<<< 前 2018年度 2019年度 2020年度 | 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 予防医学科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   村崎 かがり
准教授:
   西井 明子
講師:
   志賀 智子
助教:
   春木 薫
   日向 有紀子
   渡辺 絵梨沙
■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 1  0 0 0 1  1 2  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Tomoko Shiga*, Mimi Mukoyama, Akiko Seki, Kagari Murasaki:  Roles of Nonalcoholic Fatty Liver Disease and Hyperuricemia in Lifestyle-related Diseases.  Ningen Dock International  8 (1) :9-16 , 2021.3
ページの先頭へ
■ 著書
1. Fumihiko Hinoshita
Tomoko Shiga:    Guide for the Management of Thalidomide Embryopathy 2020  30-32.  The Research Group on on grasping the health and living situation as well as creating the support infrastructure for thalidomide-impaired people in Japan,  Tokyo,Japan, 2021.3
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 春木 薫、 西井 明子、 志賀 智子、 向山 美々、 日向 有紀子、 村﨑 かがり: 新しい血小板機能評価法模索の試み.  第61回人間ドック学会学術大会,  オンライン開催,  2020/11
2. 春木薫, 村崎かがり, 西井明子, 志賀智子, 向山美々, 日向由紀子: 新しい血小板機能評価法構築の模索ー機械学習を用いた平均血小板要請の寄せ区モデルの構築.  第61回日本人間ドック学会学術大会,  東京,  2020/11 Link
3. ◎西井 明子, 村﨑 かがり: 臨床実習におけるアウトカム評価を用いた、カリキュラム改善の試み.  第52回日本医学教育学会,  誌上発表,  2020/07
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者