<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 東医療センター 麻酔科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   小森 万希子
准教授:
   小髙 光晴
   西山 圭子
講師:
   市川 順子
助教:
   安藤 一義
   市村 建人
   岡村 圭子
   小薗 祐紀
   鮫島 由梨子
   森 哲
■ 概要
診療
手術時麻酔症例は、年間約3300例で他科の医師や看護師、臨床工学士、その他のスタッフと協力して、術前・術中・術後と一貫して管理している。ICUでは約700例/年の集中治療管理を行っている。重症患者の術後呼吸循環管理、侵襲の大きい手術(心臓血管外科手術、肺外科手術、食道手術、肝臓手術、脳外科手術など)の術後呼吸循環管理、急性呼吸不全、循環不全、脳血管障害の急性期の集中治療を集中治療専門医および専任の臨床工学士が行っている。ペインクリニック治療は約240例/月である。ペインクリニック専門医が、専従し、外来治療を行っている。
教育
手術麻酔では安全な麻酔管理の指導を行い、ICUでは最新の人工呼吸器モードを駆使して臨床データを解析し、呼吸不全の治療に貢献している。ペインクリニックでは神経ブロックを基本に難治性疼痛に対する脊髄刺激電極など多種類の治療を行い、高い治療成績を維持している。
後期臨床研修医に対しては、多くの麻酔症例、重症全身管理を経験させ、学会発表および論文作成指導も行っている。また、他科の医師の短期研修も積極的に受け入れ、臨床医に必要な全身管理や救急蘇生の指導を行っている。
主要教育活動
(1)テュートリアル教育
(2)学生臨床実習における麻酔管理の実習、救急蘇生の講習。
(3)学生の講義
(4)卒後教育
(5)看護学校の麻酔講義
研究
主要研究分野
(1)急性肺傷害の肺保護療法による改善機序の研究
(2)ショック治療の基礎的研究
(3)生体侵襲時の微小循環動態に関する評価
(4)血管成長因子を用いた創傷治癒に対する血管新生の速度
(5)疼痛時の組織血流量
(6)種々の麻酔薬における脳波の研究
(7)エコーガイド下神経ブロックの麻酔および術後鎮痛効果
(8)心臓血管外科手術における血液凝固評価装置を用いた術中の血液凝固制御
(9)静脈麻酔薬の薬物動態学
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 4 0 0  0 0 0 0  3 0  4 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Komori M, Samejima Y, Okamura K, Ichikawa J, Kodaka M, Nishiyama K, Tomizawa Y.:  Effects of crystalloids and colloids on microcirculation, central venous oxygen saturation, and central venous-to-arterial carbon dioxide gap in a rabbit model of hemorrhagic shock.  J Anesth  :Epub ahead of print , 2018.12
2. Ichikawa J, Koshino I, Komori M:  Dose-dependent effect of stored-blood transfusions on recipient red blood cell indices, deformability and density.  Vox Sang.  :Epub ahead of print , 2018.10
3. 市川順子、二瓶春菜、西山圭子、小高光晴、小森万希子:  当院の過去1ヶ月の緊急手術の麻酔説明に関する調査.  日臨麻会誌  38 (4) :421-425 , 2018.7
4. Ichikawa J, Marubuchi T, Nishiyama K, Kodaka M, Görlinger K, Ozaki M, Komori M.:  Introduction of thromboelastometry-guided administration of fresh-frozen plasma is associated with decreased allogeneic blood transfusions and post-operative blood loss in cardiopulmonary-bypass surgery.  Blood Transfus.  16 (3) :244-252 , 2018.5
症例報告
1. Yukiko Mukubo, Miwako Kawamata, Makiko Komori:  Transient Global Amnesia in a patient with Postherpetic Neuralgia.  J.TWMU  2 :37-39 , 2018.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Kazuyoshi Ando, M.D., Mitsuharu Kodaka, M.D., Yoshiko Osada, M.D., Youko Mukouyama, M.D., Aya Kasahara, M.D., Yuriko Samejima, M.D., Makiko Komori, M.D..: Variation in the Axillary Brachial Plexus Detected Via Ultrasonography and Nerve Stimulation.  American Society of Anesthesiolosists,  San Francisco,  2018/10
2. Junko Ichikawa, M.D., Yoko Mukoyama, M.D., Yoshiko Osada, M.D., Makiko Komori, M.D: Storage-related Changes in Administered Blood Rather than Cardiopulmonary Bypass Affects the Reduced Deformability of Red Blood Cells in Patients Undergoing Cardiac Surgery.  American Society of Anesthesiolosists,  San Francisco,  2018/10
3. Mitsuharu Kodaka, Kazuyoshi Ando, Junko Ichikawa, Tetsu Mori, Makiko Komori: Giant Thrombosis In Right Atrium Due To Poor Adherence Of Doac, A Case Report.  American Society of Anesthesiolosists,  San Francisco,  2018/10
4. YOKO MUKOYAMA, Ichikawa Junko, yoshiko osada, Mitsuharu Kodaka, Makiko komori: Activated Clotting Time Can Be Used to Monitor Residual Heparin After Discontinuing Intravenous Administration of Heparin for Thrombotic Prophylaxis.  American Society of Anesthesiolosists,  San Francisco,  2018/10
5. 杉田瑠美、岡村圭子、市川順子、笠原彩、丸渕貴仁、安藤一義、西山圭子、小森万希子: ALS患者の術後にEITモニタリング下でハイフローシステムを使用した1症例.  日本臨床麻酔学会第38回大会,  小倉,  2018/11
6. 大串雅子、鮫島由梨子、市川順子、二瓶春菜、向山瑤子、長田宜子、西山圭子、小森万希子: 電気インピーダンストモグラフィを用いてネーザルハイフローによる換気量の変化を評価した1例.  日本臨床麻酔学会第38回大会,  小倉,  2018/11
7. 笠原 彩、大野 まり子、市川 順子、西山 圭子、小高 光晴、小森 万希子: 当院における宗教上の理由による輸血拒否患者に対する痲酔経験.  日本麻酔科学会関東甲信越.東京支部第58回合同学術集会,  東京,  2018/09
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者