<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 足立医療センター 脳神経外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   糟谷 英俊
准教授:
   久保田 有一
講師:
   大渕 英徳
   笹原 篤
助教:
   秋山 真美
   新井 直幸
   稲塚 万佑子
   菊池 麻美
   黒井 康博
   高橋 祐一
   谷 茂
   チエルノフ ミハ
   萩原 信司
   前川 達哉

   山崎 圭
   山田 知香
   横佐古 卓
■ 概要
講座概要
東医療センター脳神経外科では地域中核病院・大学病院・小児病院・各専門病院と協力して脳神経外科を万遍なく学べるプログラムとなっております。当科の特徴をいくつかあげます。1)都内3次救急患者搬送件数第一位を誇る救急医療体制を基盤とした24時間対応の脳神経外科治療を行っています。特に重症の脳神経外傷、脳卒中を多く扱っており、手術ばかりでなく患者管理にも力を入れています。2)当科は東京都脳卒中連携協議会の区東北部事務局となり、軽症から重症の脳卒中患者を受け入れています。3)頭部外傷も同様で、特に小児頭部外傷を多く扱っています。4)良性脳腫瘍(髄膜腫、下垂体腫瘍、 前庭神経シュワン細胞腫など)では機能温存手術を心がけ、患者さんの長期QOLを考えた治療を行っております。5)機能性疾患(顔面痙攣、三叉神経痛)を得意分野としております。6)脊髄脊椎疾患を受け入れています。臨床研究では、脳卒中画像、くも膜下出血管理、脳血管攣縮治療、小児頭部外傷、髄膜腫の長期成績、神経減圧術の手術手技・長期成績を課題としています。また、基礎的研究では、統合医科学研究所、世界の遺伝子研究施設と協力し、脳動脈瘤、もやもや病の遺伝子解析の研究を行い、成果をあげてきました。一方、教育では、研修医教育に力を入れ、当初から、医療はチームワークであること、「患者さんを自分の家族と思って接する」ことを徹底しています。学生は本学のみならず、他大学からも受け入れています。Teaching is the best learning tool.をモットーに、若いうちから積極的に教育にも参加していきます。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 1 0 6 4 2  0 1 0 0  1 2  0 0  1 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kumar Amit, Kubota Yuichi*, Chernov Mikhail, Kasuya Hidetoshi:  Zinc deficiency may contribute to the severity of acute stroke in elderly patients: results of preliminary study and literature review.  Tokyo Women’s Medical University Journal,  5 :64-71 , 2021.12   DOI:10.24488/twmuj.2020013
2. Kasuya Hidetoshi*, Tani Shigeru, Kubota Yuichi, Yokosako Suguru, Ohbuchi Hidenori, Arai Naoyuki, Inazuka Mayuko, Chernov Mikhail:  Characteristics and management of the offending veins in microvascular decompression surgery for trigeminal neuralgia.  Neurosurgical Review  44 (4) :2337-2347 , 2021.8   DOI:10.1007/s10143-020-01411-2
3. Maegawa Tatsuya, Sasahara Atsushi*, Ohbuchi Hidenori, Chernov Mikhail, Kasuya Hidetoshi:  Cerebral vasospasm and hypoperfusion after traumatic brain injury: Combined CT angiography and CT perfusion imaging study.  Surgical Neurology International  12 :361 , 2021.7   DOI:10.25259/SNI_859_2020
4. Ohbuchi Hidenori*, Hagiwara Shinji, Arai Naoyuki, Yoneyama Taku, Takahashi Yuichi, Inazuka Mayuko, Kubota Yuichi, Chernov Mikhail, Kasuya Hidetoshi:  Optimal timing and safety of the external ventricular drainage in patients with high-grade aneurysmal subarachnoid hemorrhage treated with endovascular coiling.  Journal of Clinical Neuroscience  88 :63-69 , 2021.6   DOI:10.1016/j.jocn.2021.03.003
5. 山崎圭, 平澤元浩*, 広田健吾, 黒井康博, 前川達哉, 稲塚万佑子, 河村俊治, 増永敦子、長谷川茉莉, 加藤文代, 杉原茂孝, 糟谷英俊:  尿崩症の出現によって確定診断に至った小児脊椎炎の1例.  脊髄外科  35 :62-67 , 2021
総説及び解説
1. Chernov Mikhail, Hayashi Motohiro*:  Pituitary Radiosurgery for Management of Intractable Pain: Tokyo Women's Medical University Experience and Literature Review.  Acta Neurochirurgica Supplement  128 :133-144 , 2021   DOI:10.1007/978-3-030-69217-9_15
2. Hayashi Motohiro*, Chernov Mikhail, Horiba Ayako, Tamura Noriko, Amano Kosaku, Kawamata Takakazu:  Gamma Knife Radiosurgery for Pituitary Adenomas Invading the Cavernous Sinus: Tokyo Women's Medical University Experience.  Acta Neurochirurgica Supplement  128 :29-41 , 2021   DOI:10.1007/978-3-030-69217-9_4
症例報告
1. 菊池麻美, 前川達哉, 山崎圭, 新井直幸, MilhailChernov, 大渕英徳, 谷茂, 萩原信司, 久保田有一, 糟谷英俊:  腰椎-腹腔シャンとの脊髄側カテーテルが断裂し脊髄腔内に迷入した正常圧水頭症の1例.  脳神経外科速報  31 (6) :e13-e18 , 2021.11
2. 新井直幸, 久保田有一, 今里大介, 大渕英徳, 菊池麻美, 萩原信司, チエルノフミハ, 西山佳恵:  外傷性くも膜下出血による症候性vasospasmに対し、塩酸ファスジルを用いrescure therapyを行った3例.  脳血管攣縮  37 :59-63 , 2021.10
3. Ohbuchi Hidenori*, Chernov Mikhail, Hagiwara Shinji, Kubota Yuichi, Kasuya Hidetoshi:  De novo formation of thalamic AVM in a 8-year-old child confirmed by the negative postnatal MRI: Case illustration.  Journal of Clinical Neuroscience  88 :157-158 , 2021.6   DOI:10.1016/j.jocn.2021.03.033
4. Kikuchi Asami, Mikhail Chernov, Hidenori Oobuchi, Hagiwara Shinji, Kbota Yuichi, Kasuya Hidetoshi:  Resolution of the large middle fossa arachnoid cyst without any identifiable cause: Case report.  Journal of Clinical Neuroscience  88 :147-149 , 2021   DOI:10.1061
その他
1. Chernov Mikhail*, Hayashi Motohiro:  Radiosurgery for brain metastases of colorectal cancer.  British Journal of Radiology  95 :20210179 , 2021.4   DOI:10.1259/bjr.20210179
ページの先頭へ
■ 著書
1. 久保田有一:  ストロークサバイバー、脳卒中とその後遺症を考える.  CLINICIAN  60-63.  エーザイ,  東京, 2021
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎久保田有一, 中本英俊, 落合 卓, 宮尾 暁, 伊藤 進, 小國弘量, 梛野尚人, 児玉智博, 福地聡子: 埼玉県における当てんかんセンターてんかん外科10年の歴史.  第54回日本てんかん学会学術集会,  名古屋(Web),  2021/09
2. 梛野 尚人, 久保田 有一, 中本 英俊, 福地 聡子, 伊藤 進, 小國 弘量: Focal Atonic Seizures Manifesting the Parietal-Temporal Lobe Epilepsy Documented by Video-EEG Monitoring : Case Report.  第54回日本てんかん学会学術集会,  名古屋(Web),  2021/09
3. ◎菊池麻美, 糟谷英俊, 萩原信司, 大渕英徳, 新井直幸, 前川達哉, 山崎圭, チエルノフミハ: 腰椎腹腔シャントの脊髄側カテーテルが断裂し脊髄腔内に迷入した正常圧水頭症の1例.  第144回日本脳神経外科関東支部会学術総会,  ステーションコンファレンス万世橋,  2021/04
4. ◎Chernov Mikhail: 1H-MRS-guided stereotactic brain biopsy: principles and results.  HAIHE International Symposium on Neurosurgery and Tianjin Neurosurgery Academic Conference,  Tianjin, China,  2021/09
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者