<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 先端生命医科学研究所
 
概要 当該年度の研究費受入状況 受賞学術賞
社会における活動 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   有賀 淳
   清水 達也
   村垣 善浩
   大和 雅之
   正宗 賢
   ジヤン レジス
   バエ ハン
准教授:
   岩田 隆紀
   南部 恭二郎
   松浦 勝久
講師:
   秋山 義勝
   小林 純
   関根 秀一
   田村 学
   中山 正道
   岡本 淳
   金井 信雄
   チエルノフ ミハ
   原口 裕次
   鷲尾 薫
助教:
   菊地 鉄太郎
   関谷 佐智子
   高木 亮
   高橋 宏信
   増田 信奈子
   生田 聡子
   楠田 佳緒
   小久保 舞美
   小西 良幸
   佐々木 大輔

   仁木 千晴
   堀瀬 友貴
   本間 順
   前田 真法
   吉光 喜太郎
■ 概要
先端生命医科学研究所
東京女子医科大学・先端生命医科学研究所は、昭和44(1969)年5月1日に、“医用技術研究施設”として、初代施設長・三浦茂教授のもとに発足した。昭和51(1976)年5月に櫻井靖久教授が施設長に就任し、施設名を医用工学研究施設に改め、今日の基盤を確立させた。平成11(1999)年4月には岡野光夫教授が施設長を引き継ぎ、平成13(2001)年4月大学院の先端生命医科学系専攻の設立と同時に施設名を現在の名称に改め、医学と工学のさらなる融合を行う体制を確立した。平成28(2016)年4月から清水達也教授が所長となり、以下の活動を行っている。
 2001年に大学院医学研究科に先端生命医科学専攻を新設し、その研究拠点を先端生命医科学研究所でスタートさせている。先端工学外科、遺伝子医学、代用臓器学、再生医工学、統合医科学の5分野からなり博士(医学)を取得した本専攻の修了生を医学と工学の両領域で輩出している。
 先端医療テクノロジーと医学の融合の重要性に着目した研究活動を展開し、オリジナルでユニークな研究成果を上げてきている。現在までの研究所のあゆみは下表に示すように、医学と工学の連携を基盤としており、大型国家プロジェクトを中心に新しい教育・研究を実施し、Nature, News Weekなど著名な雑誌に紹介されるなど世界的な評価を受けている。


先端生命医科学研究所
先端工学外科分野
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  【AMED】医工連携事業化推進事業実証事業
 研究課題:医師の負担を減らす双腕型手術支援システムの開発・海外展開  (研究分担者:岡本淳)
 研究補助金:1,000,000円  (分担)
2.  【AMED】医療機器開発推進研究事業 集束超音波治療機器とドラッグデリバリーシステムを組合わせた音響力学的療法の実用化開発
 研究課題:SDTの臨床研究と治験の実施ならびにそのための機器開発と実施計画書作成  (研究代表者:村垣善浩)
 研究補助金:32,055,991円  (代表)
3.  【AMED】医療分野研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム
 研究課題:積層化細胞シートを用いた創薬試験用立体組織モデル  (研究分担者:清水達也)
 研究補助金:70,500,000円  (分担)
4.  【AMED】未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業
 研究課題:AI Surgery実現のための基盤となる臨床情報解析装置-C.I.Aの開発  (研究代表者:正宗賢)
 研究補助金:37,600,000円  (代表)
5.  【JSPS】日中韓フォーサイト事業
 研究課題:難治性疾患の再生医療におけるナノバイオマテリアルと送達技術戦略  (研究代表者:大和雅之)
 研究補助金:8,800,000円  (代表)
6.  【JST】センタ-・オブ・イノベーション(COI)
 研究課題:スマートライフケア社会への変革を先導するものづくりオープンイノベーション拠点  (研究代表者:村垣善浩)
 研究補助金:8,000,000円  (代表)
7.  【日本心臓血圧研究振興会】 第50回(平成29年度)公募研究
 研究課題:細胞シート移植による血管再生療法の開発  (研究代表者:清水達也)
 研究補助金:1,000,000円  (代表)
8.  カシオ財団
 研究課題:施術負担を低減し血管内検査・治療の高度均てん化を実現するカテーテル・ガイドワイヤ遠隔誘導システム開発  (研究代表者:吉光喜太郎)
 研究補助金:784,431円  (代表)
9.  メドトロニック
 研究課題:Fetal therapy using cell-sheet engineering on myelomeningocele  (研究代表者:藏本吾郎)
 研究補助金:78,760円  (代表)
10.  リバネス・池田理化賞
 研究課題:組織工学による機能的腎ユニット再構築法の確立  (研究代表者:関谷佐智子)
 研究補助金:15,087円  (代表)
全件表示(48件)
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  Gao Botao The 2nd International Symposium on Bio-Therapeutics Delivery, Best Poster Award
2.  宿輪理紗 The 2nd International Symposium on Bio-Therapeutics Delivery, Best Poster Award
3.  村上大輔 第25回日本消火器関連学会週間(JDDW 2017)、ポスター優秀演題賞
4.  大矢貴史 第119回日本画像学会研究討論会 ベストポスター賞
5.  大矢貴史 日本材料学会関東支部学生研究交流会 優秀講演賞
6.  利根川純一 第66回高分子学会優秀ポスター賞
7.  鷲尾薫 第47回公益社団法人口腔インプラント学会学術大会 デンツプライシロナ賞
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  貝淵信之 【日本経済新聞】副作用で顎の骨壊死 -骨粗しょう症薬 使用で留意-
2.  岩田隆紀 【日経産業新聞】骨の壊死治す細胞シート
3.  金井信雄 【日本経済新聞】 再生医療品 狙う早期承認 食道に細胞シート移植
4.  金井信雄 間葉系幹細胞を用いた細胞治療と今後の方向性 座長
5.  戸部友輔、秋元渓 【朝日新聞】細胞シート 改良重ねる
6.  歯根膜再生チーム 【朝日新聞】体性幹細胞 変える治療
7.  食道再生チーム 【日本経済新聞】再生医療品 狙う早期承認 バイオVB
8.  食道再生チーム 【日本経済新聞】豊城中央病院など、再生医療の臨床研究
9.  先端工学外科 【TBSテレビ】EARTH Lab -次の100年を考える-
10.  先端工学外科 【医理産業新聞】国産医療機器開発のための事業化研修
全件表示(14件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 14 5 9 3 12 23  0 5 0 1  44 67  28 19  8 9
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. NAGASE Kenichi*, YAMATO Masayuki, KANAZAWA Hideko, OKANO Teruo*:  Poly(N-isopropylacrylamide)-based thermoresponsive surfaces provide new types of biomedical applications.  Biomaterials  153 :27-48 , 2018.1
2. MARUYA Yasuhiro, KANAI Nobuo, KOBAYASHI Shinichiro, KOSHINO Kurodo, OKANO Teruo, EGUCHI Susumu, YAMATO Masayuki*:  Autologous adipose-derived stem cell sheets enhance the strength of intestinal anastomosis.  Regenerative Therapy  7 :24-33 , 2017.12 Link
3. 丸山隆志, 村垣善浩, 新田雅之, 齋藤太一, 田村学, 伊関洋, 川俣貴一:  大脳白質解剖に基づくグリオーマ手術.  脳神経外科ジャーナル  26 (Supplement2) :30-38 , 2017.10
4. KANZAKI Masato*, TAKAGI Ryo, WASHIO Kaoru, KOKUOB Mami, YAMATO Masayuki*:  Bio-artificial pleura using an autologous dermal fibroblast sheet.  npj Regenrative Meicine  2 :Airticle number 26 , 2017.10
5. TATSUMI Kohei, OKANO Teruo*:  Hepatocyte Transplantation: Cell Sheet Technology for Liver Cell Transplantation.  Current Transplantation Reports  4 (3) :184-192 , 2017.9
6. FUJII Yu, MURAGAKI Yoshihiro, MARUYAMA Takashi, NITTA Masayuki, SAITO Kohei, IKUTA Soko, ISEKI Hiroshi, HONGO Kazuhiro, KAWAMATA Takakazu:  Threshold of the extent of resection for WHO Grade III gliomas: retrospective volumetric analysis of 122 cases using intraoperative MRI.  Journal of neurosurgery  :1-9 , 2017.9
7. Liu Xiaoling, Xu Qian, Liu Weiwei, Yao Guodong, Zhao Yeli, Xu Fanxing, Hayashi Toshihiko, Fujisaki Hitomi, Hattori Shunji, Tashiro Shin-Ichi, Onodera Satoshi, Yamato Masayuki, Ikejima Takashi*:  Enhanced Migration of murin fibroblast-like 3T3-L1 preadipocytes on type I collagen-coated dish is reversed by silibinin treatment.  Molecular and cellular biochemistry  :in press , 2017.9
8. SAITO Taiichi, SUGIYAMA Kazuhiko, HAMA Seiji, YAMASAKI Fumiyuki, TAKAYASU Takeshi, NOSAKA Ryo., MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu, KURISU Kaoru:  Prognostic importance of temozolomide-induced neutropenia in glioblastoma, IDH-wildtype patients.  Neurosurgical review  :**-** , 2017.9
9. YANO Kosei, WASHIO Kaoru, TSUMANUMA Yuka, YAMATO Masayuki, OHTA Kunimasa, OKANO Teruo, IZUMI Yuichi:  The role of Tsukushi (TSK), a small leucine-rich repeat proteoglycan, in bone growth.  Regenerative Therapy  - (-) :--- , 2017.9
10. VILLASANTE Aranzazu, SAKAGUCHI Katsuhisa, KIM Jinho, CHEUNG Nai-Kong, NAKAYAMA Masamichi, PARSA Hesam, OKANO Teruo, SHIMIZU Tatsuya, VUNJAK-NOVAKOVIC Gordana:  Vascularized Tissue-Engineered Model for Studying Drug Resistance in Neuroblastoma.  Theranostics  7 (17) :4099-4117 , 2017.9
全件表示(36件)
総説及び解説
1. 新田雅之, 小森隆司:  WHO2016脳腫瘍病理分類の概要と課題.  脳神経外科ジャーナル  26 (11) :782-791 , 2017.11 Link
2. 田村学, 村垣善浩:  覚醒下手術のいまを知る④
覚醒下手術の実際-運動機能マッピングを中心に-.  脳神経外科速報  27 (10) :1030-1038 , 2017.10
3. MATSUURA Katsuhisa*:  Aging and homeostasis. Aging control through cardiac regenerative medicine.  Clinical Calcium  27 (7) :991-996 , 2017.7
4. 正宗賢,岡本淳, 田村学 ,堀瀬友貴, 小西良幸 ,楠田佳緒 ,生田聡子, 南部恭二郎, 丸山隆志, 伊関洋, 村垣 善浩:  特集2
医用画像&映像の新時代最新テクノロジーがもたらすインパクト
Showcase 医用画像&映像の最新テクノロジー活用の実際
手術戦略デスクで情報を統合管理するスマート治療室.  INNERVISION  36 :52-53 , 2017.7
5. 新田雅之, 村垣善浩:  悪性神経膠腫に対する光線力学的療法.  脊椎脊髄ジャーナル  30 (7) :695-700 , 2017.7
6. 丸山隆志, 新田雅之, 村垣善浩, 川俣貴一:  治療戦略と戦術を中心とした症例報告 
優位半球前頭側頭部の悪性神経膠腫に対する治療戦略と治療の実際.  脳神経外科ジャーナル  26 (7) :538-544 , 2017.7
7. Abe Seiichiro*, Iyer Prasad G., Oda Ichiro, Kanai Nobuo, Saito Yutaka:  Approaches for stricture prevention after esophageal endoscopic resection.  Gastrointestinal endoscopy  in press :1-13 , 2017.7 Link
8. Kobayashi Jun*, Yamato Masayuki, Okano Teruo*:  On-off affinity binding modulation on thermoresponsive polymer-grafted surfaces for capture and release of proteins and cells.  Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition  28 (10-12) :939-957 , 2017.7
9. 金井信雄:  食道領域における再生治療の開発.  PHARMSTAGE  17 (3) :71-74 , 2017.6
10. KAMIO Tadashi, VAN Tomoaki , MASAMUNE Ken:  Use of Machine-Learning Approaches to Predict Clinical Deterioration in
Critically Ill Patients: A Systematic Review.  International Journal of Medical Research & Health Sciences  6 (6) :1-7 , 2017.6 Link
全件表示(16件)
その他
1. 丸山隆志, 中田光俊, 三國信啓, 藤井正純:  入門:覚醒下手術-Post-guideline時代のawake surgery-
特別座談会
覚醒下手術の現状と今後-脳科学の未来を見据えて.  脳神経外科速報  27 (10) :1002-1010 , 2017.10
2. 清水達也:  ティッシュエンジニアリングからオーガンエンジニアリングへ.  再生医療  16 (3) :1 , 2017.9
3. 岡本淳:  オールジャパンで挑むスマート治療室プロジェクト.  日本機械学会誌  120 (1186) :21-23 , 2017.9
4. 鈴木孝司:  手術ロボットの診療報酬上の位置づけ.  日本機械学会誌  120 (1186) :32-33 , 2017.9
5. 園田順彦, 丸山隆志:  特集
悪性脳腫瘍
担当.  脳神経外科ジャーナル  36 (9) :643-643 , 2017.9
6. 村垣善浩, 吉光喜太郎:  総特集 手術室が新しくなければいけない理由 最新鋭のスマート治療室が提供する安心治療と高精度意思決定.  新医療  44 (5) :32-35 , 2017.5
7. 村垣善浩:  次世代手術システム「スマート治療室」脳神経外科手術室を”1つの医療機器”に変革.  日医工ジャーナル  43 (400) :9-10 , 2017.5
8. 大西俊平, 山崎文之 , 齋藤太一, 高安武志, 野坂亮, 吉廣正子, 村垣善浩, 栗栖薫:  脳腫瘍手術における術中フローサイトメトリー.  廣島医学  70 (4) :191-192 , 2017.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 村垣善浩, 秋元治朗, 佐藤,俊一俊一, 丸山隆志, 黒岩敏彦, 松村明, 金子貞夫, 伊関洋, 嘉山孝正:  原発性悪性脳腫瘍患者に対しるPDTトレーニング講習会.  PDT実践ガイド
-光線力学的療法の最新エビデンス-  169-177.  メディカルレビュー社,  東京都, 2017.10
2. 齋藤太一, 丸山隆志, 村垣善浩, 伊関洋:  ◆1 インテリジェント手術室 Smart cyber operating theater(SCOT)への展開.  脳神経外科速報2017年臨時増刊
必ず知っておきたい
脳血管外科 手術器具&機器  194-203.  メディカ出版,  大阪府, 2017.10
3. 丸山隆志:  ⑦頭蓋内圧亢進症状 −速やかに症状の緩和を図るとともに、原因である脳転移に対する処置を行う−.  乳がん薬物療法副作用マネジメント プロのコツ  338-341.  メディカルビュー社,  東京都, 2017.9 Link
4. 荒内歩, 清水達也:  13章 細胞シート工学による次世代治療.  CSJ Corrent Review24 医療・診断・創薬の化学  142-148.  化学同人,  京都, 2017.9
5. 山崎祐, 清水達也:  第1章 3 ティッシュ・エンジニアリング研究最前線.  先進医療NAVIGATOR 今日の再生医療・細胞医療の産業化に向けて  12-14.  日本医学出版,  東京, 2017.7
6. HARAGUCHI Yuji, SHIMIZU Tatsuya, YAMATO Masayuki, OKANO Teruo:  Tissue Fabrication and Regeneration by Cell Sheet Technology.  Handbook of Intelligent Scaffolds for Tissue Engineering and Regenerative Medicine  1309-1351.  Pan Stanford Publishing Pte. Ltd.,  Singapore, 2017
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Kobayashi Jun, Arisaka Yoshinori, Yui Nobuhiko, Shimizu Tatsuya, Okano Teruo: Dynamic analysis of thermoresponsive cell culture surfaces by quartz crystal microbalance with dissipation monitoring system.  The 2nd International Symposium on Biomedical Engineering,  Tokyo, Japan,  2017/11
2. ◎SHIMIZU Tatsuya: Myocardial tissue engineering for regenerative therapy and drug screening.  Forum on A3 Foresight Program, Nano-Biomaterials and Delivery Strategies in Regenerative Medicine for Intractable Diseases,  Shanhgai, China,  2017/10
3. ◎NAKAZONO Kazuki: Rapid construction of three-dimensional(3D) cardiac tissue by stacking cell sheets with fibrin gel.  TERMIS-AP 2017,  Nantong, CHINA,  2017/09
4. ◎SAKAGUCHI Katsuhisa: Engineering vascularized cardiac tissue in a perfusion culture system.  TERMIS-AP 2017,  Nantong, CHINA,  2017/09
5. ◎SHIMIZU Tatsuya: Bioreactors for myocardian tissue engineering.  TERMIS-AP 2017,  Nantong, CHINA,  2017/09
6. ◎SHIMIZU Tatsuya: Recent advanced of vascularized tissue and organ engineering.  TERMIS-AP 2017,  Nantong, CHINA,  2017/09
7. ◎TAKAHASHI Hiroaki: Fabrication of cardiac tissues with robust contractile force by stacking hiPSC-CMs sheets on the fibrin-gel bed.  TERMIS-AP 2017,  Nantong, CHINA,  2017/09
8. Onizuka Satoru, Yamazaki Yasuharu, Sugimoto Takayuki, Sone Yumiko, Takeda Akira, Park Sung-Joon, Nakai Kenta, Iwata Takanori, Yamato Masayuki, Okano Teruo: Whole transcriptome analysis of MSCs derived from different types of tissue reveals unique profiles.  ASBMR 2017 Annual Meeting,  Denver, CO, USA,  2017/09
9. Kanai Nobuo: Development of new treatment using cell sheet products.  The 11th Annual Meeting of Society of Gastrointestinal Intervention (SGI 2017),  Incheon, Korea,  2017/09
10. Kanai Nobuo: Tissue engineering using cell sheet technology.  14th World Conference Global perspective in Esophageal disease (OESO),  Geneva, Switzerland,  2017/09
全件表示(175件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者