<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 八千代医療センター リウマチ膠原病内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学会発表


講師:
   瀬戸 洋平
助教:
   松浦 功
■ 概要
関節リウマチおよびリウマチ性疾患、ならびに膠原病・膠原病類縁疾患の病態・臨床・治療についての研究
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 0 0 0  2 1  0 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Brian Skaggs, Isao Matsuura, Elaine Lourenco, Eloise Olmos, Jennifer M. Grossman and Maureen A. McMahon: High Plasma Factor XIII Transglutaminase Activity Inversely Correlates with SLE Disease Activity Yet Associates with Higher Carotid Artery IMT and Low CD14+CD16+ monocyte Levels.  the 2017 American College of Rheumatology Annual Meeting,  San Diego, USA,  2017/11
2. ◎J.E. Freeston, K.S. Mankia, M.-A. D'Agostino, R. Hodgson, A. Grainger, I. Matsuura, N. Larkman, P.G. Conaghan, P. Emery: CAN WHOLE BODY MRI AT BASELINE IDENTIFY DEFINITE INFLAMMATORY ARTHRITIS PATTERNS IN UNDIFFERENTIATED ARTHRITIS?.  Annual European Congress of Rheumatology 2017,  Madrid, Spain,  2017/06
3. ◎瀬戸洋平, 谷口敦夫, 市川奈緒美, 大澤彦太, 山中寿: 痛風患者の足趾超音波検査における尿酸ナトリウム塩結晶沈着についての検討.  第61回日本リウマチ学会・学術集会,  福岡,  2017/04
4. ◎根田直子, 瀬戸洋平, 市川奈緒美, 豊口光子, 菅野瑛梨, 松浦功, 谷口敦夫, 山中寿: ぶどう膜炎を機に診断された脊椎関節炎の5例.  第61回日本リウマチ学会・学術集会,  福岡,  2017/04
5. ◎Isao Matsuura, Elaine Lourenco, Jennifer M. Grossman, Brian Skaggs, Maureen A. McMahon: POSSIBLE CORRELATION BETWEEN COAGULATION FACTOR XIII AND DISEASE ACTIVITY IN SYSTEMIC LUPUS ERYTHEMATOSUS.  The 61st Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology,  Fukuoka, Japan,  2017/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者