<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 救命救急センター
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌


教授:
   矢口 有乃
   池田 寿昭
   曽我 幸弘
准教授:
   武田 宗和
助教:
   市丸 梓
   稲垣 伸洋
   大城 拓也
   康 美理
   後藤 泰二郎
   齋藤 倫子
   齊藤 眞樹子
   芝原 司馬
   鈴木 秀章
   角田 美保子

   中田 託郎
   永井 玲恩
   並木 みずほ
   望月 健太朗
   山田 創
   山田 万里子
■ 概要
特徴
一次救急、二次救急および三次救命救急医療において、すべての救急疾患を担うとともに災害医療も従事しています。
優れた医療技術
三次救命救急医療では、初療から集中治療まで他の専門各科とともに行っています。心肺停止症例にはPCPSや、心停止後症候群には低体温療法、多臓器不全症例には急性血液浄化療法、重症呼吸不全にはECLA等、24時間365日対応が可能です。高気圧酸素療法室も救命救急センターの集中治療室内にあります。集中治療室では、主治医となりますので、一次、二次救急医療の診断学から集中治療医学まで幅広く診療を行っております。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 0 0 2  0 0 0 0  0 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Yamanaka Yukihiro, Uchida Kenko, Akashi Momoka, Watanabe Yuta, Yaguchi Arino, Shimamoto Shuji, Shimoda Shingo, Yamada Hitoshi, Yamashita Masashi, Kimura Hidenori:  Mathematical modeling of septic shock based on clinical data.  Theoretical biology & medical modelling  16 (1) :5 , 2019.3
2. Aoki Makoto, Hagiwara Shuichi, Oshima Kiyohiro, Suzuki Masaru, Sakurai Atsushi, Tahara Yoshio, Nagao Ken, Yonemoto Naohiro, Yaguchi Arino, Morimura Naoto,:  Obesity was associated with worse neurological outcome among Japanese patients with out-of-hospital cardiac arrest.  Intensive care medicine  44 (5) :665-666 , 2018.5
その他
1. 矢口有乃:  学会レポート 第47回 米国集中治療学会(SCCM2018)レポート.  Thrombosis Medicine  :00 , 2018.6
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者