo*, UCHIGATA YASUKO:  Xenogeneic transplantation of human adipose-derived stem cell sheets accelerate angiogenesis and the healing of skin wounds in a Zucker Diabetic Fatty rat model of obese diabetes.  Regenerative Therapy  6 :65-73 , 2017.6
総説及び解説
1. 岩﨑直子:  糖尿病は遺伝するのか:2型糖尿病の遺伝子検査で何がわかるか.  糖尿病診療マスター  15 (7) :572-577 , 2017.7
2. 三浦順之助, 内潟安子:  糖尿病の日本人特異性~日本的糖尿病学の確率へ~日本人1型糖尿病の特異性ー臨床像の違いからみえる背景因子ー.  月刊糖尿病  9 (6) :30-40 , 2017.6
3. 石澤香野, 馬場園哲也, 内潟安子:  糖尿病とうつ病の関連.  新薬と臨床  66 (4) :248-255 , 2017.4
4. 内潟安子:  治療「手詰まり」の次の十手.  糖尿病診療マスター  15 (4) :279-279 , 2017.4
症例報告
1. 砂金知里, 石澤香野, 三浦順之助, 大屋順子, 花井豪, 柳澤慶香, 清水京子, 内潟安子:  インスリン治療後にインスリンアレルギーとインスリン抗体出現を認め, 内因性インスリン分泌が枯渇した自己免疫性膵炎の1例.  Diabetes Journal  45 (1) :7-12 , 2017.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 福嶋はるみ:  糖尿病網膜症と黄斑症の最新の治療.  糖尿病診療・療養指導Q&A  168-169.  中山書店,  東京,日本, 2017.6
2. 福嶋はるみ:  コントロールが悪い人を急激にコントロールすると網膜症が悪化するのはなぜですか?.  糖尿病診療・療養指導Q&A  173-173.  中山書店,  東京,日本, 2017.6
3. 石澤香野, 馬場園哲也:  Q105 糖尿病とうつ病の関連について教えてください.  糖尿病診療・療養指導Q&A  258-259.  中山書店,  東京, 2017.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎IwasakiNaoko, AKAGAWA HIROYUKI, Hase Michiyo, FUJIMAKI Risa, Furukawa Toru, MITANI Shohei, UCHIGATA YASUKO: A novel mutation in the IPF-1/PDX-1 gene identified in a Japanese family with MODY.  53rd Annual Meeting of the European Association for the Study of Diabetes,  Lisbon. Portugal,  2017/09
2. ◎Yukari Kiramura,Iwasaki Naoko, Ogata Makiko, AKAGAWA HIROYUKI, Saito Kayoko, YASUKO UCHIGATA: Newly identified mutation in 5'UTR of HNF4A in a case of MODY3.  The 9th Scientific Meeting of the Asian Associaation for the Study of Diabetes,  Nagoya, Japan,  2017/05
3. 朝倉 美香,中島菖子,金 美希,中川 路美雲,戸張美,岩下揺子,江川朋子,北川万梨子,錦戸佳南子,堀内夏湖,松田瑞沙,三松啓美,佐藤 梓, 鈴木光代, 岩﨑直子: 英語での医療面接に対する医学部4年生の意識調査.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌,  2017/08
4. ◎田中伸枝, 馬場園哲也, 入村泉, 花井豪, 渕之上昌平, 田邉一成, 内潟安子: 腎移植を施行された1型および2型糖尿病患者における腎および生命予後の比較.  第62回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2017/06
5. ◎岩﨑直子, 赤川浩之, 長谷美智代, 土屋美保, 佐伯新子, 井出理沙, 尾形真規子, 富岡光枝, 内潟安子: 次世代シークエンサーを用いたMODY家系の網羅的遺伝子解析.  第59回日本糖尿病学会,  名古屋,  2017/05
6. ◎佐伯新子, 岩﨑直子, 尾形真規子, 富岡光枝, 北野滋彦, 内潟安子: 酸化ストレス関連遺伝子多型と糖尿病網膜症の関連の検討.  第59回日本糖尿病学会,  名古屋,  2017/05
7. 尾形真規子, 井出理沙, 富岡光枝,松田早里, 馬場園哲也, 岩﨑直子, 内潟安子: 2型糖尿病閉経後女性におけるデノスマブ投与の糖代謝・基礎代謝への影響.  第59回日本糖尿病学会,  名古屋,  2017/05
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者