<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 先端生命医科学研究所
 
概要 当該年度の研究費受入状況 受賞学術賞
社会における活動 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   有賀 淳
   清水 達也
   村垣 善浩
   大和 雅之
   正宗 賢
   ジヤン レジス
   バエ ハン
准教授:
   岩田 隆紀
   南部 恭二郎
   松浦 勝久
講師:
   秋山 義勝
   小林 純
   関根 秀一
   田村 学
   中山 正道
   岡本 淳
   金井 信雄
   チエルノフ ミハ
   原口 裕次
   鷲尾 薫
助教:
   菊地 鉄太郎
   関谷 佐智子
   高木 亮
   高橋 宏信
   増田 信奈子
   生田 聡子
   楠田 佳緒
   小久保 舞美
   小西 良幸
   佐々木 大輔

   仁木 千晴
   堀瀬 友貴
   本間 順
   前田 真法
   吉光 喜太郎
■ 概要
先端生命医科学研究所
東京女子医科大学・先端生命医科学研究所は、昭和44(1969)年5月1日に、“医用技術研究施設”として、初代施設長・三浦茂教授のもとに発足した。昭和51(1976)年5月に櫻井靖久教授が施設長に就任し、施設名を医用工学研究施設に改め、今日の基盤を確立させた。平成11(1999)年4月には岡野光夫教授が施設長を引き継ぎ、平成13(2001)年4月大学院の先端生命医科学系専攻の設立と同時に施設名を現在の名称に改め、医学と工学のさらなる融合を行う体制を確立した。平成28(2016)年4月から清水達也教授が所長となり、以下の活動を行っている。
 2001年に大学院医学研究科に先端生命医科学専攻を新設し、その研究拠点を先端生命医科学研究所でスタートさせている。先端工学外科、遺伝子医学、代用臓器学、再生医工学、統合医科学の5分野からなり博士(医学)を取得した本専攻の修了生を医学と工学の両領域で輩出している。
 先端医療テクノロジーと医学の融合の重要性に着目した研究活動を展開し、オリジナルでユニークな研究成果を上げてきている。現在までの研究所のあゆみは下表に示すように、医学と工学の連携を基盤としており、大型国家プロジェクトを中心に新しい教育・研究を実施し、Nature, News Weekなど著名な雑誌に紹介されるなど世界的な評価を受けている。


先端生命医科学研究所
先端工学外科分野
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  【AMED】医工連携事業化推進事業実証事業
 研究課題:医師の負担を減らす双腕型手術支援システムの開発・海外展開  (研究分担者:岡本淳)
 研究補助金:1,000,000円  (分担)
2.  【AMED】医療機器開発推進研究事業 集束超音波治療機器とドラッグデリバリーシステムを組合わせた音響力学的療法の実用化開発
 研究課題:SDTの臨床研究と治験の実施ならびにそのための機器開発と実施計画書作成  (研究代表者:村垣善浩)
 研究補助金:32,055,991円  (代表)
3.  【AMED】医療分野研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム
 研究課題:積層化細胞シートを用いた創薬試験用立体組織モデル  (研究分担者:清水達也)
 研究補助金:70,500,000円  (分担)
4.  【AMED】未来医療を実現する医療機器・システム研究開発事業
 研究課題:AI Surgery実現のための基盤となる臨床情報解析装置-C.I.Aの開発  (研究代表者:正宗賢)
 研究補助金:37,600,000円  (代表)
5.  【JSPS】日中韓フォーサイト事業
 研究課題:難治性疾患の再生医療におけるナノバイオマテリアルと送達技術戦略  (研究代表者:大和雅之)
 研究補助金:8,800,000円  (代表)
6.  【JST】センタ-・オブ・イノベーション(COI)
 研究課題:スマートライフケア社会への変革を先導するものづくりオープンイノベーション拠点  (研究代表者:村垣善浩)
 研究補助金:8,000,000円  (代表)
7.  【経済産業省】工業標準化推進事業
 研究課題:安全性と医療効率の向上を両立するスマート治療室に関する国際標準化  (研究代表者:村垣善浩)
 研究補助金:19,000,000円  (代表)
8.  【日本心臓血圧研究振興会】 第50回(平成29年度)公募研究
 研究課題:細胞シート移植による血管再生療法の開発  (研究代表者:清水達也)
 研究補助金:1,000,000円  (代表)
9.  カシオ財団
 研究課題:施術負担を低減し血管内検査・治療の高度均てん化を実現するカテーテル・ガイドワイヤ遠隔誘導システム開発  (研究代表者:吉光喜太郎)
 研究補助金:784,431円  (代表)
10.  メドトロニック
 研究課題:Fetal therapy using cell-sheet engineering on myelomeningocele  (研究代表者:藏本吾郎)
 研究補助金:78,760円  (代表)
全件表示(54件)
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  Gao Botao The 2nd International Symposium on Bio-Therapeutics Delivery, Best Poster Award
2.  宿輪理紗 The 2nd International Symposium on Bio-Therapeutics Delivery, Best Poster Award
3.  村上大輔 第25回日本消火器関連学会週間(JDDW 2017)、ポスター優秀演題賞
4.  大矢貴史 第119回日本画像学会研究討論会 ベストポスター賞
5.  大矢貴史 日本材料学会関東支部学生研究交流会 優秀講演賞
6.  中園一紀 日本機械学会第30回バイオエンジニアリング講演会 Outstanding Poster Presentation
7.  東京女子医科大学先端生命医科学研究所、早稲田大学先端生命医科学センター 第1回日本医療研究開発大賞 経済産業大臣賞
8.  利根川純一 第66回高分子学会優秀ポスター賞
9.  鷲尾薫 第47回公益社団法人口腔インプラント学会学術大会 デンツプライシロナ賞
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  貝淵信之 【日本経済新聞】副作用で顎の骨壊死 -骨粗しょう症薬 使用で留意-
2.  岩田隆紀 【日経産業新聞】骨の壊死治す細胞シート
3.  金井信雄 【日本経済新聞】 再生医療品 狙う早期承認 食道に細胞シート移植
4.  金井信雄 間葉系幹細胞を用いた細胞治療と今後の方向性 座長
5.  戸部友輔、秋元渓 【朝日新聞】細胞シート 改良重ねる
6.  歯根膜再生チーム 【朝日新聞】体性幹細胞 変える治療
7.  食道再生チーム 【日本経済新聞】再生医療品 狙う早期承認 バイオVB
8.  食道再生チーム 【日本経済新聞】豊城中央病院など、再生医療の臨床研究
9.  清水達也 【日本経済新聞】培養肉は世界を救うか 都心が「畜産」王国に
10.  先端工学外科 【TBSテレビ】EARTH Lab -次の100年を考える-
全件表示(16件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 17 5 14 4 13 35  0 6 0 2  57 81  32 22  10 9
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. HARA Kazuaki, MA,Qingchuan MA,Qingchuan, SUENAGA,Hideyuki SUENAGA,Hideyuki, KOBAYASHI,Etsuko KOBAYASHI,Etsuko, SAKUMA,Ichiro SAKUMA,Ichiro, MASAMUNE Ken:  development and evaluation of a novel orthognathic surgical robot with the workspace limitation mechanism.  ***  ** (**) :**-** , 2018.1
2. Niimi Yosuke, Matsumine Hajime*, Takeuchi Yuichi, Osaki Hironobu, Tsunoda Satoshi, Miyata Mariko, Yamato Masayuki, Sakurai Hiroyuki:  A collagen-coated PGA conduit for interpositional-jump graft with end-to-side neurorrhaphy for treating facial nerve paralysis in rat.  Microsurgery  :in press , 2018.1
3. Zhao Ye-Li, Lu Zhuo-Yu, Zhang Xuan, Liu Wei-Wei, Yao Guo-Dong, Liu Xiao-Ling, Liu Wei, Wu Qing-Jie, Hayashi Toshihiko, Yamato Masayuki, Fujisaki Hitomi, Hattori Shunji, Atsuzawa Yuji, Tashiro Shin-Ichi, Onodera Satoshi, Ikejima Takashi*:  Gelatin promotes cell aggregation and pro-inflammatory cytokine production in PMA-stimulated U937 cells by augmenting endocytosis-autophagy pathway.  The international journal of biochemistry & cell biology  95 :132-142 , 2018.1
4. KIM Seong-Ryong, YI Hye-jin, LEE Yu Na, PARK Ji Yoon, HOFFMAN Robert, OKANO Teruo, SHIM In Kyong*, KIM Song Cheol*:  Engineered mesenchymal stemcell-sheets patches prevents postoperative pancreatic leakage in a rat model.  scientific Reports  8 :360 , 2018.1
5. 菰田文男, 正宗賢, 那須川哲哉, 大津良司, 村垣善浩:  テキストマイニングに基づく脳神経外科手術ロボット研究の動向分析.  埼玉学園大学紀要 経済経営学部篇  17 :41-52 , 2017.12
6. Tani Yoshiki, Sato Masato*, Maehara Miki, Nagashima Hiroshi, Yokoyama Munetaka, Yokoyama Miyuki, Yamato Masayuki, Okano Teruo, Mochida Joji:  The effects of using vitrified chondrocyte sheets on pain alleviation and articular cartilage repair.  Journal of tissue engineering and regenerative medicine  11 (12) :3437-3444 , 2017.12
7. Masuda Tsukuru, Akimoto Aya Mizutani, Furusawa Mami, Tamate Ryota, Nagase Kenichi, Okano Teruo, Yoshida Ryo*:  Aspects of the Belousov-Zhabotinsky Reaction inside the Self-Oscillating Polymer Brush.  Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids  :in press , 2017.12
8. SAITO Taiichi, TAMURA Manabu, CHERNOV Mikhail, IKUTA Soko, MURAGAKI Yoshihiro, MARUYAMA Takashi:  Neurophysiological Monitoring and Awake Craniotomy for Resection of Intracranial Gliomas.  Prog Neurol Surg.  30 :117-158 , 2017.12
9. ONOYuko, CHERNOVMikhail, MURAGAKIYoshihiro, MARUYAMATakashi, ABEKayoko, ISEKIHiroshi:  Imaging of Intracranial Gliomas.  Prog Neurol Surg.  30 :12-62 , 2017.12
10. MARUYA Yasuhiro, KANAI Nobuo, KOBAYASHI Shinichiro, KOSHINO Kurodo, OKANO Teruo, EGUCHI Susumu, YAMATO Masayuki*:  Autologous adipose-derived stem cell sheets enhance the strength of intestinal anastomosis.  Regenerative Therapy  7 :24-33 , 2017.12 Link
全件表示(50件)
総説及び解説
1. 田村学, 村垣善浩, ManginJean-Francois:  MRI脳溝解析から多元計算解剖学へのアプローチ.  細胞  50 (1) :19-23 , 2018.1
2. 村垣善浩, 丸山隆志, 新田雅之, 田村徳子, 田村学, 林基弘, 川俣貴一:  摘出術を中心とした転移性脳腫瘍の最新治療アルゴリズム.  日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌  34 (4) :214-217 , 2018.1
3. NAGASE Kenichi*, YAMATO Masayuki, KANAZAWA Hideko, OKANO Teruo*:  Poly(N-isopropylacrylamide)-based thermoresponsive surfaces provide new types of biomedical applications.  Biomaterials  153 :27-48 , 2018.1
4. 阪本覚, 清水達也:  心筋シートによる心臓組織再生技術の現状.  生体の科学  68 (6) :579-582 , 2017.12
5. 新田雅之, 小森隆司:  WHO2016脳腫瘍病理分類の概要と課題.  脳神経外科ジャーナル  26 (11) :782-791 , 2017.11 Link
6. 正宗賢, 岡本淳, 南部恭二郎, 田村学, 小西良幸, 堀瀬友貴, 楠田佳緒, 丸山隆志, 生田聡子, 伊関洋, 村垣善浩:  術中の迅速な判断・意思決定を実現するスマート治療室SCOTの更なる展開.  MEDIX  67 :4-7 , 2017.10
7. 丸山隆志, 村垣善浩, 新田雅之, 齋藤太一, 田村学, 伊関洋, 川俣貴一:  大脳白質解剖に基づくグリオーマ手術.  脳神経外科ジャーナル  26 (Supplement2) :30-38 , 2017.10
8. 田村学, 村垣善浩:  覚醒下手術のいまを知る④
覚醒下手術の実際-運動機能マッピングを中心に-.  脳神経外科速報  27 (10) :1030-1038 , 2017.10
9. SAITO Taiichi, SUGIYAMA Kazuhiko , HAMA Seiji , YAMASAKI Fumiyuki, TAKAYASU Takeshi , NOSAKA Ryo , ONISHI Shumpei, MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu, KURISU Kaoru:  High Expression of Glypican-1 Predicts Dissemination and Poor Prognosis in Glioblastomas.  World neurosurgery  (105) :282-288 , 2017.9 Link
10. MATSUURA Katsuhisa*:  Aging and homeostasis. Aging control through cardiac regenerative medicine.  Clinical Calcium  27 (7) :991-996 , 2017.7
全件表示(22件)
その他
1. 清水達也:  学会印象記 TERMIS-EU 2017 ダボスにて.  再生医療  16 (4) :78-79 , 2017.12
2. 丸山隆志, 中田光俊, 三國信啓, 藤井正純:  入門:覚醒下手術-Post-guideline時代のawake surgery-
特別座談会
覚醒下手術の現状と今後-脳科学の未来を見据えて.  脳神経外科速報  27 (10) :1002-1010 , 2017.10
3. 清水達也:  ティッシュエンジニアリングからオーガンエンジニアリングへ.  再生医療  16 (3) :1 , 2017.9
4. 岡本淳:  オールジャパンで挑むスマート治療室プロジェクト.  日本機械学会誌  120 (1186) :21-23 , 2017.9
5. 鈴木孝司:  手術ロボットの診療報酬上の位置づけ.  日本機械学会誌  120 (1186) :32-33 , 2017.9
6. 園田順彦, 丸山隆志:  特集
悪性脳腫瘍
担当.  脳神経外科ジャーナル  36 (9) :643-643 , 2017.9
7. 村垣善浩, 吉光喜太郎:  総特集 手術室が新しくなければいけない理由 最新鋭のスマート治療室が提供する安心治療と高精度意思決定.  新医療  44 (5) :32-35 , 2017.5
8. 村垣善浩,:  次世代手術システム「スマート治療室」脳神経外科手術室を”1つの医療機器”に変革.  日医工ジャーナル5-6月号  43 (400) :9-10 , 2017.5
9. 大西俊平, 山崎文之 , 齋藤太一, 高安武志, 野坂亮, 吉廣正子, 村垣善浩, 栗栖薫:  脳腫瘍手術における術中フローサイトメトリー.  廣島医学  70 (4) :191-192 , 2017.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. HORISE Yuki, NISHIKAWA Atsushi , KAWAI Toshikazu, MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro:  Chapter 2
Concept of Virtual Incision for Minimally Invasive Surgery.  Surgical Robotics  23-35.  INTECH open,  London, 2018.1
2. 大和雅之 訳:    Howard Green著 細胞培養による治療  1-136.  コロナ社,  東京, 2017.12
3. 村垣善浩, 秋元治朗, 佐藤,俊一俊一, 丸山隆志, 黒岩敏彦, 松村明, 金子貞夫, 伊関洋, 嘉山孝正:  原発性悪性脳腫瘍患者に対しるPDTトレーニング講習会.  PDT実践ガイド
-光線力学的療法の最新エビデンス-  169-177.  メディカルレビュー社,  東京都, 2017.10
4. 齋藤太一, 丸山隆志, 村垣善浩, 伊関洋:  ◆1 インテリジェント手術室 Smart cyber operating theater(SCOT)への展開.  脳神経外科速報2017年臨時増刊
必ず知っておきたい
脳血管外科 手術器具&機器  194-203.  メディカ出版,  大阪府, 2017.10
5. 丸山隆志:  ⑦頭蓋内圧亢進症状 −速やかに症状の緩和を図るとともに、原因である脳転移に対する処置を行う−.  乳がん薬物療法副作用マネジメント プロのコツ  338-341.  メディカルビュー社,  東京都, 2017.9 Link
6. 荒内歩, 清水達也:  13章 細胞シート工学による次世代治療.  CSJ Corrent Review24 医療・診断・創薬の化学  142-148.  化学同人,  京都, 2017.9
7. 山崎祐, 清水達也:  第1章 3 ティッシュ・エンジニアリング研究最前線.  先進医療NAVIGATOR 今日の再生医療・細胞医療の産業化に向けて  12-14.  日本医学出版,  東京, 2017.7
8. HARAGUCHI Yuji, SHIMIZU Tatsuya, YAMATO Masayuki, OKANO Teruo:  Tissue Fabrication and Regeneration by Cell Sheet Technology.  Handbook of Intelligent Scaffolds for Tissue Engineering and Regenerative Medicine  1309-1351.  Pan Stanford Publishing Pte. Ltd.,  Singapore, 2017
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎HORISE Yuki, YOSHIMITSU Kitaro, ISHIZAWA Hidetada, KANDA Masahiko, KATO Yasuyuki, MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro: Trial Installation of Cardboard Unit for Fever Screening.  The 13th Asian Conference on Computer Aided Surgery (ACCAS2017),  Changhua, Taiwan,  2017/11
2. ◎MUKASA Akitake, NOMURA Masashi , Saito Kuniaki, , AIHARA Koki, NAGAE Genta, NEJO Takahide, TANAKA Syota, TAKAYANAGI Syunsaku, Takahashi S, Omata M, NAKAMURA Taishi, NARITA Yoshitaka, MURAGAKI Yoshihiro, NAGANE Motoo, UEKI Keisuke, NISHIKAWA Ryo, ABURATANI Hiroyuki, SAITO Nobuhito: Characteristic molecular profile changes in primary and recurrent gliomas depending on their histopathology.  22ND Annual Scientific Meeting And Education Day Of The Society For Neuro-Oncology,  San Francisco, California,  2017/11
3. ◎HORISE Yuki, YOSHIMITSU Kitaro, MARUYAMA Takashi, ISEKI Hiroshi, MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro: Clinical Use of Interoperative Desision-making Supporting System.  The 29th International Congress of the Society for Medical Innovation and Technology (iSMIT),  Torino, Italy,  2017/11
4. ◎Kobayashi Jun, Arisaka Yoshinori, Yui Nobuhiko, Shimizu Tatsuya, Okano Teruo: Dynamic analysis of thermoresponsive cell culture surfaces by quartz crystal microbalance with dissipation monitoring system.  The 2nd International Symposium on Biomedical Engineering,  Tokyo, Japan,  2017/11
5. ◎SHIMIZU Tatsuya: Myocardial tissue engineering for regenerative therapy and drug screening.  Forum on A3 Foresight Program, Nano-Biomaterials and Delivery Strategies in Regenerative Medicine for Intractable Diseases,  Shanhgai, China,  2017/10
6. ◎CHERNOV Mikhail: Radiosurgery of Cavernous Sinus Tumors.  ISRS Educational Course "SRS/SRT in Management of Intracranial Schwannomas, Skull Base Tumors, and Genito-Urinary Cancers",  Sigulda,Latvia,  2017/10 Link
7. ◎NAKAZONO Kazuki: Rapid construction of three-dimensional(3D) cardiac tissue by stacking cell sheets with fibrin gel.  TERMIS-AP 2017,  Nantong, CHINA,  2017/09
8. ◎SAKAGUCHI Katsuhisa: Engineering vascularized cardiac tissue in a perfusion culture system.  TERMIS-AP 2017,  Nantong, CHINA,  2017/09
9. ◎SHIMIZU Tatsuya: Bioreactors for myocardian tissue engineering.  TERMIS-AP 2017,  Nantong, CHINA,  2017/09
10. ◎SHIMIZU Tatsuya: Recent advanced of vascularized tissue and organ engineering.  TERMIS-AP 2017,  Nantong, CHINA,  2017/09
全件表示(213件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者