<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 次 >>>
 東医療センター 脳神経外科
概要 Keywords 当該年度の研究費受入状況
教授・准教授・講師・助手の公的役職 当該年度の主催学会・研究会 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   糟谷 英俊
講師:
   久保田 有一
   笹原 篤
   米山 琢
助教:
   平澤 元浩
   秋山 真美
   新井 直幸
   大渕 英徳
   菊池 麻美
   黒井 康博
   小関 宏和
   高橋 祐一
   谷 茂
   萩原 信司

   広田 健吾
   前川 達哉
   山田 知香
   横佐古 卓
■ 概要
講座概要
東医療センター脳神経外科では地域中核病院・大学病院・小児病院・各専門病院と協力して脳神経外科を万遍なく学べるプログラムとなっております。当科の特徴をいくつかあげます。1)都内3次救急患者搬送件数第一位を誇る救急医療体制を基盤とした24時間対応の脳神経外科治療を行っています。特に重症の脳神経外傷、脳卒中を多く扱っており、手術ばかりでなく患者管理にも力を入れています。2)当科は東京都脳卒中連携協議会の区東北部事務局となり、軽症から重症の脳卒中患者を受け入れています。3)頭部外傷も同様で、特に小児頭部外傷を多く扱っています。4)良性脳腫瘍(髄膜腫、下垂体腫瘍、 前庭神経シュワン細胞腫など)では機能温存手術を心がけ、患者さんの長期QOLを考えた治療を行っております。5)機能性疾患(顔面痙攣、三叉神経痛)を得意分野としております。6)脊髄脊椎疾患を受け入れています。臨床研究では、脳卒中画像、くも膜下出血管理、脳血管攣縮治療、小児頭部外傷、髄膜腫の長期成績、神経減圧術の手術手技・長期成績を課題としています。また、基礎的研究では、統合医科学研究所、世界の遺伝子研究施設と協力し、脳動脈瘤、もやもや病の遺伝子解析の研究を行い、成果をあげてきました。一方、教育では、研修医教育に力を入れ、当初から、医療はチームワークであること、「患者さんを自分の家族と思って接する」ことを徹底しています。学生は本学のみならず、他大学からも受け入れています。Teaching is the best learning tool.をモットーに、若いうちから積極的に教育にも参加していきます。
ページの先頭へ
■ Keywords
脳腫瘍, くも膜下出血, 脳内出血, 脳梗塞, 頭部外傷, 三叉神経痛, 顔面痙攣, 水頭症,脊髄・脊椎疾患,末梢神経障害
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  基盤研究(C)  (研究課題番号:18K08953)
 研究課題:脳動脈瘤における血管疾患感受性遺伝子RNF213のレアバリアント関連解析  (研究代表者:糟谷英俊・赤川浩之・恩田英明・米山琢・広田健吾)
 研究補助金:607,640円  (代表)
2.  若手研究  (研究課題番号:18K16574)
 研究課題:全エクソーム解析とターゲット遺伝子の検索による海綿状血管腫の病因遺伝子の同定  (研究代表者:広田健吾)
 研究補助金:2,286,538円  (代表)
3.  若手研究  (研究課題番号:18K16573)
 研究課題:第22番染色体長腕欠失ありNF2遺伝子変異なし髄膜腫のエクソーム解析  (研究代表者:黒井康博)
 研究補助金:844,196円  (代表)
4.  若手研究  (研究課題番号:19K18444)
 研究課題:脳動脈瘤感受性遺伝子TNFRSF13Bのシーケンス解析  (研究代表者:前川達哉)
 研究補助金:2,200,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の公的役職
1.  糟谷英俊 :東邦大学医学部客員講師, 徳島大学医学部講師・臨床教授, 東京女子医科大学統合医科学研究所(TIIMS)教授兼務
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第37回西尾久ニューロカンファ  (教授・代表世話人 : 糟谷英俊 )  ,東京  2019/01
2.  第34回東部脳神経外科フォーラム  (教授・代表世話人 : 糟谷英俊 )  ,東京  2019/06
3.  第38回西尾久ニューロカンファ  (教授・代表世話人 : 糟谷英俊 )  ,東京  2019/11
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 6 2 0 2 1 13  0 1 0 0  18 0  4 1  6 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Aoki T, Koseki H, Miyata H, Itoh M, Kawaji H, Takizawa K, Kawashima A, Ujiie H, Higa T, Minamimura K, Kimura T, Kasuya H, Nozaki K, Morita A, Sano H, Narumiya S:  RNA sequencing analysis revealed the induction of CCL3 expression in human intracranial aneurysms.  Sci Rep  17 (9) :10387 , 2019.7   DOI:10.1038/s41598-019-46886-2.
2. Hasegawa M, HatayamaT, KondoA, NagahiroS, FujimakiT, AmagasakiK, AritaK, Date I, FujiiY, GotoT, HanayaR, HiguchiY, Hongo K, InoueT, KasuyaH, KayamaT, KawashimaM, KohmuraE, MaeharaT, MatsushimaT, Mizobuchi Y, MoritaA, NishizawaS, NoroS, SaitoS, ShimanoH, ShiraneR, TakeshimaT, TanakaY, TanabeH, TodaH, YamakamiI, NishiyamaY, OhbaS, HiroseY, SuzukiT:  Prosthesis Used in Microvascular Decompressions: A Multicenter Survey in Japan Focusing on Adverse Events.  World neurosurgery.  S1878-8750 (19) :31594-31603 , 2019.6   DOI:10.1016/j.wneu.2019.06.053.
3. 菊池麻美, 塩見直人, 日野明彦, 越後整, 横矢重臣, 橋本洋一, 岡英輝, 糟谷英俊:  繰り返し対側血腫を生じた小児重症頭部外傷の1例―手術方針の検討―.  Neurosurgical Emergency  24 :49-54 , 2019
4. 稲塚万佑子, 平澤元浩*, 萩原信司, 谷茂, 笹原篤, 新井直幸, 黒井康博, 高橋祐一, 前川達哉, 糟谷英俊:  くも膜下出血発症後、腹腔内出血を併発したsegmental arterial mediolysisの一例.  No shinkei geka. Neurological surgery  47 :543-550 , 2019
5. 黒井康博, 渡邊真由, 糟谷英俊:  脳梗塞症例におけるcerebral microbleedsの臨床像.  The Mt. Fuji Workshop on CVD  37 :135-140 , 2019
全件表示(21件)
症例報告
1. Kuroi Y, Akagawa H, Yoneyama T, Kikuchi A, Maegawa T, Onda H, Kasuya H:  Novel SLC20A2 mutation in a Japanese pedigree with primary familial brain calcification.  Journal of the neurological sciences  15 (399) :183-185 , 2019.4   DOI:10.1016/j.jns.2019.02.033.
ページの先頭へ
■ 著書
1. 糟谷英俊:  くも膜下出血.  今日の治療指針 第8版  in press.  医学書院,  日本, 2019
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Kasuya H, Tani S, Yokosako S: Microvascular decompression for recurrent trigeminal neuralgia. The 3rdAsian conference of microvascular decompression surgery.  ACMVDS6,  Busan,  2019/09
2. ◎Kasuya H, Onda H: Future of local pharmaceutical therapies for prevention and treatment of delayed cerebral ischemia. I.  ISAH 2019,  Amsterdam,  2019/06
3. ◎Kasuya H, Onda H: Role of IL-33 in cerebral vasospasm: Discovery and review.  ISAH 2019,  Amsterdam,  2019/06
4. ◎Koseki H, Miyata H, Kasuya H, Aoki T: Two distinct hemodynamic force, high wall shear stress and mechanical stretch, regulate intracranial aneurysm formation.  ISAH 2019,  Amsterdam,  2019/06
5. ◎Sasahara A, Takahash Y, Ohbuchi H, Kasuya H: Average mean transit time (MTT) of whole brain predicts the development of cerebral infarction due to delayed cerebral ischemia.  The 14th Korea-Japan Joint Conference on Surgery for Cerebral Stroke,  Sapporo,  2019/04
全件表示(29件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者