<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 | 2021年度 次 >>>
 総合診療科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書


教授:
   生坂 政臣
   南 太郎
准教授:
   島本 健
   片井 みゆき
講師:
   志賀 智子
助教:
   近藤 奈々絵
   佐藤 眞理子
   関口 直樹
   村上 祐子
■ 概要
総合診療科
総合診療科は、総合外来センターで①どの診療科が担当するか不明の病態、②感冒、胃腸炎など日常疾患に対応する外来専門の診療科です。多くの場合は数回の診療で終了しますが、他科への橋渡しなども行います。
多彩な症状に対応し、軽症から重症まで診療しています。
研修医、医学部生(クリニカルクラークシップ)などに対し、貴重な外来研修となっています。
将来、家庭医や病院での総合医、大学での教育スタッフを目指す医師を養成しています。
研究面では症例を掘り下げた症例報告、観察研究、医学教育に関係したことを行っています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 0 0 1  0 1 0 0  0 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kaburagi Y, Takahashi E, Kajio H, Yamashita S, Yamamoto-Honda R, Shiga T, Okumura A, Goto A, Fukazawa Y, Seki N, Tobe K, Matsumoto M, Noda M, Unoki-Kubota H.:  Urinary afamin levels are associated with the progression of diabetic nephropathy.  Diabetes Res Clin Pract.  147 :37-46 , 2019
総説及び解説
1. 西井明子, 萩原誠久:  【循環器症候群(第3版)-その他の循環器疾患を含めて-】不整脈 進行性心臓伝導障害(PCCD)・家族性房室ブロック.  日本臨牀  別冊 (循環器症候群(第3版)Ⅲ) :68-71 , 2019.11
ページの先頭へ
■ 著書
1. 栢森良二、田上哲也、日ノ下文彦、志賀智子 他:  V内科診療 1生活習慣病対策 1.生活習慣病①生活習慣病の定義と概念 ②サリドマイド胎芽症における生活習慣病の頻度 2.無胆嚢症.  サリドマイド胎芽症診療ガイド 2020  30-32.  サリドマイド胎芽症患者の健康、生活実態の把握及び支援基盤の構築研究,  東京, 2020.3
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者