<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 解剖学(顕微解剖学・形態形成学)
概要 当該年度の研究費受入状況 学会発表


教授:
   江崎 太一
講師:
   北原 秀治
助教:
   清水 一彦
   宮本(菊田) 幸子
   森島 正恵
■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 1 2  0 0 0 0  1 3  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Sen Li, Wende Li, Chi-Ho Leung, Shuji Kitahara, Yujiao Liu, Sebastian Klein, Dai Fukumura, Leo E Gerweck, Jay S Loeffle, Rakesh K Jain, Dan G Duda and Peigen Huang:  Combing the Angiotensin Receptor Blocker Losartan and the CXCR4 Inhibitor AMD3100 Increases the Efficacy of Radiotherapy in a Metastatic Osteosarcoma Mouse Model.  J Cancer Sci Ther  10 (11) :371-378 , 2018.12
2. Shunichi Morikawa, Azusa Sato, Taichi Ezaki.:  A simple, one-step polychromatic staining method for epoxy-embedded semithin tissue sections.  Microscopy  67 (6) :331-344 , 2018.10
総説及び解説
1. SEKIYA Sachiko, MORIKAWA Shunichi, EZAKI Taichi, SHIMIZU Tatsuya:  Pathological Process of Prompt Connection between Host and Donor Tissue Vasculature Causing Rapid Perfusion of the Engineered Donor Tissue after Transplantation.  International Jornal of Molecular Sciences  19 (12) :4102 , 2018.12
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Shuji Kitahara, Dan G Duda, Aya Matsui, Kohei Shigeta, Shuichi Aoki, Taichi Ezaki: Novel Strategies and Approaches for Effective Therapy in Gastric Cancer.  EB2018,  SanDiego, USA,  2018/04
2. 北原秀治: がん微小環境における血管の役割〜骨肉腫モデルを用いて〜.  第124回日本解剖学会総会,  新潟,  2019/03
3. 宮本(菊田) 幸子、北原 秀治、森島 正恵、江崎 太一: ApcMin/+マウス大腸の腺腫形成領域におけるICCの変化.  第123回 日本解剖学会総会・全国学術集会,  新潟,  2019/03
4. 北原秀治: 世界で活躍する女性医師・研究者育成に向けて.  第91回生化学会総会,  京都,  2018/09
5. 清水一彦、北原秀治: アジュバント誘導性マウスリンパ管モデルにおける腫瘍形成機構.  第42回日本リンパ学会総会,  青森、日本,  2018/06
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者