<<< 前 2013年度 2014年度 2015年度 | 2016年度 | 2017年度 次 >>>
 先端生命医科学研究所
 
概要 当該年度の研究費受入状況 受賞学術賞
社会における活動 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   有賀 淳
   清水 達也
   村垣 善浩
   大和 雅之
   正宗 賢
   江上 美芽
   黒川 達夫
   ジヤン レジス
   バエ ハン
准教授:
   岩田 隆紀
   南部 恭二郎
   松浦 勝久
講師:
   秋山 義勝
   小林 純
   関根 秀一
   田村 学
   中山 正道
   長瀬 健一
   糸賀 和義
   大脇 敏之
   金井 信雄
   チエルノフ ミハ
   原口 裕次
   鷲尾 薫
助教:
   常 徳華
   関谷 佐智子
   高橋 宏信
   増田 信奈子
   生田 聡子
   鵜頭 理恵
   岡本 淳
   熊代 善一
   小西 良幸
   佐々木 大輔

   杉山 歩
   高木 惣一
   唐 中嵐
   仁木 千晴
   前田 真法
   吉光 喜太郎
■ 概要
先端生命医科学研究所
東京女子医科大学・先端生命医科学研究所は、昭和44(1969)年5月1日に、“医用技術研究施設”として、初代施設長・三浦茂教授のもとに発足した。昭和51(1976)年5月に櫻井靖久教授が施設長に就任し、施設名を医用工学研究施設に改め、今日の基盤を確立させた。平成11(1999)年4月から私が施設長を引き継ぎ、平成13(2001)年4月大学院の先端生命医科学系専攻の設立と同時に施設名を現在の名称に改め、医学と工学のさらなる融合を行う体制を作り、以下の活動を行っている。
 本研究所は大学院医学研究科の中に2001年より先端生命医科学研究専攻をスタートさせている。先端工学外科、遺伝子医学、代用臓器学、再生医工学、統合医科学の5分野からなり博士(医学)を取得した本専攻の修了生を医学と工学の両領域で輩出している
 先端医療テクノロジーと医学の融合の重要性に着目した研究活動を展開してきておりオリジナルでユニークな研究成果を上げてきている。現在までの研究所のあゆみは下表に示すように、医学と工学の連携を基盤としており、大型国家プロジェクトを中心に新しい教育・研究を実施し、Nature, News Weekなど著名な雑誌に紹介されるなど世界的な評価を受けている。

先端生命医科学研究所
先端工学外科分野
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  【AMED】センター・オブ・イノベーション(COI)
 研究課題:スマートライフケア社会への変革を先導するものづくりオープンイノベーション拠点  (研究代表者:村垣善浩)
 研究補助金:9,001,200円  (代表)
2.  【AMED】研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
 研究課題:細胞シートを積層した創薬試験用立体組織モデル  (研究分担者:清水達也)
 研究補助金:37,500,000円  (分担)
3.  【AMED】国産医療機器創出促進基盤等整備事業
 研究課題:医療機器の企業Finisher人材を創出する座学・実学融合プログラム  (研究代表者:村垣善浩)
 研究補助金:7,250,000円  (代表)
4.  【AMED】再生医療の産業化に向けた細胞製造・加工システムの開発
 研究課題:再生医療の産業化に向けた細胞製造・加工システムの開発/ヒト多能性幹細胞由来の再生医療製品製造システムの開発(網膜色素上皮・肝細胞)  (研究分担者:清水達也)
 研究補助金:19,479,200円  (分担)
5.  【AMED】再生医療実現化ハイウェイ事業
 研究課題:iPS細胞を用いた角膜再生治療法の開発(iPS細胞由来細胞シート作製に用いる温度応答性培養皿の最適化と供給)  (研究分担者:大和雅之)
 研究補助金:1,750,000円  (分担)
6.  【AMED】再生医療実現拠点ネットワークプログラム
 研究課題:再生医療用製品の大量生産に向けたヒトiPS細胞用培養装置開発  (研究代表者:松浦勝久)
 研究補助金:28,418,000円  (代表)
7.  【AMED】再生医療実用化研究事業
 研究課題:自己皮膚由来培養線維芽細胞シートを用いた肺気漏閉鎖  (研究代表者:神崎正人)
 研究補助金:277,300,000円  (代表)
8.  【AMED】再生医療実用化研究事業
 研究課題:ヒト幹細胞アーカイブを活用する同種細胞を用いた新規再生医療技術の開発  (研究代表者:大和雅之)
 研究補助金:15,132,000円  (代表)
9.  【AMED】再生医療実用化研究事業
 研究課題:自己培養上皮細胞シート製品およびコンビネーション製品を用いた食道再生治療の治験実施に関する研究  (研究分担者:金井信雄)
 研究補助金:19,500,000円  (分担)
10.  【AMED】次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム
 研究課題:「DDS技術」(治療抵抗性がんの標的治療を実現する先進的DDS技 術の開発)<再委託:ナノDDSを用いた音響化学療法(SDT)の有効性の検証>  (研究分担者:村垣善浩)
 研究補助金:6,507,476円  (分担)
全件表示(51件)
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  Jun Kobayashi Best Young Investigator Oral Presentation Award, The 5th Asian Biomaterials Congress
2.  Kenichi Nagase, Teruo Okano Best Young Investigator Poster Award, The 5th Asian Biomaterials Congress
3.  Kitaro Yoshimitsu, Shinji Chiba, Takashi Maruyama, Ken Masamune, Hiroshi Iseki, Yoshihiro Muragaki ISCAS Kikuchi Frugal Technology Award
4.  Shinji Chiba, Kitaro Yoshimitsu Intel REALSENSE Application challenge, 2nd Place
5.  Tokyo Women's Medical University, FATS APEC Accelerator Network Summit & Global Challenge, Intel Award
6.  デンソー、デンソーウェーブ、東京女子医科大学、信州大学 第29回中日産業技術賞 中日新聞社賞
7.  岡本 淳 平成26年度 日本生体医工学会 荻野賞
8.  亀井翔太 第25回インテリジェント材料/システムシンポジウム 奨励賞
9.  吉光喜太郎 日本コンピュータ外科学会 CAS Young Investigator Award ゴールド賞(日立メディコ賞)
10.  細井孝洋 第61回マトリックス研究会大会 Young Investigator Award
全件表示(14件)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  岡本 淳 第24回日本コンピュタ外科学会大会
2.  吉光 喜太郎 2015年4月6日 "Xbox for doctors": Novosibirsk neurosurgeons are testing a new system
3.  吉光 喜太郎 2015年4月6日 ロシアrussian federal TV channel RUSSIA24 "Pulse"
4.  松浦勝久 【日経産業新聞】iPS全自動で培養
5.  松浦勝久 【日経産業新聞】培養温度上げ除去 -がん化の恐れ iPSの未分化細胞- 心臓病の再生医療で混入、0.1%に減少
6.  東京女子医科大学 【時事ドットコム】再生医療「興味深い -来日したスウェーデン国王
7.  東京女子医科大学 【朝日新聞デジタル】スウェーデン国王が来日 科学技術を視察「広くて深い」
8.  東京女子医科大学 【日経産業新聞】細胞シードなど「興味」-スウェーデン国王ら企業など視察
9.  東京女子医科大学 【日本経済新聞】日本の科学技術「感銘を受けた」-スウェーデン国王ら来日
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 34 13 36 21 25 49  0 8 0 5  81 135  63 57  19 18
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 本間順, 関根秀一, 松浦勝久, 清水達也*:  乳児期心筋梗塞ラットに対する細胞シートの効果.  日本心臓血圧研究振興会  平成26年度研究業績集 :17-22 , 2016.3
2. 前田真法:  医療機器開発加速化のためのラピッドプロトタイピング:梁山泊における3Dプリンタの役割.  未来医学  29 :61-63 , 2016.3
3. Sakuma Morito, Kumashiro Yoshikazu, Nakayama Masamichi, Tanaka Nobuyuki, Haraguchi Yuji, Umemura Kazuo, Shimizu Tatsuya, Yamato Masayuki, Okano Teruo:  Preparation of thermoresponsive nanostructured surfaces for tissue engineering.  Journal of Visualized Experiments  (109) :e53465 , 2016.3
4. Nagase Kenichi*, Kobayashi Jun, Kikuchi Akihiko, Akiyama Yoshikatsu, Kanazawa Hideko, Okano Teruo*:  Protein separations via thermally responsive ionic block copolymer brush layers.  RSC Advances  6 (31) :26254-26263 , 2016.3
5. Arisaka Yoshinori, Kobayashi Jun*, Ohashi Kazuo, Tatsumi Kohei, Kim Kyungsook, Akiyama Yoshikatsu, Yamato Masayuki, Okano Teruo*:  A heparin-modified thermoresponsive surface with heparin-binding epidermal growth factor-like growth factor for maintaining hepatic functions in vitro and harvesting hepatocyte sheets.  Regenerative Therapy  3 :97-106 , 2016.3 Link
6. KASAI Yoshiyuki, SUGIYAMA Hiroaki, TAKAGI Ryo, KONDO Makoto, OWAKI Toshiyuki, NAMIKI Hideo, OKANO Teruo, TAKEDA Naoya, YAMATO Masayuki*:  Brush biopsy of human oral mucosal epithelial cells as a quality control of the cell source for fabrication of transplantable epithelial cell sheets for regenerative medicine.  Regenerative Therapy  4 :71-77 , 2016.3
7. MOCHIZUKI Yasuaki, HOSAKA Akihiro, KAMIUCHI Hiroki, Nie Jun xiao, MASAMUNE Ken, HOSHINA Tetsuya, MIYATA Tetsuya, WATANABE Toshiaki:  New simple image overlay system using a tablet PC for pinpoint identification of the apporopriate site for anastomosis in peripheral artial reconstruction.  Surgery Today  :1-7 , 2016.3
8. SAITO Taiichi, MURAGAKI Yoshihiro, MARUYAMA Takashi, KOMORI Takashi, TAMURA Manabu, NITTA Masayuki, TSUZUKI Syunsuke, KAWAMATA Takakazu:  Calcification on CT is a simple and valuable preoperative indicator of 1p/19q loss of heterozygosity in supratentorial brain tumors that are suspected grade II and III gliomas.  Brain Tumor Pathology  :**-** , 2016.2
9. WATANABE Atsushi, MURAGAKI Yoshihiro, MARUYAMA Takashi, SHINODA Jun, OKADA Yoshikazu:  Usefulness of (1)(1)C-methionine positron emission tomography for treatment-decision making in cases of non-enhancing glioma-like brain lesions.  J Neurooncol  126 (3) :577-583 , 2016.2 Link
10. HORIBA Ayako, HAYASHI Motohiro, CHERNOV Mikhail, KAWAMATA Takakazu, OKADA Yoshikazu:  Hearing Preservation after Low-dose Gamma Knife Radiosurgery of Vestibular Schwannomas.  Neurol Med Chir (Tokyo).  56 (4) :186-192 , 2016.2
全件表示(87件)
総説及び解説
1. 松浦勝久*:  再生医療用製品の大量生産に向けたヒトiPS細胞用培養装置開発.  未来医学  29 :13-18 , 2016.3
2. 田村学, 正宗賢, 生田聡子, 岡本淳, 吉光喜太郎, 小西良幸, 前田真法, 仁木千晴, チエルノフミハ, 岸本眞治, 菱井友貴, 丸山隆志, 伊関洋, 村垣善浩:  先端工学外科(FATS)のプロジェクト活動進捗について.  未来医学  29 :20-34 , 2016.3
3. 奥田英樹, 岡本淳, 後藤哲哉:  医工産融合による手術支援ロボットいArms®実用化.  未来医学  29 :64-67 , 2016.3
4. 腰野蔵人, 金井信雄, 大和雅之:  自己上皮細胞シート製品による食道再生治療.  メディカル・サイエンス・ダイジェスト  42 (2) :23-26 , 2016.2
5. 新田 雅之,村垣 善浩:  当院における悪性脳腫瘍に対する光線力学的療法(PDT).  Pharma Medica  34 (1) :123-128 , 2016.1
6. 新田雅之, 村垣善浩:  当院における悪性脳腫瘍に対する光線力学的療法(PDT).  Pharma Medica  34 (118) :123-128 , 2016.1
7. 正宗 賢,岡本 淳,吉光 喜太郎, 堀瀬 友貴,小西 良幸, 前田 真法, 田村 学, 丸山 隆志, 伊関 洋, 生田 聡子,村垣 善浩:  特集1:脳神経外科領域における医療技術【概説】脳神経外科領域における医療技術の動向.  映像情報メディカル  48 (1) :16-20 , 2016.1 Link
8. 正宗賢, 岡本淳, 吉光喜太郎, 菱井友貴, 小西良幸, 前田真法, 田村学, 丸山隆志, 伊関洋, 生田聡子, 村垣善浩:  特集1:脳神経外科領域における医療技術
【概説】脳神経外科領域における医療技術の動向.  映像情報メディカル  48 (1) :16-20 , 2016.1
9. Shinako Masuda, Tatsuya Shimizu*:  Three-dimensional cardiac tissue fabrication based on cell sheet technology.  Advanced Drug Delivery Reviews  96 :103-109 , 2016.1
10. 関谷佐智子:  組織工学(細胞シート工学)と腎疾患治療応用への可能性.  腎と透析  79 (6) :893-896 , 2015.12
全件表示(34件)
症例報告
1. 高倉朋和, 鈴木久美子, 戸田和重, 高野恵利, 氏家弘, 佐藤さとみ, 村垣善浩, 仁木千晴:  脳血管障害後の視覚障害に伴ったシャルル・ボネ症候群.  高次脳機能研究  36 (1) :94-94 , 2016.3 Link
2. WATANABE Atsushi, MURAGAKI Yoshihiro, MARUYAMA Takashi, SHINODA Jun, OKADA Yoshikazu:  Usefulness of 11C-methionine positron emission tomography for treatment-decision making in cases of non-enhancing glioma-like brain lesions.  Journal of neuro-oncology  :1-7 , 2015.11
3. 柄武志, 岡本芳晴, 大崎智弘, 吉光喜太郎, 村垣善浩, 伊藤典彦, 東和生, 村端悠介, 今川智敬:  獣医療におけるナビゲーションシステム応用の現状と課題.  日本獣医麻酔外科学雑誌  46 (Suppl 1) :303-303 , 2015.6
4. 新田雅之, 村垣善浩, 丸山隆志, 齋藤太一, 小森隆司, 田村学, 生田聡子, 岡田芳和:  初発退形成性神経膠腫150例の長期治療成績 摘出率および分子マーカーと予後との相関.  Brain tumor pathology  32 (Suppl.) :71-71 , 2015.5 Link
その他
1. 乾 明敏, 清水 達也:  【再生医学と血管】 再生組織に対する血管網付与.  血管医学  17 (1) :33-40 , 2016.3
2. Yamato Masayuki:  Preface of the special issue Hyper BioAssembler.  Regenerative Therapy  3 :107 , 2016.3
3. 高橋 宏信, 清水 達也:  再生医療の進歩と臨床応用 細胞シート工学による組織再生技術の臨床応用と今後の展開.  Journal of Clinical Rehabilitation  25 (1) :49-54 , 2016.1
4. 丸山 隆志 :  特集 脳腫瘍―診断と治療(パート1)
【標準治療】 神経膠腫に対する診断と治療.  ライフライン21 がんの先進医療  (20) :14-17 , 2016.1
5. 村垣善浩:  特集1:脳神経外科領域における医療技術
ナビゲータ.  映像情報メディカル  48 (1) :15-62 , 2016.1 Link
6. 小山俊彦, 村垣善浩, 奥田英樹, 本郷一博, 後藤哲哉, 原洋助, 岡本淳:  特集1:脳神経外科領域における医療技術
外科医をサポートする手術支援ロボット「iArmS」.  映像情報メディカル  48 (1) :44-47 , 2016.1 Link
7. 丸山,隆志:  脳腫瘍手術の基本となるランドマーク.  Procedural Expertise for Neurosurgery  1 :9-13 , 2015.12
8. 大和雅之:  The Memory of SURGERY FRONTIRE.  Surgery Frontier  22 (4) :115-117 , 2015.12
9. 田村学, 丸山隆志, 村垣善浩:  「覚醒下手術ガイドライン」の解説.  脳神経外科速報  25 (12) :1292-1299 , 2015.12
10. 新田雅之, 村垣善浩:  脳腫瘍に対する光線力学的療法.  ファルマシア  51 (11) :1069-1071 , 2015.11
全件表示(27件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 村垣,善浩 太田富雄【総編集】川原信隆/野崎和彦/吉峰俊樹/若林俊彦【編集】:  Multimodality imaging/Navigation.  脳神経外科学 改訂12版  1401-1407.  金芳堂,  京都府, 2016.3 Link
2. 村垣善浩:  11章 脳腫瘍
Multimodality imaging/Navigation.  脳神経外科学 改訂12版  1401-1407.  金芳堂,  京都,日本, 2016.3 Link
3. 腰野蔵人, 金井信雄, 大和雅之:  自己上皮細胞シート製品による食道再生治療.  メディカルサイエンスダイジェスト  73-76.  ニューサイエンス社,  日本, 2016.2
4. 長瀬健一, 大和雅之:  細胞シート.  バイオマテリアル-その基礎と先端研究への応用  334-337.  東京化学同人,  東京, 日本, 2016.2
5. Kobayashi Jun, Okano Teruo:  Cell sheet technologies.  Biomaterials Nanoarchitectonics  97-113.  William Andrew,  Oxford, United Kingdom, 2016.2
6. 菊地鉄太郎, 清水達也:  第4章 細胞培養技術 2 組織工学.  再生医療のための細胞製造ハンドブック  45-53.  シーエムシー出版,  日本, 2015.9
7. Yoshiyuki Yamaguchi:  Adoptive Cell Therapy -abT Cells-.  Immunotherapy of Cancer  63-73.  Springer,  Tokyo, Japan, 2015.9
8. 岩田隆紀:  歯根膜細胞シートによる歯周組織の再生.  歯科再生・修復医療と材料  108-115.  シーエムシー出版,  東京, 日本, 2015.8
9. TADAKUMA Kenjiro, TANAKA Nobuyuki, HARAGUCHI Yuji, HIGASHIMORI Mitsuru, KANEKO Makoto, SHIMIZU Tatsuya, YAMATO Masayuki, OKANO Teruo:  Cell Scooper: A Device for the Rapid Transfer of Living Cell Sheet.  Hyper Bio Assembler for 3D Cellular Systems  235-247.  Springer,  Japan, 2015.7 Link
10. FUKUMORI Kazuhiro, TAKAHASHI Hironobu, KOBAYASHI Jun, NAKAYAMA Masamichi, AKIYAMA Yoshikatsu, YAMATO Masayuki:  Sociocytology Illuminated by Reconstructing Functional Tissue with Cell Sheet Based Technology.  Hyper Bio Assembler for 3D Cellular Systems  327-345.  Springer,  Japan, 2015.7 Link
全件表示(13件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Nagase Kenichi: Thermoresponsive Polymer Brushes for Bioseparations.  The 96th CSJ Annual Meeting, Asian International Symposium -Advanced Nanotechnology,  Kyoto, Japan,  2016/03
2. ◎Matsuura Katsuhisa: Scalable undifferentiated expansion and cardiac differentiation of Ff-iPS cells.  CiRA ISSCR International Symposium,  Kyoto,  2016/03
3. ◎Kanai Nobuo: Autologous hCTPs Study Design.  International Regulatory Forum of Human Cell Therapy and Gene Therapy Products,  Osaka, Japan,  2016/03
4. ◎Nakayama Masamichi, Kanno Tomonori, Kikuchi Akihiko, Okano Teruo: Light-sensitive Fluoropolymer Coated Surfaces for Smart Cell Recovery System.  BITs 2nd Annual World Congress of Smart Materials-2016,  Singapore,  2016/03
5. ◎AKIYAMA Yoshikatsu: Nano-intelligent biomaterial surface for cell-sheets based tissue engineering.  BIT's 2nd Annual Waorld Congress of Smaart Materials-2106,  Singapore, Singapore,  2016/03
6. ◎Okano Teruo: Cell Sheet Tissue Engineering for Clinical Applications.  Interdisciplinary of Medical, Dental, & Soft-material Researches on the move -Showcase Review at Kitakyushu-,  Kitakyushu, Japan,  2016/01
7. ◎Okano Teruo: 3D Tissue and Organ Reconstruction by Layered Cell Sheets.  The 13th US-Japan Symposium on Drug Delivery Systems,  Maui, Hawaii, USA,  2015/12
8. ◎Masuda Tsukuru, Homma Kenta, Mizutani Akimoto Aya, Nagase Kenichi, Okano Teruo, Yoshida Ryo: Self-oscillating polymer brushes: Design of autunomous functional surfaces exhibiting spatiotemporal property changes.  The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem2015),  Honolulu, USA,  2015/12
9. ◎Nagase Kenichi, Kobayashi Jun, Kikuchi Akihiko, Akiyama Yoshikatsu, Kanazawa Hideko, Okano Teruo: Thermoresponsive strong anionic copolymer brushes grafted silica beads for effective cation exchange chromatography.  The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem2015),  Honolulu, USA,  2015/12
10. ◎Nagase Kenichi, Hatakeyama Yuri, Shimizu Tatsuya, Matsuura Katsuhisa, Yamato Masayuki, Takeda Naoya, Okano Teruo: Thermoresponsive polymer brush possessing cationic group for purification of human bone marrow derived mesenchymal stem cell.  The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem2015),  Honolulu, USA,  2015/12
全件表示(373件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者