<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 東医療センター 精神科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


准教授:
   大坪 天平
助教:
   田中 康
   原田 豪人
■ 概要
東京女子医科大学東医療センター精神科
東京女子医科大学東医療センター精神科は、山田和男教授(部長)のもと、精神医学の教育・研究・臨床にたずさわっております。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 9 0 0 0  0 0 0 0  0 6  0 0  0 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
その他
1. 大坪天平:  うつ病の改善効果が早期に認められない場合に増量した際の有効性は?.  Clinical News  July Vo3 :1-2 , 2017
2. 大坪天平:  全般性不安症とうつ病.  Depression Journal  15 (1) :24-27 , 2017
3. 外間朝諒,大坪天平:  服薬アドヒアランスを向上させる工夫.  Depression Strategy  7 (3) :9-11 , 2017
4. 大坪天平:  抗うつ薬の種類と使い方.  医師と患者・家族をつなぐうつ病のABC早期発見・早期治療のために  :56-63 , 2017
5. 大坪天平:  せん妄.  私の治療2017-2018年度版(猿田享男,北村惣一郎編集)  :1644-1645 , 2017
6. 大坪天平:  抗不安薬.  精神科治療薬ハンドブック  :52-56 , 2017
7. 大坪天平:  うつ病の薬物療法.  日本臨牀  75 (10) :1531-1536 , 2017
8. 大坪天平:  プライマリケアにおけるうつ病の診断と治療-うつ病は、いま.  目黒区医師会会報  239 :1-2 , 2017
9. 大坪天平:  全般不安症における薬物療法の位置づけ.  臨床精神薬理  20 (7) :773-779 , 2017
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 大坪天平: 全般不安症の難治例~その特徴と治療.  第10回日本不安症学会,  東京,  2018/03
2. 大坪天平: うつ病治療における不安症状のマネジメント.  第10回日本不安症学会,  東京,  2018/03
3. 大坪天平: うつ病治療はいま~社会機能の回復を目指して~.  第30回日本総合病院精神医学会,  富山,  2017/11
4. 大坪天平: 精神科から見たPMS/PMDDの病態と治療(シンポジウム).  第46回日本女性心身医学会,  東京,  2017/07
5. 大坪天平: 多様化したうつ病にどう対応するか(MS).  第46回日本女性心身医学会,  東京,  2017/07
6. 大坪天平: 全般不安症/全般性不安障害(GAD)はどこまで薬物療法で治せるのか.  第113回日本精神神経学会総会,  名古屋,  2017/06
7. 大坪天平: PMS,PMDD,うつ病.  女性医療ネットワーク,  東京,  2017/11
8. 大坪天平: うつ病に不安性の苦痛を伴うことの意味.  第2回医療心理懇話会,  東京,  2017/10
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者