<<< 前 2018年度 2019年度 2020年度 | 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 八千代医療センター 呼吸器外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   関根 康雄
准教授:
   星野 英久
講師:
   黄 英哲
■ 概要
呼吸器外科
肺癌を主体とする外科診療およびCOPDなどの慢性呼吸器疾患を有する肺癌治療を中心として診療・研究を行っている。COPDや間質性肺炎からの肺がん発症機序。
 低肺機能患者に対する手術術式の工夫・選択と呼吸機能および長期予後の検討を行っている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 0 0 0 1  0 0 0 0  5 5  0 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Hiroshima K, Wu D, Hamakawa S, Tsuruoka S, Ozaki D, Orikasa H, Hasegawa M, Koh E, Sekine Y, Yonemori Y, Nabeshima K, Tsuji S, Miyagi Y, Imai K:  HEG1, BAP1, and MTAP are useful in cytologic diagnosis of malignant mesothelioma with effusion.  Diagnostic cytopathology  * :*-* , 2020.11   DOI:10.1002/dc.24475 Link
総説及び解説
1. 関根康雄:  特集:どうする?健診/検診異常 肺がん検診(胸部X線検査、喀痰細胞診、低線量CTなど).  Medicina  57 (8) :983-987 , 2020.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. HAMANO Mie, KATAGIRI Satoshi, OTA Masaho, ONIZAWA Shunsuke, Yukiko Niwa, SUGISHITA T, ARAIDA T, YAMAMOTO Masakazu: A Case of Hilar Cholangiocacinoma Undergoing Curative Resection after Approximately One Year of Multidisciplinary Therapy.  14th World Congress of the International Hepato-Pancreato-Biliary Assiciation (IHPBA2020),  Virtual Congress,  2020/11
2. ◎Yasuo Sekine: The applications of fluorescence imaging during lung segmentectomy.  The 6th Chang’an International Thoracic Surgery Forum,  Xi’an, China,  2020/08
3. ◎今野辰郎, 荒川揚子, 高橋昌樹, 南部周平, 末澤亜紀, 角奈美子, 今林宏樹, 黄英哲, 星野英久, 関根康雄, 長谷川敦子, 中澤匡男, 廣島健三: 当院におけるPD-L1発現率の違いによる細胞像の検討.  第59回日本臨床細胞学会秋期大会,  横浜,  2020/11
4. 黄英哲, 星野英久, 関根康雄: 当院における非小細胞肺癌に対する化学療法併用免疫チェックポイント阻害薬の臨床的検討.  第61回日本肺癌学会学術集会,  岡山,  2020/11
5. ◎黄英哲, 星野英久, 関根康雄: 間質性肺炎を伴った難治性気胸に対し、自己血+ミノマイシンを用いた胸膜癒着術の有効性の検討.  第73回日本胸部外科学会定期学術集会,  web,  2020/10
全件表示(12件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者