<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 東医療センター 内科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   佐倉 宏
   渡辺 尚彦
   柴田 重信
   永野 伸郎
准教授:
   小川 哲也
   柴田 興一
   中岡 隆志
   森 直樹
講師:
   大野 秀樹
   大森 久子
   久保 豊
   佐藤 恭子
   高木 香恵
   樋口 千惠子
助教:
   小笠原 壽恵
   西村 芳子
   山中 学
   安藤 由希
   石川 元直
   井上 朋子
   岡部 ゆう子
   賀川 佳世
   菊地 知子
   木村 綾子

   篠 みどり
   柴田 藍
   清水 比美子
   諏訪 邦明
   髙橋 彩
   中嶋 俊
   八反丸 美和
   松居 一悠
   三橋 哲也
   山下 哲理
■ 概要
講座概要
専門分野にとらわれることなく、常に全身的な立場から患者本位の医療(診断・機能評価と治療)を行うことをこころがけている。特に、高齢者の増加に対応した内科診療に重点をおき、総合内科として地域に密着した診療を行っている。専門分野として循環器科、消化器科、腎臓内科、呼吸器科、糖尿病科、血液内科、神経内科、心療内科、膠原病内科、在宅医療、老年病内科があり、それぞれの領域の専門医による診療にもいっそうの充実をはかっている。
臨床および研究ともに総合内科を生かした各診療班をまたがった研究に取り組んでいる。研究テーマとして専門分野別には主に以下のものをあげることができる。
循環器:冠動脈石灰化、急性および慢性心不全の病態解明(観血的、非観血的)および治療、重症心不全治療(薬物療法、非薬物療法、心移植)、急性冠症候群および末梢動脈疾患に対する治療、高血圧・心不全に対する時間生物学的研究、神経性循環調節に関する研究、肺高血圧症の病態解明および治療
腎:大動脈血管石灰化、Ca・P代謝、Hepcidineと貧血、動脈硬化、慢性腎臓病における高血圧の病態と治療、透析患者における急性血液浄化療法、透析療法における新たなモニタリングの開発、腹膜透析の腹膜変化、血液透析の生体適合性
消化器:インターフェロン治療後の再燃も含めたB型及びC型慢性肝炎患者への抗ウイルス療法の検討、クローン病・潰瘍性大腸炎の診断と最新の治療の検討、胃酸関連疾患治療の臨床薬理
呼吸器:炎症性細胞の遊走(特に好塩基球、好酸球)
血液:B細胞性リンパ腫樹立細胞の増殖様式の検討-特に細胞内シグナル伝達系の解析、血液腫瘍疾患におけるテロメラーゼのシグナル伝達の解析
糖尿病:DDP-IV阻害剤の比較検討-1.5AGやグルカゴンの観点から、糖尿病性EDの臨床経過、有痛性糖尿病性神経障害の臨床経過、糖尿病の食事療法と糖質制限について
神経:片頭痛の神経生理学的研究及び視覚誘発電位、脳梗塞における頸動脈エコー所見とEEA/AAとの関連
心療内科:地域住民、外来患者、入院患者における身体疾患と抑うつ
在宅医療:老年医療と高齢者総合機能評価、認知症
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 8 4 7 3 4 4  0 2 0 0  13 23  7 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 樋口千恵子:  早期離脱を防ぐにはー腹膜炎対策ー.  腹膜透析2017(腎と透析)  83 (別冊) :24-25 , 2017.11
2. 樋口千恵子、 栗山旬子、 村上智佳子、 西沢蓉子、 井上朋子、 山下哲理、 興野藍、 佐倉宏:  重曹/乳酸透析液と乳酸透析液の腹膜に対する影響.  腹膜透析2017(腎と透析)  83 (別冊) :62-63 , 2017.11
3. Obokata M, Negishi K, Sunaga H, Ito K, Ogawa T, Iso T, Ando Y, Kurabayashi M:  Association Between Circulating Ketone Bodies and Worse Outcomes in Hemodialysis Patients.  Journal of the American Heart Association  36 (10) :e006885 , 2017.10
4. 大塚 邦明, 久保 豊, 山中 学, 佐々木 旬子, 菊池 朋子, 齊藤 淑恵, Cornelissen Germaine, 宇野 文平:  軽度認知症を早期発見するためのTokyo Cognitive Assessment(ToCA)-MCI その妥当性と有用性.  Therapeutic Research  38 (6) :579-621 , 2017.6
5. NAKAJIMA Shun, ITO Hiroyuki, MITSUHASHI Tetsuya, KUBO Yutaka*, MATSUI Kazuhiro, OMORI Hisako, NAKAOKA Takashi*, SAKURA Hiroshi, Ueno Eiko, MACHIDA Haruhiko:  Clinical application of effective atomic number for classifying non-calcified coronary plaques by dual-energy computed tomography.  Atherosclerosis  261 :138-143 , 2017.6
6. 伊藤恭子, 永野伸郎, 安藤哲朗, 筒井貴朗, 新田孝作,小川哲也,:  透析患者において、高用量のdarbepoetin alfa からepoetin β pegolへの切り替えはESA抵抗性指数を低下させる.  腎と透析  82 (5) :747-751 , 2017.5
7. Mori Naoki*, Ohwashi-Miyazaki Mari, Yoshinaga Kentaro, Okada Michiko, Shiseki Masayuki, Motoji Toshiko, Tanaka Junji:  Tumor suppressor gene methylation on the short arm of chromosome 1 in chronic myelogenous leukemia.  European journal of haematology  98 (5) :467-477 , 2017.5
8. Omae K, Yoshikawa M, Sakura H, Nitta K, Ogawa T*:  Efficacy of antihistamines on mortality in patients receiving maintenance hemodialysis: an observational study using propensity score matching.  Heart and vessels  :online , 2017.5
9. Obokata M, Kurabayashi K, Ishida H, Ito K, Ogawa T, Ando Y, Kurabayashi M, Negishi K:  Incremental Prognostic Value of Ventricular-Arterial Coupling over Ejection Fraction in Patients with Maintenance Hemodialysis.  Journal of the American Society of Echocardiography  30 (5) :444-453 , 2017.5
10. 島田 美樹子,永井 伸郎, 河野 麻実子, 金谷 忠, 伊藤 恭子, 安藤 哲郎, 筒井 貴朗, 小川 哲也:  透析患者の高リン血症に対するビフィズス菌含有腸溶性カプセル製剤の臨床効果.  腎と透析  82 (4) :605-611 , 2017.4
全件表示(12件)
総説及び解説
1. 島田美希、小川哲也*:  AKI診療の進歩 11. 各種AKIの特徴と治療 4)心機能障害とAKI.  腎と透析  83 (3) :450-454 , 2017.9
2. 佐倉 宏*:  特集にあたって(臨床研究の壺).  内分泌・糖尿病・代謝内科  45 (2) :85-85 , 2017.8
3. 高木香恵:  全身性エリテマトーデス様症状を呈する原発性免疫不全症.  炎症と免疫  25 (4) :49-53 , 2017.6
4. 小川 哲也:  【慢性腎臓病CKDの合併症対策】 CKDの糖代謝異常とその対応.  成人病と生活習慣病  47 (6) :678-684 , 2017.6
5. 柴田興一:  頭痛性疾患の神経生理学的研究.  日本臨床  75 (6) :866-870 , 2017.6
6. 佐倉 宏*:  特集にあたって(妊婦の糖代謝異常update).  内分泌・糖尿病・代謝内科  44 (4) :267-267 , 2017.4
症例報告
1. 小笠原壽恵, 川内喜代隆, 森 直樹, 佐倉 宏, 加藤文代, 菅野 仁, 伊藤悦朗:  低用量predonisoloneで長期管理が可能であったDiamond-Blackfan anemiaの成人移行例.  臨床血液  58 (8) :917-921 , 2017.8
2. 木村綾子、大野秀樹:  急速に進展した原発性十二指腸球部癌の1例.  Progress of Digestive Endoscopy  90 (1) :110-111 , 2017.6
3. TAKANE Yuki, SHIBATA Koichi*, NISHIMURA Yosiko, SAKURA Hiroshi:  Crossed cerebellar and contralateral thalamic hyperperfusion in epilepsy.  Internal medicine (Tokyo, Japan)  56 (9) :1121-1122 , 2017
その他
1. 樋口千恵子:  簡単な腹膜透析.  臨床透析  33 (10) :5-6 , 2017.9
2. 樋口千恵子:  第17回Vitamembrane研究会座長レビュー.  Vitamembrane 透析と活性酸素  17 :31 , 2017.7
ページの先頭へ
■ 著書
1. 日本糖尿病学会編:    糖尿病専門医研修ガイドブック  1-509.  診断と治療社,  東京, 2017.5
2. 樋口千恵子:  被嚢性腹膜硬化症(EPS)に関するエビデンスー腹膜洗浄の予防効果.  腹膜透析の疑問に答える  109-112.  東京医学社,  東京、日本, 2017
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎ENDO Ayana, ISHIKAWA Motonao, KIDUKI Jun, KAWABE Takashi, YAMANAKA Gaku, SAKURA Hiroshi: The relationship between depression and perceived social support among Community-Dwelling Elderly in Ladakh, India.  the 13th Congress of the European Union Geriatric Medicine Society (EUGMS),  Nice, France,  2017/09
2. ◎ISHIKAWA Motonao, YAMANAKA Gaku, ENDO Ayana, KIDUKI Jun, KAWABE Kakashi, SAKURA Hiroshi: Seven-year outcome of depression in elderly high-altitude residents in Ladakh, India.  the 13th Congress of the European Union Geriatric Medicine Society (EUGMS),  Nice, France,  2017/09
3. Takashi Nakaoka, Shun Nakajima, Haruhiko Machida, Kazuhiro Matsui, Tetsuya Mitsuhashi, Hisako Omori, Yutaka Kubo: Application of Effective Atomic Number for the Classification of Non-calcified Coronary Plaques by Dual-energy CT.  COBRE/CDBC 2017 cosponsored by Developmental Dynamics,  Chasrleston, South Carolina,. USA,  2017/08
4. ◎MORI Naoki, YOSHINAGA Kentaro, OHWASHI-MIYAZAKI Mari, SHISEKI Masayuki, SAKURA Hiroshi, TANAKA Junji: Mutations of the JAK2 gene and cytogenetic abnormalities are predictive of progression to hematological neoplasms in patients with idiopathic leukocytosis.  22nd Congress of the European Hematology Association,  Madrid, Spain,  2017/06
5. ◎Tetsuya Ogawa, Yumi Hosoda, Miki Shimada, Chikako Murakami, Yoko Nishizawa, Midori Shino, Himiko Shimizu, Tomoko Inoue, Tetsuri Yamashita, Ai Kyono, Chieko Higuchi, Kiyotsugu Omae, Hiroshi Sakura, Kosaku Nitta: Relationship between serum fibroblast growth factor 21 levels and arteriosclerosis factors in chronic hemodialysis patients.  54th ERA-EDTA CONGRESS,  Madrid, Spain,  2017/06
6. ◎Kiyotsugu Omae, Masao Yoshikawa, Tetsuya Ogawa: Low post-dialytic calcium would deteriorate all-cause and cardiovascular mortality in the patients with maintenance dialysis.  54th ERA-EDTA CONGRESS,  Madrid, Spain,  2017/06
7. 井上 朋子, 樋口 千惠子, 小川 哲也, 新田 孝作: 透析患者のGender 腎性貧血.  第62回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2017/06
8. ◎OgawaTetsuya: Clinical impact of vascular calcification in end-stage renal disease patients.  The 37th Annual Meeting of the Korean Society of Nephrology,  Seoul, Korea,  2017/05
9. ◎細田祐未、井上朋子、岩谷洋介、島田美希、西沢蓉子、篠みどり、清水比美子、山下哲理、 柴田藍、樋口千惠子、小川哲也: 降圧療法にて尿所見が改善した軽鎖沈着症の一例.  第47回 日本腎臓学会東部学術大会,  横浜,  2017/10
10. ◎岩谷洋介、柴田藍、細田祐未、島田美希、西沢蓉子、篠みどり、井上朋子、清水比美子、山下哲理、 樋口千惠子、小川哲也: 運動後急性腎障害を契機に診断した腎性低尿酸血症の一例.  第47回 日本腎臓学会東部学術大会,  横浜,  2017/10
全件表示(44件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者