<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度
 集中治療科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   野村 岳志
   川口 敦
准教授:
   中川 雅史
講師:
   出井 真史
   太田 圭
   佐藤 暢夫
   吉田 拓生
助教:
   清野 雄介
   三浦 慎也
   石川 淳哉
   加藤 匡人
   幸野 真樹
   庄野 健太
   星野 あつみ
   松本 麻里花
   宮地 麻衣
   宮原 瑤子

   山本 舞
   吉田 拓也
■ 概要
東京女子医科大学集中治療科概要
東京女子医科大学集中治療科は重症患者さんに、安全に最善の高度集学的医療を責任もって提供するため、それまでセンター別に分散してあった集中治療室を合併し一体運用が始まる2017年度に新設されました。現在、33床の集中治療室(ICU)を管理し、年間約3,000例を超えるICU入室患者の治療にあたっております。

 集中治療の目的は、外科系・内科系疾患を問わず呼吸、循環、代謝、脳神経などの重篤な急性臓器障害に対して、適切に集学的治療とケアを行うことにより臓器機能の回復を促し重症患者さんを救うことです。

 大学病院集中治療科は、高度治療を行うこととともに教育や研究もその重要な役割となります。当院ICUは日本集中治療医学会の専門医研修施設として、専門医の育成を担います。集中治療医学は多くのエビデンス(根拠)を基本にして治療を行います。ただ最重症の患者さんにおいては、このエビデンスに当てはまらない患者さんもおられます。そのため、多くの医療従事者の治療への関与が重要になります。日々変化する患者さんの病態を、毎朝適時行う多職種カンファレンス(医師、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床工学部、栄養管理部、他のスタッフ)で検討し、治療計画を決定・共有しております。

 日本の大学での集中治療科はまだ産声を上げたばかりです。これから、多くの大学病院に集中治療科が開設されるよう、その模範となれる集中治療科として看護師、他の多くの医療スタッフと活動してまいりたいと思います。そして、日本唯一の女子医科大学のICUとして、現在日本で少ない女性集中治療専門医を多く育成し、集中治療を担う女性医師リーダーを輩出していきたいと思います。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 3 1 3 14  0 4 0 0  2 3  1 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kosaku Toyota, Yusuke Seino*,Masafumi Idei,Takeshi Nomura:  Effects of two types of prosthetic valves for transcatheter aortic valve implantation on intraoperative left ventricular end-diastolic pressure.  Tokyo Women's Medical University Journal  5 :* , 2021.10   DOI:10.24488/twmuj.2021008
2. Idei Masafumi, Seino Yusuke*, Sato Nobuo, Saishu Yumi, Goto Shunsaku, Namekawa Motoki, Moriwaki Shota, Ishikawa Junya, Kamei Daigo, Nakagawa Masashi, Ichiba Shingo, Nomura Takeshi:  Catheter-related thrombosis after cardiac surgery in patients with both central venous and pulmonary artery catheters inserted into the right internal jugular vein: a single-center, prospective, observational study.  Heart and vessels  :* , 2021.10   DOI:10.1007/s00380-021-01955-3
3. Sakuraya Masaaki, Yoshida Takuo, Sasabuchi Yusuke, Yoshihiro Shodai, Uchino Shigehiko:  Clinical prediction scores and early anticoagulation therapy for new-onset atrial fibrillation in critical illness: a post-hoc analysis.  BMC cardiovascular disorders  21 (1) :423 , 2021.9   DOI:10.1186/s12872-021-02235-8
4. Proulx François, Emeriaud Guillaume, François Tine, Joyal Jean-Sébastien, Nardi Nicolas, Kawaguchi Atsushi, Jouvet Philippe, Sauthier Michaël:  Oxygenation Defects, Ventilatory Ratio, and Mechanical Power During Severe Pediatric Acute Respiratory Distress Syndrome: Longitudinal Time Sequence Analyses in a Single-Center Retrospective Cohort.  Pediatric critical care medicine : a journal of the Society of Critical Care Medicine and the World Federation of Pediatric Intensive and Critical Care Societies  :... , 2021.9   DOI:10.1097/PCC.0000000000002822
5. Anan Keisuke, Oshima Yoshiyasu, Ogura Takayuki, Tanabe Yuko, Higashi Akiko, Iwashita Yoshiaki, Fujita Kensuke, Yoshida Takuo, Ando Koichi, Okamori Satoshi, Okada Yohei:  Safety and harms of bronchoalveolar lavage for acute respiratory failure: A systematic review and meta-analysis.  Respiratory investigation  :online , 2021.9   DOI:10.1016/j.resinv.2021.07.008
全件表示(15件)
総説及び解説
1. 清野雄介*:  敗血症の輸液戦略.  体液・代謝管理  37 (1) :50-56 , 2021.12
2. 清野雄介:  ガイドラインを使いこなす.  LiSA 別冊  28 :251-257 , 2021.9
3. 小谷 祐樹, 川口 敦, 志馬 伸朗:  アンケートを用いた質の高い調査研究を行うための手引き.  日本集中治療医学会雑誌  28 (3) :180-188 , 2021.5
症例報告
1. Yukino Oshima, Yusuke Seino*, Shunichi Takagi, Mai Yamamoto, Naoto Kiuchi, Takeshi Nomura, Takahiro Suzuki:  The utility of point-of-care transesophageal echocardiography in intensive care unit for detecting the cause of hemolytic anemia after ascending aorta replacement.  Journal of cardiothoracic and vascular anesthesia  35 (11) :3311-3314 , 2021.10   DOI:https://doi.org/10.1053/j.jvca.2020.09.138
その他
1. Miura Shinya, Kawaguchi Atsushi, Kawaguchi Atsushi:  Under Pressure: Risks for Injury During Pediatric Noninvasive Ventilation.  Respiratory care  66 (8) :1365 , 2021.8   DOI:10.4187/respcare.09392
ページの先頭へ
■ 著書
1. 野村岳志:  急性期・周術期への遠隔医療
できること,できないこと。では麻酔は?.  LiSA Vol.28 No.7 2021  696-699.  メディカル・サイエンス・インターナショナル,  東京、日本, 2021.7
2. 清野雄介:  心臓弁手術の周術期管理に役立つ解剖.  麻酔科プラクティス4 スキルアップのための麻酔科臨床解剖  78-83.  文光堂,  東京,日本, 2021.5
3. 垣花 学:  OPA 超音波ガイド下神経ブロック技術向上にブロック針ガイドは有効か?.  麻酔科プラクティス4 スキルアップのための麻酔科臨床解剖  78-83.  文光堂,  東京,日本, 2021.5
4. 佐藤暢夫, 野村岳志:  中心静脈穿刺時の注意点.  救急医学2021年5月号  502-508.  へるす出版,  東京, 2021.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Takeshi Nomura: Pitfalls in ultrasound-guided nerve blocks in the critical care setting.  WINFOCUS World Congress 2021,  WEB,  2021/06
2. ◎清野雄介: ICUにおける心筋保護効果の評価.  第2回日本心筋保護研究会学術集会,  WEB開催,  2021/09
3. ◎佐藤暢夫, 市場晋吾, 伊東祐美, 滑川元希, 森脇翔太, 清野雄介, 出井真史, 石川淳哉, 中川雅史, 亀井大悟, 野村岳志: 重症ニューモシスチス肺炎のARDSに対するECMO管理中の評価に電気インピーダンストモグラフィーが有用であった一例.  第43回日本呼吸療法医学会学術集会,  横浜市,  2021/07
4. ◎清野雄介: 集中治療室で近赤外線脳酸素モニターをどう活かすか.  日本集中治療医学会第5回東北支部学術集会,  WEB開催,  2021/06
5. 野村岳志、伊東祐美、出井真史、清野雄介: モニタリングとしての肺エコーの活用法.  日本超音波医学会第94回学術集会,  神戸,  2021/05
全件表示(6件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者