<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 八千代医療センター 小児集中治療科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌


講師:
   安川 久美
助教:
   本田 隆文
   阿部 勝宏
   平井 希
   松井 拓也
■ 概要
診療
24時間365日、年間16,149名の小児救急患者の受け皿として、小児集中治療室(PICU)を整備し、専従医による集中治療管理をおこなっている。千葉県東葛南部医療圏を中心に年間約300名の重篤小児患者を受け入れている。平成24年は、69例の人工呼吸管理をおこなった。平成24年度に、日本集中治療医学会の教育認定施設として承認された。
教育
初期研修医の小児科研修ローテーションのなかにPICU研修を取り入れている。指導医による屋根瓦体制としてPICU患者の管理に参加している。
朝・夕のカンファレンスで、治療方針、安全対策を確認
朝・夕:集中治療専門医とともに回診、治療方針の確認

後期研修(初期研修終了後の小児科研修)は、小児科専門医取得を目的とするが、小児科専門医に加え、集中治療専門医、外科系専門医からの指導を包括的に受けることの出来る研修環境を提供している。
研究
臨床に還元できる臨床研究をめざしている。重篤小児脳炎脳症の病原体の迅速診断をベッドサイドで確立している。
・急性脳症におけるヒトヘルペスウイルス6・7型感染症の迅速診断
(公表論文:山本しほ他、けいれんを伴うHHV-7感染症の臨床像、日本小児科学会雑誌:2013;117:992-995.)
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 2  0 0 0 0  0 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Takase Nanako, Igarashi Noboru, Taneichi Hiromichi, Yasukawa Kumi, Honda Takafumi, Hamada Hiromichi, Takanashi Jun-ichi:  Infantile traumatic brain injury with a biphasic clinical course and late reduced diffusion.  Journal of the Neurological Sciences  390 :63-66 , 2018
症例報告
1. Ishida S, Yasukawa K, Koizumi M, Abe K, Hirai N, Honda T, Sakuma S, Tada H, Takanashi J*:  Excitotoxicity in encephalopathy associated with STEC O-157 infection.  Brain & Development  40 :357-360 , 2018
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者